Main | 二月 2005 »

一月 2005

2005年1月30日星期日

中台直航便

IMG_0403日付では昨日になってしまったが、旧正月前後に中国と台湾を直航で結ぶフライトを運行することで中台双方が合意し、昨日から運航が開始された。大陸側の北京・上海・広州、台湾側の台北・高雄をそれぞれ結ぶフライトが運航される。
中国のニュースも衛星の『鳳凰電視台』もこのニュースをしきりに取り上げていた。写真は『鳳凰電視台』の画面であるが、画面の下に『xx航空のxx便が何時何分に中正空港(台北の空港)に到着した』など、逐一フライトスケジュールを空港のアナウンスのように流している。今回は大陸側の航空会社が(ハイジャックは別にして)初めて台湾側に飛ぶこともあり、大きなニュースなのだろう。
ただこれらのフライト、最短距離を飛ぶのではなく香港上空を経由してのフライトらしい。船舶だと、香港や石垣島に形式上入港する(岸壁には着岸せず、沖で書類手続きのみしてすぐ出航、これで「中台直通」ではなくなるから)ことで実質的な直航をしているが、それと同様のフォーマリティーはまだ必要ということであろうか。

「一つの中国」の建前を維持する大陸側はこのフライトは「国内便」、一方台湾側は「国際便に準ずる」として、両者の主張には隔たりがあるが、実務的には中国と台湾の「三通」、つまり「郵便、通商、通航」は着々と進行している。郵便については可能になっているし、台湾資本企業が大陸に進出し、多くの台湾人が大陸で働いている。残る「通航」にしても、前述の通り遠回りではあるが可能になっている。台湾にとっても中国市場を意識せずしては成り立たないわけであり、「近づく経済、遠ざかるアイデンティティ」の中で中国大陸との距離をどう置くか、政治・経済・教育・文化など様々な面で考えていかなければならないだろう。もっとも、大陸側の立場は一貫しているのだが・・・
ちなみに、上海から台湾に飛ぼうとすると通常は香港もしくはマカオ経由となる。日本から台湾に飛ぶのと比べ、相当の覚悟?が必要なのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の中国語

IMG_0407買一送一 − 一つ買ったら一つおまけ

南京西路・静安寺の近くに「久光」というデパートがある。香港そごう(日本のそごうは西武グループになりましたね)と中国資本の合弁と言われている。
ここの地下に食料品売場があるのだが、ここは所謂「日本式スーパーマーケット」である。何が日本式かというと、肉がスチロールトレーでパック売りされていたりスライスされたものを買うことができたり、調理済みの惣菜が置いてあったりと日本のスーパーマーケットに近い雰囲気で買い物ができるのである。店内には日本式に調理された惣菜や、中国式も含めた冷凍食品や乾物も並んでいる。
日本食材店は今までもあったが、広いスーパーマーケットで日本のそれと同じ雰囲気の店は少ない。

ここで今日の晩飯を何にしようかと思い、ワンタンを買ったのだが、店員が「買一送一」と書いてある紙を指差し、「同じ値段でもう1つ買えるよ」と。シュウマイ(日本のシュウマイとは微妙に違うが)や点心の類が置いてあるコーナーだったのだが。結局、当地でスープによく入っている魚のすり身団子を選んでしまった。
魚のすり身団子、どう調理しようか。賞味期限は次の火曜日。

ちなみに、この応用編として「買二送一」(ふたつ買うと1つおまけ)など、台湾の空港の免税店でも見ることができる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005年1月26日星期三

今日の中国語

IMG_0401

酷棒−クーポン

 音を漢字で充てただけです。「酷」と書かれると少しイメージが違いますが。
 日本にも『Hot Pepper』のようなクーポン誌があるが、上海にも似たような雑誌がある。
 この雑誌、巻頭に忘年会(春節前の忘年会ということか)に着ていくファッション特集とデジタルカメラの特集があり、巻末にコラムやこの雑誌の発刊1周年パーティーの記事がある以外はすべてクーポンである。全部で100ページ弱と、日本のクーポン誌よりは薄いのだろうか。
 中身はやはり飲食店や娯楽施設の割引券が多いが、歯医者の割引券も入っているのが意外である。あと、結婚写真や結婚式場のクーポン券もある。
 それにしてもこの表紙、日本の某誌に似ている気がするのだが、さて。

 ちなみに、別のクーポン誌では「酷崩」(「崩」はあしへんつき)と表現していました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005年1月23日星期日

物干し竿は垂直に?

