« 麗江・大理旅行(2)麗江古城散策 | Main | 麗江・大理旅行(4)虎跳峡・長江第一湾 »

2006年2月8日星期三

麗江・大理旅行(3)玉龍雪山

 前回の続き。
IMG_1491 朝早く市内を散策した後は、古城の北にある玉龍雪山に登ることにした。街を歩いていたら客引きのおねえさんに「玉龍雪山に行かない?」と声をかけられた。話を聞いてみるとまともそうだったので話に乗ることにした次第である。滞在日程の都合上、この日を市内観光だけにしてしまうと、郊外の見どころのうち玉龍雪山か虎跳峡かいずれかをあきらめなければならない。本来は現地ツアーに参加するには前日までの申し込みが必要なのだが、この日のうちに玉龍雪山に行っておくと、翌日虎跳峡行きのツアーに参加すれば両方カバーできるので好都合であった。
 玉龍雪山へはふもとまで車で行き、その後馬に乗って登るのである。写真はふもとに行く途中で車の窓から手を伸ばして撮影。空がとても青い。

IMG_1503 馬に乗り換えてすぐの眺め。やはり空が青い。その名前や高さから雪山のように見えるが、白く見えるところは岩肌である。もう少し早い時期だと雪が見えるのかもしれない。


IMG_1506 登ってきた道を途中で振り返ったところ。途中馬に乗ったままでは登れないところがあり、馬を下りて歩いたのだが、高低差があまりないので楽勝だと思ってすたすた歩こうとしたらすぐに息が切れてしまった。

IMG_1508 やはり登っていた人が高度計付きの時計を持っていたので見せてもらったら、この地点で標高2900メートルを超えている。しかしながら寒さは全く感じず、春の暖かさである。


IMG_1511 登り始めてから約2時間で標高約3,800メートルの地点に到達。ここで引き返すコースもあるのだが、私が選んだのはここからさらに400メートル登るコースである。この野原を過ぎると、急な上りに入っていき一気に標高を稼いでいく。馬も大変だし、馬を先導するガイドのおばさんの心肺能力たるやすごいものがある。
IMG_1519IMG_1516 先程の3,800メートル地点から45分かけて4,200メートル地点に到達。ここまで来るとさすがに風が冷たいが、それでも極寒ということはなく、同時期の上海と同じくらいかむしろ暖かいくらいであった。右側写真の手前の野原が先述の3,800メートル地点であり、一気に登ってきたことがわかる。
 ここで引き返して下っていくのであるが、下りのほうがおっかなびっくりである。3,800メートル地点に戻るために急な山道を下るのであるから、前のめりになる馬に対して体を後ろに反らしてバランスを取るのに一苦労である。2時間かけてふもとのスタート地点まで戻った頃には午後4時半になっていた。
 なお、玉龍雪山へはロープウェイで行く方法もあるようである。
IMG_1507今回お世話になった馬。お疲れ様でした。




IMG_1529 古城に戻り、北にしばし歩いたところにある黒龍潭公園から眺めた玉龍雪山。きれいな山の景色は遠くから眺めるのもいいようだ。この黒龍潭公園にはトンパ文化研究所があるのだが、春節期間中なので閉鎖中であった。残念。

|

« 麗江・大理旅行(2)麗江古城散策 | Main | 麗江・大理旅行(4)虎跳峡・長江第一湾 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/8559502

Listed below are links to weblogs that reference 麗江・大理旅行(3)玉龍雪山:

« 麗江・大理旅行(2)麗江古城散策 | Main | 麗江・大理旅行(4)虎跳峡・長江第一湾 »