« ブログ開設1周年 | Main | 上海フー! »

2006年1月5日星期四

Seesaaブログに接続できない

今度はSeesaaブログですか。
bichir's blogで述べておられる通り、最近Seesaaブログにアクセスすることができない。Seesaaブログのポータルサイトには接続できるのだが、ここから個々のSeesaaブログにアクセスしようとしてもエラーになってしまう。中国はじめアジアからSeesaaブログを綴っている人もたくさんおられるというのに。ブログのトラックバックなどリンク先にアクセスしようとするとエラーになり、アドレスを見たら「Seesaa.net」だったということもよくある。
以前書いたが、中国では有害とされたウェブサイトのみならずそのウェブサイトが属するサーバーもろともアクセス制限をかける仕組みになっているようだ。Seesaaブログの記事のどれかが当局の目にとまり、気に障ったのだろうか。
かつてはexblogや「homepage3.nifty.com」もアクセス不可な時期があったが、今では閲覧可能になっている。Seesaaブログもそのうちほとぼりが覚めて閲覧可能になるといいのだが・・・というか、こういう情報制御をやめさせるよう圧力(外圧)をかける必要があるんじゃないか?Wikipediaは以前書いた状態からずっとアクセス不可だし、「geocities.co.jp」や「infoseek.co.jp」はずっとアクセス不可である。
一時帰国時に、こうした中国で閲覧不可のウェブサイトを見ることが楽しみになったりして・・・成田空港には出国手続き後にYahoo!cafeがあるし、無線LANが使えるテーブルもたくさん置かれている。ここで出発間際に最後のウェブサイト堪能・・・ということになる。

ところで、情報戦と言えば当地の領事館員(電信員らしい)の死亡をめぐって日中双方が対立を深めている。このことを日本政府が中国に突きつけること自体が日本の対中スタンスの示威であると考えられる一方、我々は報道でしかこの事件を知ることができない(しかも当地では日本より情報が限られているのだろう)のだが、「アウェーで暮らす」心構えを再認識させられる一件である。当該領事館員が実際にはどのようなことになったのかは真相解明が待たれるのだが、不逮捕特権など持っていない私は「危うきに近寄らず」を心がけ、落とし穴にはまらないようにアンテナをめぐらせて安全に生活することを心がけないといけない。・・・でも、「危うきに近寄らず」はアウェーのみホームでも当てはまるような気がする。

アクセス制限に話を戻すと、こんなことをして何になるのか、という感じである。今回は日本のブログに対するアクセス制限を取り上げたが、台湾やアメリカなどのウェブサイトにもアクセス制限がかけられている由である。アクセス制限をかけても本当に見たい人は何らかの形でアクセスしているだろうし、出国してしまえばこんなアクセス制限は関係なくなってしまう。情報を完全に封鎖するのは困難だろう。
とにかく、こんな馬鹿馬鹿しいアクセス制限はやめてもらいたいものだ。

(以前書いた記事)
アクセスできないウェブサイト
書き込み制限
アクセスできないウェブサイト その後
Wikipediaに接続できない

|

« ブログ開設1周年 | Main | 上海フー! »

Comments

ちなみに下記はアクセス可能なりや?!
アメリカでも台湾でもありませんが。
http://www.tymoshenko.com.ua/eng/photo/

Posted by: 琴ヨーグルト | 2006年1月10日星期二 at 下午10:25

琴ヨーグルトさん、こんにちは。
ウクライナのティモシェンコ前首相?のウェブサイトですね。見れますよ。巻き髪が大長今に出てくる女官のように見えてしまいました。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2006年1月13日星期五 at 下午10:54

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/8023827

Listed below are links to weblogs that reference Seesaaブログに接続できない:

» 規制が増えたり [上海生活のゴミ箱Blog-xujiahui's BLOG-上海生活のゴミ箱]
「Seesaaブログに接続できない」http://haggy23.cocolog-nifty.com/shanghai/2006/01/seesaa_9ade.htmlだそうで、確かに普通につなぐとつなげなくなってました。結構、中国、アジア情報はSeesaaで書いてる人も多いので不便な人も多いかも。私もSeesaaはこのへんとか、http://asukal.seesaa.net/楽しく読ませていただいておりますが・・・。... [Read More]

Tracked on 2006年1月7日星期六 at 上午2:46

« ブログ開設1周年 | Main | 上海フー! »