« ウイグル料理(2)−挪仁 | Main | HSK受験(2005年12月) »

2005年12月9日星期五

卓球愛ちゃん、NHK中国語講座に登場

以前このブログに、卓球の福原愛選手が試合後に中国語でインタビューに応じていたり 中国のテレビ番組で意地悪な質問を受けたりしたことを書いたことがある。その際にNHKの中国語講座に出ないかなとコメントしたりコメントを戴いたのだが、そのせいではないだろうがどうやら本当に中国語講座に出演するようだ。毎日インタラクティブから、元の記事はこちら

NHK:語学講座に、福原愛ちゃん 中国語で登場

 卓球の愛ちゃん、福原愛選手(17)が、NHK教育テレビの「中国語会話」(毎週月曜午後11時、再放送=水曜午前6時)に、26日と来年1月9日の2回出演する。中国人のインタビューに中国語で応じる。

 10歳から中国語を習い始めた福原選手は、今年春から中国遼寧省のチームに所属し、中国のスーパーリーグに参戦。中国報道陣のインタビューに流ちょうな口調で答える福原選手の姿に、番組スタッフが出演交渉を思い立ったという。一時帰国の機会をとらえ、10月に青森で収録した。

 レギュラー出演の盧思さんのインタビューに、福原選手は「瀋陽なまりがあるんです」とおどけつつ、「日本にない卓球専門用語が多く、何度も聞き直して覚えています」と苦労をのぞかせる。

 英語以外の語学番組に日本人が外国語で出演するのは、サッカーの中田英寿選手の例がある。

中田英寿が出たことがあるとは知らなかった−と思ったが、レギュラーではなくインタビューを受ける側としてのことか。貴乃花親方も出ていればよかったのに。
「番組スタッフが出演交渉を思い立った」原因の報道陣のインタビューというのは、私がブログで取り上げたのと同じ場面なのだろうか?だいたい思いつくことは皆一緒ということかな?
「卓球専門用語」に苦労が多いそうだが、仕事で使う中国語も一緒で、こうした単語や言い回しは仕事場で身につけることが多いと思う。残念なことに英語で言い換えてしまうこともあり、なかなか身につかないのも現実である。まぁ、語学の勉強のために来ているわけではないので仕方がない。仕事が終わった後で復習。
しかし、「日本にない卓球専門用語」・・・中国の卓球には魔球や秘密の技があるのだろうか?

|

« ウイグル料理(2)−挪仁 | Main | HSK受験(2005年12月) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/7543155

Listed below are links to weblogs that reference 卓球愛ちゃん、NHK中国語講座に登場:

» NHK中国語会話に卓球の愛ちゃん [39歳出直しSEの日々]
ひさしぶりにNHKテレビ中国語会話にチャンネルを合わせてみたら、卓球の愛ちゃんがゲスト出演。 いやあー、中国語うまいっすねえ。本当に中国のひとみたい。 今回と次回と、2回続けてインタビューコーナーに出演するようです。 わたしもがんばらねばな。... [Read More]

Tracked on 2005年12月26日星期一 at 下午9:27

« ウイグル料理(2)−挪仁 | Main | HSK受験(2005年12月) »