« 路上の求人広告 | Main | ヨンハ大王 その2 »

2006年6月6日星期二

降って沸いた祝日

 上海協力機構(SCO=Shanghai Cooperation Organization)の首脳会談が、6月中旬に開かれる。
 これにともない、上海では会議の開催期間中を祝日にすることになった。具体的には、6月14日(水)~16日(金)を祝日にし、17日・18日の土日とあわせて5連休にする、というものである。但し、6月10日(土)・11日(日)は平日扱いになるので、実質エキストラの休みは1日だけである。
 この休日は上海市内の政府機関・役所・学校に適用され、企業についてはそれぞれの判断に委ねられることになる。上海市以外は普段どおりである。私の勤務先はカレンダー通り(つまりこの制度の対象外)にすることを今日決めた。
 実際にこの休日が適用になる人は、「9連投のあと5連休」となる。どっちがいいんだか。突然上海市だけ休みになってもなぁ・・・というのが正直なところである。

 この上海協力機構、中国・ロシア・中央アジア各国の多国間協力組織であるが、オブザーバーとしてインド・パキスタンも参加しており、国境紛争をしていた(今でも係争地がある)各国が一堂に会する仕組みになっているのが興味深い。
 また、イランもオブザーバーとして参加しており、アフマニネジャド大統領も今回来海する模様である。話題の人だからナマで見てみたいが、無理だろう。師匠や同学の中に今回これを目当てに上海に来られる方は・・・いないだろう。
 上海協力機構の加盟国・オブザーバーを地図で塗りつぶすとかなりの面積になる。事と次第によっては侮れない組織になりそうである。
 期間中を祝日にしたり、大規模な交通規制を敷いたりと、会議の成功、というか粗相がないよう当局も必死である。

(追記:6月10日)金曜日(9日)になって、来週の月曜日から暫くはあれはまかりならん、これもまかりならんという通達があれこれ出ている。業務上のことゆえ詳細は省くが、今更言われても対応できないよ、という性格のものも中にはある。上海協力機構首脳会議を成功させようと、やはり当局は必死のようである。

|

« 路上の求人広告 | Main | ヨンハ大王 その2 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/10423458

Listed below are links to weblogs that reference 降って沸いた祝日:

« 路上の求人広告 | Main | ヨンハ大王 その2 »