« アクセスできないウェブサイト | Main | 共産党成立84周年コンサート »

2005年6月28日星期二

書き込み制限

昨日に続いて中国のインターネット事情について。ちょっと古いが、6月14日の共同通信の配信より。以下はnikkansports.comでの記載。

(引用ここから)
米マイクロソフト中国でブログ検閲に協力

 AP通信によると、米マイクロソフト(MS)は13日、インターネット上で自分の意見などを書き込めるブログの開設サービスの中国版「MSNスペース」で、中国政府に協力して書き込みを検閲していることを明らかにした。

 AFP通信のインターネット版によると、「自由」「民主主義」「人権」「台湾独立」などの言葉を含む意見を書き込もうとすると、「それらの言葉は禁止されています。他の言葉に置き換えてください」とのメッセージが表示。中国政府にとり好ましくないテーマの書き込みはできない仕組みになっているという。

 MSの広報担当者は、AP通信に対し、中国政府系の業者と協力して、ブログ上で一部の言葉の使用を禁じていることを認めたが、具体的にどんな言葉が検閲の対象になっているかは明らかにしなかった。

 MSNスペースは、マイクロソフトが運営する検索サイトMSN中国語版にあるサービスで、今年5月26日に開始後、約500万件のブログが開設されている。(共同)
(引用終わり)

 マイクロソフトが中国で運営するブログで、「自由」「民主主義」「人権」「台湾独立」など特定の語句の書き込みが禁止されている、ということである。
 一律にこれらの語句を書込み禁止にしているということであるが、じゃあ「北緯24度・東経121度にある島とその周囲の島嶼の独立反対を意味する、4文字または6文字の熟語(またまわりくどいなぁ)」なんて言葉も入れられないのか、とツッコミをいれてみる。もはや上の引用部分に書いてあるからストレートに書いても一緒かもしれないが・・・言葉狩りも両刃の剣である。
 一方アクセス制御であるが、そもそも「敵情視察」という言葉を知らないのだろうか。あるいは当局は中国の現状からして、国民が外国の情報を自由に見るのはあまり好ましくない、と考えているのだろうか。こうした情報制御は発信制限と合わせていずれ綻びがくると思うのだが、どうだろうか。

 しかしマイクロソフト、自由の国の企業なのにこんな情報制御に加担していいのか・・・と思ったが、NHK-BSで見るABC NEWSも、イラク情勢を反映してか最近は愛国心を鼓舞するものが多いような気がする。特にメモリアルデー(5月最終月曜日)の前後など。中国のCCTVニュースみたいだ。
 「4月のデモはうちのせいではない」と言う国と、「とにかく牛肉を輸入しろ」という国。結構近いものがあるかもしれない。
 
 昨日もう1個ブログをと考えたとき、中国のブログ開設サービスを利用すれば中国でも見られるブログができるのでは、と思ったが、これではねぇ・・・

|

« アクセスできないウェブサイト | Main | 共産党成立84周年コンサート »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/4754562

Listed below are links to weblogs that reference 書き込み制限:

« アクセスできないウェブサイト | Main | 共産党成立84周年コンサート »