« 新華路 −レリーフ通り− | Main | 韓流レトルトカレー »

2005年5月29日星期日

四川中路〜福州路 −「あやや」発見−

北蘇州路の郵便局に行く用事があったので、帰りはここから四川中路〜福州路を経て来福士広場まで歩いてみることにした。以前この記事で来福士広場から郵便局まで歩いているが、今度は違う道にチャレンジである。

IMG_0895四川中路を南に下り、北京東路との交差点に立つ建物。




IMG_0896そのはす向かい。




この交差点を過ぎてさらに南に歩くと、まもなく蔡依林の「愛情三十六計」を大音量で流している店があった。
IMG_0897以前蔡依林のコンサートのポスターに何で「阿呀呀=あやや」と書いてあるの?とツッコミをいれたところ、pinkmomoさんから、「阿呀呀」というのは蔡依林がイメージキャラクターをしているアクセサリー屋の名前とご教示戴いたが、これこそがあの「阿呀呀」である。意外と小さな店なんですね。ロゴは店の発音「ayaya」から取ったもので、店頭には蔡依林の看板が立っていた。

IMG_0901再び四川中路を南に下るとものすごい行列のできている店があった。店先に花が飾ってあったので新装開店を待っているのかと思いきや、中は定食やら何やらのファーストフード店のようで、満席なので入場規制をしているのだった。そんなにうまいのかな。


IMG_0902四川中路と、九江路だったか漢口路だったかの交差点にて。この辺りは外灘の裏側にあたり、やはり清朝末期や民国期からある建物が多いようだ。ここで西に曲がってみる

IMG_0905江西中路との交差点にて、この建物も1898年できらしい。チャイナモバイルの営業所として、今でも現役。


IMG_0907江西中路と福州路との交差点にある、新城飯店。古い建物だが3つ星ホテル。





福州路は、本屋と文房具屋が並ぶストリートである。外国人向け書籍(語学テキストなど)や外国語書籍を扱う外文書店もこの通りにある。
IMG_0911上海で最大級の書店、上海書城。確か6階建てくらいで、CDショップや、ラジカセや電子辞書などの売場もある。



IMG_0908IMG_0910入り口で、「本は、人類進歩の階段である」と書かれたレリーフを見つけた。紅衛兵による吊し上げや下放では進歩しないということに気づいた、ということか。



IMG_0914このブログでも何度か触れた、角が丸い建物。上のほうが色が違うのは、後から建て増したからか、それとももとからか。


IMG_0916来福士広場に着く直前に、上海を描いたであろうレリーフを発見。中に入ってみると・・・



IMG_0918IMG_0917「愛国主義教育苑」なる施設で、中に入ると壁には上海では革命がいかにして進められたかという掲示がなされていた。

IMG_0920中にあるレリーフの中の1枚。周恩来・トウ小平・陳毅の3人である。
上海の中心部で、経済的には豊かになっても、革命教育というか共産党による教育を見せ付けられた気がした。

こうして以前この記事この記事で紹介した来福士広場に到着して、今日の散策はおしまい。延安路からバスで帰宅。

|

« 新華路 −レリーフ通り− | Main | 韓流レトルトカレー »

Comments

镜镜子
镜镜子你好我是太太我来了上海和陪我老公在一起,家里每天家事,很无聊。我想找个住在上海的朋友一起玩。您没有时间的话,我想跟你一起逛街。逆势我们的。镜镜子

Posted by: 镜镜子 | 2005年6月3日星期五 at 上午11:53

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/4332973

Listed below are links to weblogs that reference 四川中路〜福州路 −「あやや」発見−:

« 新華路 −レリーフ通り− | Main | 韓流レトルトカレー »