« 今日の中国語 | Main | 書き込み制限 »

2005年6月27日星期一

アクセスできないウェブサイト

当地では、当局からの規制と思しきアクセス制限がかかっており、特定のウェブサイトを見ることができない。
この「見ることのできないウェブサイト」は2種類あるようで、

1.当局にとって都合の悪いウェブサイト
2.当局にとって都合の悪いウェブサイトと同じアドレスを持っていたり、同じサーバーにあるウェブサイト

が閲覧不能になっているようだ。

亞洲秘密房間(=゚ω゚)ノに、どんなところにアクセスできないかアクセス禁止の実態が紹介されているが、私も似たような感じを懐いている。以下は私のここ数ヶ月の経験より。

・「geocities.co.jp」にはアクセス不可だが、「geocities.jp」にはアクセス可能。ただ、たまに「geocities.co.jp」にアクセス可能なときもある。
・「〜.infoseek.co.jp」もアクセス不能。インフォシークのポータルサイトはアクセス可能なのに。
・「homepage3.nifty.com」にも今年の4月くらいからアクセス不能。「homepage1.nifty.com」「homepage2.nifty.com」は問題なし。
・台湾の新聞社、中央日報とか聯合報などにもアクセス不能。
・面白いのは、韓国の新聞・朝鮮日報の日本語版のウェブサイトに記載された記事にもアクセス不能なこと(韓流ネタで検索すると結構このウェブサイトの記事が引っかかるのだが)。密かに中国に入ってくる人たち(まわりくどいなぁ)のことを書いているからか。

 さらに、一時エキサイトブログにもアクセス不能だったらしいが、今日試してみたらアクセスすることができた。
 インフォシークiswebが提供する「〜.infoseek.co.jp」やエキサイトブログは、アドレスの「http;//〜/」までの部分が独特なのだし、他も含めて政治的や風俗的に気に入らないウェブサイトがあればその特定のアドレスにだけアクセス制限をかければよさそうなのだが、全体に制限をかけるとは何とも荒っぽい。

 で、「homepage3.nifty.com」へのアクセス制限であるが、私もこのサーバーを使ってウェブサイトを開設している。もしかして私のせい?なんて言うと自意識過剰だろうか(ちなみにウェブサイトへのアップはできており、更新は可能である)。私のウェブサイトにも確かに2004年の台湾総統選挙の様子をアップしているが、ちゃんと「陳水扁当選に抗議する人たち」も紹介しているのだが・・・何かご不満でも?どう捉えるかはともかくとして・・・。あるいは、ウェブサイトのどこかに「北緯24度・東経121度にある島とその周囲の島嶼の独立を意味する漢字2文字」(またまわりくどいなぁ)があるとでも?どちらも、別に書いてたっていいじゃないですか。
 ミラーサイトを作るほど大したことも書いていないし・・・「中国にいながら放送大学や生涯学習のことを知りたい!!」人のために(そんな需要があるのか?それに、ウェブサイトでも全然書き進めていないし)ウェブサイトをコピーしたないようでもう1つブログを作ってそこに整理してまとめる、なんてことも考えてしまった。

 このブログにも「2005年4月に上海で1万人規模で起こったこと」(またまたまわりくどい)を載せている。これでアクセス制限の対象になったら困る。どこのブログ運営会社のブログでも多かれ少なかれこのことは触れられていると思うので、まぁいいとは思うが。
 「上に政策あれば下に対策あり」という言い回しがあったと思うが、万一何かあっても何とかやっていくだろう。

|

« 今日の中国語 | Main | 書き込み制限 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/4739076

Listed below are links to weblogs that reference アクセスできないウェブサイト:

« 今日の中国語 | Main | 書き込み制限 »