« 再びロケ現場 | Main | 東京へ出張 »

2005年11月14日星期一

ツナ缶とミルクスパ

以前紹介した韓国食材店には、韓国製の「ジャージャンツナ」「ホットペッパーツナ」「ベジタブルツナ」なるツナ缶が置いてある。
IMG_1192左から「ジャージャンツナ」「ホットペッパーツナ」「ベジタブルツナ」。




IMG_1192こちらはハングル表記。「ジャージャンツナ」は「炒醤麺」のソースと同じ味付けがしてあり、「ホットペッパーツナ」は唐辛子で味付けがしてある。それぞれジャガイモ・ニンジン・グリーンピースも入っており、どちらも酒のつまみとして愛用している。「ベジタブルツナ」は同じ状態で味付けをしていないものである。
IMG_1191「ジャージャンツナ」を開けたところ。




ところで、先日「カレーを作ってみた」という記事を書いたところ、上海在住の同学から「ミルクスパ」なるものをご教示いただいた。要は牛乳500ccにコンソメを投入し、3〜4分で茹で上がるスパゲティをその中で茹でるというものである。謝謝同学。
5分茹でのスパゲティは手許にあるのでコンソメを入手しにスーパーへ。が、コンソメが見当たらないので店員に聞こうとしたが・・・「コンソメ」という単語を中国語で言えず、店員に「那個那個,做湯的時候的調味料・・・」とまわりくどい説明をしたがわかってもらえなかった。結局その後自力で見つけたが、正解は「清湯」であった。こんな中国語力でHSK大丈夫か?
IMG_1194何はともあれ、これが出来上がったミルクスパ。ラーメンどんぶりなのはご愛嬌。これだけではちょっと寂しいので・・・



IMG_1195先述の「ベジタブルツナ」を投入。見た目はグッと豪華になった。牛乳500ccはちと多いんでない?と思ったが、食べてみるとそういうこともなく堪能することができた。

「ホットペッパーツナ」も「ジャージャンツナ」も酒のつまみ以外の用途がありそうなので、おいおい研究したい。

|

« 再びロケ現場 | Main | 東京へ出張 »

Comments

見た目的には結構濃い気がするんですが…。
中国どっぷりだとこれでも相対的には軽いんですかね?確かに脂分は少ないようです。
野菜が欲しくはなりませんか?私は4日間、京・大阪に行っただけで、野菜が恋しくなりました。

Posted by: よろずや | 2005年11月15日星期二 at 上午8:27

よろずやさん、コメントありがとうございます。
牛乳500ccは普段でも飲めるでしょうし、ツナを入れるときにも油が入らないように気にはしたので、さほどではないといえましょう。
ただ、牛乳を加熱しすぎるとカルシウムが損なわれるのでは?というところが気になりました。ホットミルクを作るときはすく火からおろしますし。
京都だと京野菜、と単純に思い浮かぶのですが、あまりめぐり会われなかったのでしょうか。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2005年11月20日星期日 at 上午12:18

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/7097503

Listed below are links to weblogs that reference ツナ缶とミルクスパ:

» Mr.ハリソン の 『 上海進出・起業講座 』 [Mr.ハリソン の 『 上海進出・起業講座 』]
突然のTB申し訳ありません。ご迷惑でしたら消去で構いませんので良かったら遊びに来てください ★ブログランキングで、これから頑張っていきたいので宜しくお願いします。はりそん [Read More]

Tracked on 2005年11月14日星期一 at 下午7:52

« 再びロケ現場 | Main | 東京へ出張 »