« 青蔵鉄道開通 | Main | 「文明服務」 »

2006年7月7日星期五

「右見て、左見て」だと・・・日中比較考

 日本と中国の交通事情について、もう1つ。
 日本だと、小さい頃から道路を渡る時には「右見て、左見て」渡りましょう、と言われていたはずだ。「左右を良く見て」と言われても、一方通行でもない限りまず右側を見て安全を確かめるだろう。
Img_2350_1 左側通行の中国で同じことをやり、右側を見て安全を確認したつもりで前へ進むと、左から来た自転車とぶつかることがあるので注意。

|

« 青蔵鉄道開通 | Main | 「文明服務」 »

Comments

こんばんは。
これ、よくわかります。
私がいるところは、深センの田舎で上海と比べたら交通ルールはめちゃくちゃです。
道路を横断する時、やっぱり「右見て左」とやってしまいますが、もう一度左を見ないと怖くてわたれません。

Posted by: toff | 2006年7月8日星期六 at 下午11:29

toffさん、こんにちは。
深センにお住まいですか。上海は車は多いし煽ってくるし、自転車も電動自転車など結構なスピードで突っ込んでくるのですが、深センの交通ルールも酷いのですか?
「右見て左見て」もそうですが、タクシーを降りるときにもドアを開ける前に後ろに気をつけないと、高速で突っ込んでくる自転車にぶつかりかねないので注意しています。
それでは、失礼いたします。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2006年7月9日星期日 at 下午11:50

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/10839609

Listed below are links to weblogs that reference 「右見て、左見て」だと・・・日中比較考:

« 青蔵鉄道開通 | Main | 「文明服務」 »