« 香港空港にて | Main | 台湾滞在記(3)-終わり悪ければすべて悪し?- »

2006年5月7日星期日

台湾滞在記(2)-台北駅から中正紀念堂へ

 今回の台湾滞在では、台北・阿里山・高雄に立ち寄った。阿里山へは初めての訪問になるが台北と高雄へはそれぞれ何度か行っており、今回は観光地巡りはあまりしていない。
 というわけで目新しいものはないが、台北駅付近の建物を写真に収めた。

Img_1960 総統府。





Img_1964 国民党本部。この2つの建物はこちらでも過去に取り上げたことがあるのだが、このうち国民党本部の建物は報道によると売却され、国民党はオフィスビルに転居するらしい。MSN毎日インタラクティブより、元ネタはこちら

台湾:財政難の国民党、本部ビルを80億円で売却

 【台北・庄司哲也】台湾最大野党の国民党本部ビルが、台湾財閥の長栄グループ(エバーグリーングループ)関連の財団法人に売却されることになった。00年の野党転落後、財政難に陥った国民党は、合理化を進めており、党本部ビルの売却先を探していた。
 中央通信によると、購入するのは財団法人「張栄発基金会」。購入額は23億台湾ドル(約80億円)で同会などが入居する。
 国民党は49年から総統府と向かい合う現在の場所に党事務所や本部を置いた。地上12階、地下4階の現在の建物は97年に新築された。
 国民党は、政権時代は多数の党営事業を行い「世界一の金持ち政党」と呼ばれていたが、00年の総統選敗北を契機に財政難に見舞われていた。党本部は台北市内の別のビルに移転する。

毎日新聞 2006年4月2日 東京朝刊

 総統府と国民党本部が向かい合って建っているというのは「党治国家」の象徴でもあったのだが、その国民党本部がこの通りから消える(建物自体は残るのだろうが)というのは時代の区切り、時代の流れを感じる。

Img_1968 国立国家図書館。







Img_1969 中正紀念堂。国家図書館と向かい合っている。




Img_1991 中正紀念堂駅付近の交差点、愛国西路x中山南路にて。





Img_1973 凱達格蘭大道x公園路にて





Img_1974 地下鉄台大医院駅前にて。おそらく病院の施設か。

|

« 香港空港にて | Main | 台湾滞在記(3)-終わり悪ければすべて悪し?- »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/9939673

Listed below are links to weblogs that reference 台湾滞在記(2)-台北駅から中正紀念堂へ:

« 香港空港にて | Main | 台湾滞在記(3)-終わり悪ければすべて悪し?- »