« 『愛の流刑地』中国では? | Main | 平楽古鎮 »

2005年3月23日星期三

パンダ、パンダ

この前の土・日(3月19日〜20日)を使って、成都に行ってきた。
私の師匠が毎年訪中団を組織して成都に来られ、パンダのための竹植えをしておられる。今年はもう1人の師匠と同学も訪中団に参加しているので再会がてら混ぜていただこうという算段だった。だが、竹植え前日の金曜日に成都入りするはずが飛行機に乗り遅れたため肝心の竹植えには間に合わず、結局パンダ見物とoutingについていくだけになってしまった。
というわけでただのパンダ見物になってしまったが、成都大熊猫繁育研究基地に行ったときのパンダの写真をぼちぼちと公開。ここは竹植えでなくても開放されており、入場料30元で入場できる。

IMG_05783匹パンダがいるのだが、一匹だけ訪問者に愛想を振りまき、残りの2匹はお休み。




IMG_0579竹?の葉を食べるパンダ。




IMG_0587こちらは生後4ヶ月のパンダ。




IMG_0589棚から落ちそうになると係員の手で戻されている。




IMG_0580パンダの数が減ったのは、食用目当ての乱獲も一因であるとされている。写真は「野生動物は食べ物ではない」との宣伝。




このパンダたち、みんな座っていたり横になっていたりで、係員に促されでもしないと動こうとはしない。結構ぐうたらなのだろうか。まぁ、なかなかかわいいもんである。

ちなみに、上海から成都は3時間のフライト。大阪や東京へ行くくらいの覚悟?が必要である。

|

« 『愛の流刑地』中国では? | Main | 平楽古鎮 »

Comments

こんにちは、「同学」です。パンダは本当にとてもかわいかったですね。動くぬいぐるみ?って感じで。
お愛想を振りまくのもよかったのですが、私には、「かいーの」かどうか知らないけれど、さかんに下半身を痒そうにしていたパンダの仕草が印象に残っています。ではまた。

Posted by: rongrong | 2005年3月25日星期五 at 下午12:17

rongrongさん、その節はどうもでした。
「かいーの」もそうですが、毛の汚れ方からしてもパンダたちもお風呂に入ったほうが良いかもしれませんね。その他にニヤけている(ように見える)パンダがいましたが、諸般の事情で公開は見合わせました。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2005年3月25日星期五 at 下午10:43

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/3414432

Listed below are links to weblogs that reference パンダ、パンダ:

» 大発展する重慶 [別宅@ライブドア]
遅ればせながら。 3/18〜3/22の間、中国の四川省・成都と重慶に行ってまいりました。 某所でお世話になった先生が毎年、友人・知人・弟子などなどに声を... [Read More]

Tracked on 2005年3月27日星期日 at 下午8:20

« 『愛の流刑地』中国では? | Main | 平楽古鎮 »