« 宋楚瑜も来た | Main | 沖縄〜台湾旅行(5)その他もろもろ »

2005年5月20日星期五

これって本当?〜中国初ボクシング世界王者誕生?〜

中国情報局 サーチナから提供されているニュース。元情報はこちら

<引用はじめ>
中国初!プロボクシング世界チャンピオンが誕生
発信:2005/05/19(木) 19:24:30
  広東(カントン)省・広州(こうしゅう)市内の天河体育センターで17日、WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチの7回戦が行われ、PABAスーパーフェザー級王者で、96年アトランタ五輪の銅メダリストのポンシット・ウィエンウィセット(タイ)と、中国の徐叢良(写真左)が対戦。徐が6R、ドクターストップによってTKO勝ちし、プロボクサーとして中国で初のチャンピオン誕生となった。

  徐叢良は雲南(うんなん)省出身の27歳。プロとしてこれまで3戦を戦い、全勝している。中国新聞社が伝えた。(編集担当:恩田有紀)
<引用終わり>

 WBA(World Boxing Association)は実在するボクシング統括団体であるし、WBC・IBFなどとともに権威のある団体とされている(日本のボクシング界ではIBFは認められていないが)。文中に出てくるPABA(Pan Asian Boxing Association)というのは、WBAの下部組織とされ、アジアにおけるボクシング統括団体の1つである。
 この記事、まず疑問に思ったのは、「WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチの7回戦」というところである。普通ボクシングの世界タイトルマッチって、12回戦(12ラウンド戦う)ではなかったっけ?
 さらに、戦ったボンシット・徐の両選手とも記事の肩書きはWBAの正規王者ではないのに、何で勝ったほうがチャンピオンになっているんだ?王者決定戦?
 WBAのウェブサイトを見ると、スーパーフェザー級の王者はタイのYODSANAN NANTHACHAI選手(5月19日現在)。3月のランキングが載っているのでダウンロードすると、確かにスーパーフェザー級10位に"PONGSITH WIANWISET"の名前があり、おそらくこの選手のことだろう。だが、徐選手らしい人は、前後の階級も含めて見つけることができなかった。
 目を転じてPABAのウェブサイト(音がするので注意)を見ると、

<引用はじめ>
May 17
Site China
Contender
Light Heavyweight Paul Murdoch vs. Juarne Dowling
Super Middleweight Peter Kariuki vs. Sakeasi Dakua
Super Featherweight Pongsith Wiangwiset vs. Xu Chong Liang
Super Bantamweight) Pedrito Laurente vs Xi Mu Xiang
<引用終わり>

と記載があり、Xu Chong Liang=徐叢良だからこの2人はどうやら戦ったようだ。PABAの2005年4月のランキング(アジアランキング、とご理解いただきたい)ではボンシット選手がスーパーフェザー級王者・徐選手が10位にランキングされている。この2人がタイトル戦をしたというのか。しかし、どう見ても世界戦とは言えまい。タイトルを賭けていたとしても「東洋タイトル(*)」くらいが妥当な呼び方だろうが、しかも7回戦とはどういうことだ。
 どなたか詳しい方、教えていただけませんか?

 ちなみに1993年に中国を旅行したとき、「中国で久しぶりに行われたプロボクシングの試合」をホテルのテレビで見た記憶がある。確かWBOのタイトルマッチも含めて数試合だったと思う。中国の選手はおらず皆欧米の選手だったと思うが、中にリングに上がる際に「北京」と書かれた鉢巻をした選手がいたりして少し違和感があったのを覚えている。
 中国では民国期に上海租界等でボクシングが行われ、「上海王者」を名乗った日本人?がいたと聞くが、こうしたことをすぐに調べられないのが日本を離れているもどかしさである・・・おっ、某所での研究ネタになりそうか?

 ボクシングに興味のない方にはよくわからないネタだったと思うが、ご容赦いただきたい。
(*)日本で言う「東洋太平洋王者」はWBC傘下のアジア統括団体であるOPBFの王者であり、日本はPABAの試合を認めていません。

|

« 宋楚瑜も来た | Main | 沖縄〜台湾旅行(5)その他もろもろ »

Comments

はじめまして。
取ったタイトルはPABA S・フェザー級のタイトルで、
7回戦というのは記事の配信側のミスではないでしょうか。

Posted by: W.P.T | 2005年5月20日星期五 at 上午10:46

スポーツで思い出したのですが、なんか、阪神と上海イーグルスが提携とか・・・??

Posted by: モリリン・マンロー | 2005年5月20日星期五 at 下午11:28

W.P.Tさん、はじめまして。
WBAをPABAに、7回戦を12回戦と読み替えると確かにスッキリしますね。ご指摘ありがとうございます。
しかし、中国発の中国情報は当局に都合のいいニュースばかりで肝心なことを伝えてくれないのですが、日本の中国情報も疑って見ないといけないとは・・・
徐選手、4戦目でローカルタイトル奪取とは辰吉並みですね。

モリリン・マンローさん、
上海にはゴスペラーズや桂ざこばも来たりして芸能方面での交流は盛んになってきたので、これからはスポーツにも注目でしょうね。
ちなみに、去年FCバルセロナが上海に来て、当地のチームと試合をしました。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2005年5月22日星期日 at 上午1:52

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/4202663

Listed below are links to weblogs that reference これって本当?〜中国初ボクシング世界王者誕生?〜:

» 中国にPABA王者誕生 [Pulp Text]
中国にPABA王者が誕生。 [Read More]

Tracked on 2005年5月20日星期五 at 上午10:46

» [ボクシング]中国初の世界王者!? [ボクシング愛にあふれた日記]
とうとう、中国とボクシングがミックスした話題を取り上げることになったか。 >> 広東(カントン)省・広州(こうしゅう)市内の天河体育センターで17日、WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチの7回戦が行われ、PABAスーパーフェザー級王者で、96年アトランタ五輪の銅メダリストのポンシット・ウィエンウィセット(タイ)と、中国の徐叢良(写真左)が対戦。徐が6R、ドクターストップによってTKO勝ちし、プロボクサーとして中国で初のチャンピオン誕生となった。 「上海からの雑文」ほかで、色々疑問が... [Read More]

Tracked on 2005年5月20日星期五 at 下午12:30

« 宋楚瑜も来た | Main | 沖縄〜台湾旅行(5)その他もろもろ »