« 霧の上海 | Main | 年度末の道路工事? »

2006年3月18日星期六

虹橋空港

 上海には、虹橋空港と浦東空港の2つの空港がある。虹橋空港は上海の市街地の西側にあるのだが、浦東空港は上海の市街地からバスで1時間くらいのところにある。上海発着の国際線はすべて浦東空港に離発着し、虹橋空港は国内線専用である。浦東空港にも国内線が少なからず離発着していることを考えると、虹橋空港と浦東空港の関係を日本の空港に例えると、羽田と成田というよりは伊丹と関空に例えたほうが相応しかろう。

IMG_1885 今週は出張に出ていて今日虹橋空港に降り立った。市街地近くにあって便利と思える虹橋空港だが、難点は市内との間を結ぶ公共交通機関が乏しいことだ。市内バスが5〜6路線発着しており、あと蘇州・杭州といった近隣都市や浦東空港との間を結ぶ路線バスがあるくらいであり、地下鉄などの軌道交通はない。1,700万人都市の空港の交通インフラとしては不充分だと言えよう。地下鉄があれば市内へ出るのも便利なのだが、中山公園まで走っている地下鉄2号線を延伸する計画があるもののいつ完成するかわからない状態である。地下鉄やモノレールといった大量輸送可能な交通機関があるのとないのでは便利さが全く違うと思う。
IMG_1884 市内バスも利用者はあまり多くなく、虹橋空港に降り立った人の多くがタクシーを使っている。今日は着いた時間がよかったのか土曜日だからかそうでもなかったが、平日の夜などにタクシーを待つ長蛇の列ができるような気がする。早く帰りたいところがタクシー待ちで時間をロスしてしまうのは我慢できない。以前は近距離用とそれ以外のタクシー乗り場を分けていたのだが最近はなくなってしまったようで、日本人がよく住んでいる虹橋・古北エリアといった近距離でも同じ列に並んで待たなければならない。
 こうした場合の裏技?であるが、先述の市内バスに短区間乗り、上海動物園や水城路といったバス停で降りてそこでタクシーを拾う、というやり方である。程家橋のバス停近くのマリオットホテルや虹橋開発区バス停近くの国際貿易中心などタクシーがよく来そうなところまでバスで行き、そこでタクシーを待つ、というやり方もある。空港のタクシー待ちがあまりにもひどいときはこの手を使って市内に出てそこでタクシーを探し、長蛇の列を免れるという算段である。もっとも、雨の日は市内でもタクシーはつかまえにくいし、「バスに乗ることができる」ことが必要条件となるし、市内でタクシーがつかまらずイライラする可能性もある。

 私の場合、その数少ない市内バスが部屋の近くまで行くので、専らそれを使って帰っている。

|

« 霧の上海 | Main | 年度末の道路工事? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/9152990

Listed below are links to weblogs that reference 虹橋空港:

« 霧の上海 | Main | 年度末の道路工事? »