« 台湾滞在記(9)-ご来光は拝めず- | Main | 台湾滞在記(11)-台湾高速鉄道(台湾新幹線)完成間近?- »

2006年5月21日星期日

台湾滞在記(10)-続・阿里山森林鉄道-

 結局阿里山滞在中は天候に恵まれず、雨が降りそうな曇り空であった。
Img_2130 阿里山臨時駅の時刻表を見ると、ひとつ下の神木駅までの1駅だけ、朝と昼間に何往復か列車が走っているようである。前日デジカメの電池が切れて写真が撮れない箇所があったこともあり、一往復することにした。

Img_2117 阿里山臨時駅に停めてあった、蒸気機関車。時折自走するのだろうか?



Img_2118 神木行きの列車が入線。




Img_2121 車内の様子。新しく作った客車らしく、まだ木の香りが残っている。
 8時半に阿里山臨時駅を出発。





Img_2124 日の出を見に行ったときは右側の線路を登っていったのだが、今回は左側を下っていく。
 森林の中を昨日嘉義から登ってきた線路を下り、10分足らずで神木駅に到着。


Img_2125 神木駅にて出発を待つ列車。保存されている列車のように見えるが、れっきとした現役の列車である。客車は観光鉄道ということでこのような色・形になったのであろうか。


Img_2127 神木駅。線路を挟んだ反対側には祠があるのだが、工事中だった。
 神木から阿里山臨時駅へ向かう登りは、ハイキングを終えてここから阿里山臨時駅に戻ろうという人でなかなかの乗車率だった。帰りは8時50分発で、やはり10分もかからずに阿里山臨時駅に戻った。
Img_2129 戻ってきたところで、我々と入れ違いに列車に乗り込む子どもたち。






Img_2135 宿の近くの陸橋(早朝ハイキングで通ったところでもある)から撮影した阿里山臨時駅~神木駅間の列車。
 天気が今ひとつだったことと個人の趣味からか、森林鉄道三昧になってしまった。私が訪れた時点での阿里山森林鉄道の運航状況は以下の通りである。それぞれ違う客車が使われているのが印象的である。
・嘉義からの入山ルート 嘉義~阿里山臨時~沼平 1日1~2往復
・日の出見物ルート 阿里山臨時~沼平~祝山 日の出の時間に合わせて1日3往復程度
・阿里山臨時~神木 午前・午後に計8往復

 しばし阿里山臨時駅付近をうろうろしてから、帰りはバスで嘉義まで戻った。出発してすぐ道路にも温帯林と亜熱帯林の境界線があるのを確認したが、早起きのせいか前日の高校生?のせいかあとはずっと寝ていた。気がついたら嘉義市内、帰りは2時間で戻ることができた。

|

« 台湾滞在記(9)-ご来光は拝めず- | Main | 台湾滞在記(11)-台湾高速鉄道(台湾新幹線)完成間近?- »

Comments

阿里山への旅を楽しまれたようで、何よりです。私は5月1日に阿里山へ行きました。私も天気には恵まれなかったですが。
森林鉄路の三重ループはなかなかでした。見下ろすとはるか下の方に線路が走っている光景が印象的でした。
阿里山では竹の子スープがおいしかったです。

阿里山森林鉄路のホームページを見つけました。
http://railway.forest.gov.tw/index-jp.asp
アクセスすると阿里山の民謡が流れます。

Posted by: 凡卓 | 2006年5月23日星期二 at 下午8:28

凡卓さん、こんにちは。私も祝山で竹の子スープを食べました。今回は天気が良くなかったので「阿里山鉄道の旅」となりましたが、それでも「久々に緑を浴びた」という感じです。次回台湾の自然を堪能するときは好天の下で楽しみたいものです。
ウェブサイトの紹介もありがとうございます。ただ、中国大陸からは「現代の万里の長城」に阻まれて「~gov.tw」の多くは閲覧できないようです。といっても、プロキシを駆使してこのウェブサイトに辿り着き、阿里山民謡も堪能しました。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2006年5月24日星期三 at 上午12:55

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/10180859

Listed below are links to weblogs that reference 台湾滞在記(10)-続・阿里山森林鉄道-:

« 台湾滞在記(9)-ご来光は拝めず- | Main | 台湾滞在記(11)-台湾高速鉄道(台湾新幹線)完成間近?- »