« 龍柏新村 | Main | HSK »

2005年3月8日星期二

3・8婦女節

今日は国際女性デー。
私の職場では女性は全員午後半休。よって、午後はむくつけき職場となった。

休みになった女性たちは、女性たちだけで買い物に出掛けたりして楽しむのだろうか。どうせなら全休に、しかも女性に限らず男性も休みにしたらレジャー消費が増えると思うのだが、まだレジャーにお金を割くことのできない地域もあることだろうし、婦女節自体がポリティカルな存在なのかもしれない。何をしたか明日聞いてみよう。
日本だと、国民の祝日は元旦・成人の日・建国記念の日・春分の日・みどりの日・憲法記念日・国民の休日・こどもの日・海の日・敬老の日・秋分の日・体育の日・文化の日・勤労感謝の日・天皇誕生日と15日(漏れはないかな?)ある。さらにお盆休みや正月休みなどもあろう。一方、以前も書いたが中国で全国民が休みになるのは旧正月7日間・メーデー7日間・国慶節7日間及び新暦正月である。合計22日間であるが
、旧正月・メーデー・国慶節の場合は土日が含まれており、さらに前後の土日が1回平日扱いになるので、実質追加の休みはそれぞれ3日間だけである。とすると中国で全国民に対する追加の休みは3日間x3+1(新暦正月)=10日間。3・8婦女節や建軍節・児童節のように特定の人だけが休める日を考えても、日本より少ない。
勿論日中どちらにも祝日も休めない仕事の人もおられるだろうが、こと勤め人の立場からすると、休みが少ない、ような気がする。
まぁ、それでも、長期休暇は楽しみである。次はメーデー、何をしようか(気が早いか)。

|

« 龍柏新村 | Main | HSK »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/3228308

Listed below are links to weblogs that reference 3・8婦女節:

« 龍柏新村 | Main | HSK »