« 今年は戌年 | Main | 麗江・大理旅行(1)上海から麗江へ »

2006年1月27日星期五

堀A夢

 中国大陸の『解放日報』では、ライブドアのことを「ホリエモン」の発音と「『活力(live)+『門』(door)」の両方に引っ掛けたのであろう「活力門」と表記していたことは以前書いた
 タイミングを逸してしまったが、今度は台湾での呼ばれ方の紹介。台湾では堀江貴文氏を「堀A夢」と称するらしい。毎日インタラクティブから、元記事はこちら

ライブドア:台湾メディアが連日の詳細報道  【台北・庄司哲也】ライブドア(東京都港区)グループによる証券取引法違反事件について、台湾メディアは連日、詳細に報道している。  18日付、台湾紙「中国時報」は、「ライブドア捜索、日本株大幅下げ」の見出しで報道。同日の台湾の株式市場は全面安の展開となった。台湾紙は、堀江貴文社長を「堀A夢(ホリエモン)」、ライブドアを英文でそのまま「LIVEDOOR」と表記。同社を、「株式の分割、交換などを利用し急成長した」などと紹介し、事件については「想定外の出来事」と伝えている。一方、中国紙は同社の社名を「活力門」と意訳している。

 「堀A夢」・・・「堀」が日本語で「夢」(meng4)が中国語?中国語と日本語の両方がわからないとこの訳し方のココロはわからないだろう。全部中国語で読んでも、全部日本語で読んでもなんのこっちゃという感じでしょう。
 この一件に限っては、ライブドアを「活力門」と訳した『解放日報』に軍配を上げたい。中国共産党の機関紙ながらなかなかシャレのわかる人がいるようだ。

|

« 今年は戌年 | Main | 麗江・大理旅行(1)上海から麗江へ »

Comments

覚えてますか?お久しぶりです。私のブログにも「堀A夢」のことを書いているので、ご覧下さい。ところで「ドラえもん」「どこでもドア」は中国語ではどのように表記するのでしょうか?

Posted by: 向坂卓也 | 2006年2月1日星期三 at 下午9:30

向坂卓也さん、ご無沙汰しております。
堀A夢、報道されているのが本当だとすれば、時代の寵児の座を維持するためではなく時代の寵児になるためにやってしまったわけで(既に新興企業として売出中ではあったのですが)「革命のための犯罪」ともいえ、「革命遂行のためにはなんでもあり」だったある時代の某国家に通じるような気が・・・と思ったのですが某国家の場合は権力闘争で既に権力側だったなぁ・・・とまとまらない感想になってしまいました。
「ドラえもん」、私が中国語を勉強していた頃は台湾で「小叮【口+当】」(【口+当】は「くちへんに当」)と訳されていたと記憶しています。後ろの「叮【口+当】」はdingdengと発音し、ドラえもんが首につけている鈴が鳴る音を表しています。あと1980年代には「機械猫」と訳されていたと記憶しています。
ただ、最近「ホリエモン」同様に「〜A夢」と訳した本を見たような気がするので、「どこでもドア」ともどもどこかで見つけたらご報告します。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2006年2月4日星期六 at 下午2:51

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/8372718

Listed below are links to weblogs that reference 堀A夢:

« 今年は戌年 | Main | 麗江・大理旅行(1)上海から麗江へ »