IMG_0395上海では、物干し竿が建物から垂直に伸びていて、そこに布団や洗濯物を干しているのをよく見かける。
上海の至る所でこのような光景を見かけるのだが、これが上海のスタンダードなのだろうか、あるいは、「物干し竿は建物と水平に置く」というのが私の思い込みなのだろうか。それにしても、このような干し方ではすぐに洗濯物が道路に落ちてしまいそうなものだし、どうやって洗濯物を取り込むのだろうか。
大連や煙台など他都市に出張したときにはこのような物干し竿を見かけなかったのだが、中国にお住まいの皆さん、いかがですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリスマスの後は・・・

IMG_0398IMG_0397以前紹介した、新暦正月用もかねた大きなクリスマスツリー。
今日訪ねてみたら、骨組みはそのままに提灯がたくさんぶら下がった春節用の飾り付けに転用されていた。
奥にいたサンタクロースも、福の神?に変身。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005年1月17日星期一

趙紫陽氏死去

今日、趙紫陽・元総書記が死去したというニュースを聞いた。何でもここ数日重体だったらしいが、そのことはNHK-BSのニュースで「新華社によると容態は安定しているらしい」というニュースを聞いて初めて知ったのである。
趙紫陽は、1987年にやはり失脚した胡耀邦・元総書記の後を受けて中国共産党の総書記に就任したが、2年後に天安門事件が起こった際に運動側に理解を示し、学生らと面談したりしたのが「動乱を支持し、誤りを犯した」とされ、全ての職を解任された。共産党の党籍だけは保たれていたことは死去を報じるニュースで初めて知ったが、軟禁状態にあったとされている。
趙紫陽そのものについてはあまり語るものを持たないので、彼の生涯に詳しく触れることはできない。

ところで、この「趙紫陽死去」のニュース、中国の通信社である新華社が伝えているものの、新聞や雑誌への掲載のみを許可し、テレビでの放映は制限されているらしい。さらに、ZAKZAKによると、NHKの国際放送ワールド・プレミアムでこのニュースを報道したところ放送が中断されたり、インターネット掲示板での書き込みが制限されているらしい。一般市民にニュースが伝わらないよう、情報管制が敷かれているようだ。いつもはアパートの下においてある夕刊も着いていないし、コンビニでも夕刊を見かけなかった。胡耀邦の追悼集会から天安門事件が起こったように、趙紫陽追悼から民主化運動が起こるのを恐れているのか。英語とか日本語とか外国語ができてインターネットに接続可能であれば情報ジャジャ漏れなのだが、パソコンがまだまだ高嶺の花だし、インターネットも中国語サイトを制御すれば情報統制可能だと思っているのだろうか。
私も日本では天安門事件に関する書籍を持っていたし、台湾研究をしていたので台湾に関する書籍も持っていたのだが、引越しに際してはそれらは全部日本に置いてきた。「好ましくない書籍は理由を告げられず没収され、どれを没収したかも教えてくれない」と聞いていたし、書籍やビデオテープ・DVDなど光学メディアをたくさん持っているとそれらを1つ1つ調べるため、全ての引越荷物の通関が遅れるとも聞いたからである。その割には空港での手荷物チェックはないに等しいいい加減さであるが・・・

