« 韓流レトルトカレー | Main | 皇族の肖像を商標登録? »

2005年6月12日星期日

しょっぱいレトルト中華

IMG_0930日系食品メーカーから「夢川菜」のブランドで売り出されたレトルトパックの中華料理。「夢」の発音に引っ掛けて「Bon Chuancai」とも名前が付いている。「川菜」は四川料理の意味。バスにラッピング広告をしたりテレビなどで宣伝している。
スーパーだけでなくコンビニエンスストアにも置いてあり、早速その中の「マッシュルームと鶏肉の炒め」を買って食べてみたが・・・
とにかくしょっぱい。塩が利きすぎていて、一口でご飯1膳いけそうである。これが中国の味覚にあわせた味付けなのか?
そういえば、職場近くの東北餃子の店に入って冷麺を頼んだときも、底に塩と調味料がたまった冷麺が出てきたことがある。麺に塩がよく絡んで、しょっぱかった。このように塩と唐辛子で直線的に味付けをする店が結構多いようだ。この「夢川菜」もそうなのだろう。
ちなみに値段は12.8元だった。昼飯1回分以上ともいえるのだが・・・もっといろいろと使って、深みのある味にしてもらいたいものだ。あまりしょっぱいものばかり食べていると体に良くなさそうだし。

|

« 韓流レトルトカレー | Main | 皇族の肖像を商標登録? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/4517212

Listed below are links to weblogs that reference しょっぱいレトルト中華:

« 韓流レトルトカレー | Main | 皇族の肖像を商標登録? »