« 結婚披露宴 | Main | 霧の上海 »

2006年3月6日星期一

接続できないウェブサイトにつなげよう

 拙ブログにはアクセス解析が設定されているのだが、アクセス数が少ない拙ブログに、「中国から特定のウェブサイトに接続できない」ことを調べようとして検索エンジンに検索フレーズを入れてたどり着いたと思われる方が少なからずおられるようである。
 中国国内から接続できないウェブサイトのことについて、過去に何度かこのブログで取り上げてきた。

アクセスできないウェブサイト
書き込み制限
アクセスできないウェブサイト その後
Wikipediaに接続できない
Seesaaブログに接続できない

 が、これらの記事は単に「接続できない」と愚痴を言っているものであり、折角たどり着いた方にとっては「やっぱりアクセス規制の対象なんだ」という確認にはなっても解決にはなっていなかったのではないか、と思う。

 こうしたアクセス禁止の仕組みは北口堂通信:中国のインターネット規制に図解されており、中国国内からウェブサイトに接続する際にファイアウォールを通さねばならず、その過程でアクセス不可のサイトには接続できないようになっている、という仕組みである。問題はそのアクセス規制が特定の「有害とされる」ウェブサイトだけではなく、「有害とされるウェブサイトが属するサーバー」もろともアクセス禁止にしてしまうため、普通のウェブサイトやブログも巻き添えになってしまうことである。
 私が知る限りでは、上記の通りブログではSeesaaブログ、ウェブサイトではgeocities.co.jp、infoseek.co.jpやWikipediaにアクセス不可となっている。かつてはhomepage3.nifty.comやexciteブログにもアクセスできない時期があった。

 しかしながらただ手をこまねいてこうした規制を甘んじて受けるわけには行かない。geocities.co.jpやinfoseek.co.jp、それにSeesaaブログにリンクされていたときどうしても見たくなるのが人の性である。また、Wikipediaは利用価値大だと思うので普段から使いたい。
 こうした中国から見れないウェブサイトを見る方法の1つとして、「プロキシサーバー経由で接続する」というのがある。(プロキシサーバー自体については、CyberSyndromeなど詳しいウェブサイトがあるのでそちらをご参照ください。)(以下、間違い等ありましたらご指摘ください)

 インターネットに接続して他のウェブサイトを見る場合、通常は以下のルートに拠っている。

ユーザー −−→ 中国のプロバイダ −−→ ウェブサイト

 しかしウェブサイトが「アクセス禁止」とされた場合、このルートでは接続できないのである。
 そこで、「プロキシサーバー経由の接続にする」ことにより、これを解決しようとするものである。

ユーザー −−→ 中国のプロバイダ −−→ プロキシサーバー −−→ ウェブサイト

 ユーザーがウェブサイトを見ようとする際に「アクセス禁止のウェブサイトに接続します」ではなく「プロキシサーバーに接続します」とリクエストすることで、ファイアウォールをかいくぐろうというのである。

 設定はブラウザーで行うことができる。Internet Explorerの設定は上記CyberSyndromeに記載があるので割愛するとして、私の手持ちのブラウザの設定方法である。
Opera 8.5 - 「ツール」→「設定」→「詳細設定」タブ→「ネットワーク」→「プロキシサーバー」をクリック
Firefox 1.5 - 「ツール」→「オプション」→「一般」→「接続設定」→「手動でプロキシを設定する」をクリック
 上述のCyberSyndromeなどでプロキシのアドレスを入手し、最後の「8080」などを右側に、それより前の数字やアルファベットを左側にインプットである。
 このプロキシサーバー、時が経つと使えなくなるケースが多いのでその場合はまた新しいプロキシのアドレスを探して設定してやる必要がある。
 私はOperaにはプロキシを設定せず、Firefoxにプロキシを設定している。普段はブラウザにOperaを使用しているのだが、Wikipediaを見たいときやSeesaaブログにぶつかったときにFirefoxを起動して見ることにしている。

 GoogleやMSNが検閲に協力などなど、とは別に、もっと身近に切実な話題、ということで。

*trackback for (記事内引用以外に)
中華的雑記帳:中国のインターネット規制(2)
我想説・・・:中国のネット規制をかいくぐる
ねこの足跡:中国に自由はあるのか?(驚きですが、マネをするのはちょっと怖いですね)

|

« 結婚披露宴 | Main | 霧の上海 »

Comments

初めまして。上海で生活しております。のむてつと申します。
ネットで、プロキシのことを検索していましたら、こちらに辿り着きました。わかりすく説明されているので、トラックバックさせていただきますね!
今後ともよろしくお願い致します。

Posted by: のむてつ | 2007年1月6日星期六 at 下午1:45

のむてつさん、初めまして。
 コメントありがとうございます。ここ数日の上海におけるインターネットのつながりにくさは他の要因もあるのですが、それでも制限されているウェブサイトを見るのにはプロキシはやはり役に立ちますね。
 あと、ブログを開かれている由にて、ゆっくり拝見させていただきます。のむてつさんは私よりもずっと深く上海に入り込んでおられ、上海のことをご存知のようですね。上海での生活お疲れ様です。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2007年1月7日星期日 at 上午12:11

日本の串を刺せばいい。

work.nantsu.jp:80

Posted by: | 2010年8月7日星期六 at 下午7:32

こんにちは。
そうですね、その串なり特定の串なりがずっと利用可能であれば良いのですが、だいたいの串は途中で利用不可になってしまうので乗り換えが必要なことが多いかと考えます。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2010年8月10日星期二 at 下午7:42

上海に駐在している日本人です。50歳 男性

現在6/16(土)20:00ですが、やはりヤフージャパンに
アクセスできずに困っています。

Posted by: Kazu | 2012年6月16日星期六 at 下午7:07

Kazuさん、初めまして。
昔の記事にコメント戴きありがとうございます。私は上海を離れて久しいのですが、今までYAHOO!JAPANを見ることができていたのにできなくなった、という状況でしょうか?もしそうであれば突然規制がかかる、という状況は変わっていないのですね。
ことインターネットについては、日本にいるほうが自由度がはるかに高いと感じます。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2012年6月17日星期日 at 下午7:22

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/8964482

Listed below are links to weblogs that reference 接続できないウェブサイトにつなげよう:

» 中国からのメール受信が一時不能に [中国見聞録 上海駐在生活日記]
 インプレスグループの運営するサイト「Inernet Watch」に「 中国から日本のメールサーバー内のメールが受信不能に」という記事が載っていた。記事が指 [Read More]

Tracked on 2006年5月29日星期一 at 下午9:00

» 中国在住者のためのBLOG講座(下) [中国情報ファイル]
(上)から続く…… [Read More]

Tracked on 2006年7月20日星期四 at 上午9:08

« 結婚披露宴 | Main | 霧の上海 »