« さらばウイグル料理店 | Main | 路上の求人広告 »

2006年6月3日星期六

CDショップ

 上海で売られているCDやDVDには海賊版が多いことは、よく知られているところである。
 とある会合で触発を受け?CDを買うべく先週末にあるCDショップに入った。
 ところが、品揃えが普段より異常に少ないのである。普通棚にはCDやDVDが重ねて並べられている(日本のCDショップは背面が見えるように商品を並べているところが多いが、こちらでは商品を重ねて並べているところも少なからずある。また、規則正しく並んでいるわけではないので、お目当てのCD・DVDがどこに並んでいるか探すのも一苦労である)が、棚がスカスカであり、商品もCDだとクラシックや一部の歌手のものだけ、あるいは日本のものだとエイベックス系?の正規授権版と思しきもの(初めて目にした)だけが棚に並んでいた。DVDも同様で、同じ商品ばかりが棚に並んでいた。いつもより品揃えが断然少ないのである。
 近くのほかの店に行っても同様で、どの店も商品が異様に少なくなっていた。
 どうやら海賊版の摘発があったようで、その店の場合それで持っていかれたのかあるいは対策として予め隠しておいたのかどちらかで商品が少なくなっていたようである。
 今週そのCDショップにまた行ってみたところ、品揃えは元通りになっていた。しかし、日本や韓国のドラマはいかにも海賊版というのもあるが、中国・台湾・香港のもの、しかもCDもそんなものが多いということか?あるいは、よくわからないのでとりあえず隠したか持っていかれたか、というところであろうか。
 個人的には香港や台湾の歌手の歌詞が簡体字で書かれているのは認め難いのだが、正規版をYesAsiaで購入しようにもこのウェブサイトも「現代版万里の長城」に邪魔されているようで接続できない。海賊版は放置、正規版を買うのも妨害とは、当局が本気で海賊版対策をする気があるのか疑問である。

|

« さらばウイグル料理店 | Main | 路上の求人広告 »

Comments

海賊版があふれるCDショップ。リアルですね。
やはり中国では日常的なんですねぇ。

Posted by: よろずや | 2006年6月6日星期二 at 下午4:11

よろずやさん、こんにちは。
「上に政策あれば下に対策あり」の典型的な例です。パッケージに100曲以上書いてある怪しいDVDもあります。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2006年6月6日星期二 at 下午11:13

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/10381727

Listed below are links to weblogs that reference CDショップ:

« さらばウイグル料理店 | Main | 路上の求人広告 »