ところで、このブログを書いている際にも「問題が生じたため、Operaを終了します」とのメッセージとともにブラウザーが終了してしまい、書きかけの記事がパーになってしまった。これも「情報統制」のせいか、Operaに問題があるのか、PCが古い上にろくにデフラグもしなかったので動きが悪くなったせいなのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005年1月9日星期日

クリスマス@正月 その3

IMG_0390地下鉄1号線と2号線が交差する、人民広場駅近くのビル「来福士広場」で見つけた飾りつけ。
場所によっては、もう旧正月=春節用の提灯が飾られているのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

武康大楼

IMG_0388IMG_0385淮海中路・興国路・武康路の交差点に建つ、古い建物「武康大楼」。この辺りは旧フランス租界。
1階が中国銀行など店舗として、2階以上は住居だろうか、現役で使われている。
形が狭い扇形なのが、また不思議な雰囲気である。
左の写真の建物右側の道路が淮海中路。このまままっすぐ行くとショッピングでにぎやかなのだが、この辺りだとまだまだ静かである。

上海には、このように歴史と風格を感じさせる老大楼がまだまだ残っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005年1月5日星期三

あやや?

IMG_0100少し古い話だが、去年の8月にことJolinこと蔡依林という台湾?のアイドルが上海でコンサートを行った。
 写真はそのコンサートの宣伝であるが、ポスターの真ん中に「阿呀呀」と書いてある。これは「あやや」と読めるのだが、蔡依林はいつから「あやや」になったのだろうか?日本の「あやや」にあやかったコピーだろうか。
 ちなみにこの蔡依林、当地の日本語情報誌には「ボーイズキラー」だの「少年殺し」だのといったキャッチフレーズが付いている。これも何かの翻訳なのだろうが、このキャッチフレーズからは「少年を籠絡する怪しげな雰囲気」が想像されてならない。蔡依林もまだ若いのに・・・

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005年1月3日星期一

クリスマス@正月 その2

IMG_0374IMG_0375南京西路で見かけた、5階まで届こうかというクリスマスツリー。
後ろのほうにサンタクロースが座っているのが見えるので近付いてみると・・・
ちょっと恐い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005年1月2日星期日

クリスマス@正月

IMG_0366
中国・韓国・台湾では旧暦正月、即ち春節を新暦正月より盛大に祝うのはご存知の方も多かろう。
当地でも今年は1月1日〜3日は休みなのであるが、新暦正月をいかにに盛り上げるかというと、クリスマスと合わせ技で盛り上げるのである。
というわけで、私の住処でもクリスマスツリーが飾られている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005年1月1日星期六

今日の中国語

街で見かけた「ゑっ、こんな表現するの?」という中国語をたまに記していこうと思います。

千島汁-サウザンアイランドドレッシング
鶏尾酒-カクテル

12月下旬、煙台のあるホテルにて。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ブログ初日は寒かった!

2005年になったのを機に、ブログを始めることにしました。
上海に住んで半年、上海で見たこと聞いたこと考えたことを書いていこうと思います。どうぞよろしく。
ウェブサイトでも雑感のようなものを書いていたので、そちらとの棲み分けを考えないといけませんね。

それはそうと、今日はとても寒い! 昼なのにテレビをつけると画面の隅に黒い下向きの矢印が出ていて、「-5℃」と書いてある。本当にそこまで冷えているのかどうかは???だが、とにかく寒い。一昨日雪が降ったのだが、その雪が屋根の上に融けることなく残っているのが見える。
ちなみにこの矢印、夏になると上向きの矢印になる。35度を超えると赤い上向きの矢印が出て、38度を超えると矢印が黒くなり、ドラマの放映中でも「外出には気をつけましょう」というテロップが出る。日本の朝のニュースでも画面の隅に天気予報が出るものがあるが、ああいう感じで警報が出るのである。
私は寒さには強いほうだと思っているが、それでも寒い!ということで、正月早々から電器屋に行き、電気カーペットを買ってしまった。これも電気代は食うのだろうが、空調の暖房だとなかなか暖まらないのだよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Main | 二月 2005 »