« 外灘の夜景 | Main | 外灘のアイドル? »

2006年7月31日星期一

機内で決まりを守らないと・・・

 Yahoo!ニュースの中に、ロイター通信からの配信として以下のような記事があった。ロイターによる配信はこちら。(どちらもリンク切れするかも)

飛行機から強制退去の女性、理由はグッチのバッグ
16:24 JST
 [香港 31日 ロイター] キャセイパシフィック航空の香港─東京便では今月、客室乗務員の指示に従わなかった女性の乗客が、警官によって飛行機から降ろされるという騒ぎがあった。手荷物で機内に持ち込んだグッチのハンドバッグを、座席の下か頭上のキャビンにしまうことを拒否したという。31日付の香港紙、蘋果日報が報じた。
 キャセイのスポークスマンは、この騒ぎで同便の出発時刻が予定の約1時間遅れになったと説明。「当局に助けを求めなくてはなりませんでした」と語った。
 同紙によると、女性がバッグを持ってようやく機内から連れ出されたとき、ほかの乗客からは拍手が沸き起こったという。
 女性は後に謝罪し、一緒に飛行機を降ろされた4人の友人と共に東京行きの後発便に乗ったもよう。
 キャセイパシフィック航空は、ほかの便への影響はなかったとしている。

 以前書いた通り、私も今年5月に香港→上海の東方航空便に乗ったときに似たような体験をしている。近くに座っていた男性が旅行カバンを通路に置きっぱなしにし、空中小姐が何度注意しても「俺が保証するから大丈夫だ」「しまうのは嫌だ」「俺に指図するのか」と取りあわなかったのだが、その男性は結局着陸後どこかに連れて行かれてしまった、という話である。上述の記事でも「当局に助けを求めなければなりませんでした」とあるので、私のケースでもその男性はやはり当局のお世話になったのだろうか。空中小姐を軽く見たり、客だからといって尊大すぎる態度を取り挙句の果てに決まりを守らないとこういうことになる、というごくごく当たり前のことへの教訓にはなろう。
 香港で降ろされた女性の国籍は書かれていないのだが、香港にいると香港を出るときに気が大きくなって「機内では言うことを聞かなくてもいい」というマインドが醸成されるのか?

 ところで上記の記事を読んで蘋果日報のウェブサイトにアクセスを試みた。Wikipedia中文版(暫く大陸から繋がらなかったが、今日現在プロキシ経由でどうにか見ることができる)の該当記事によると蘋果日報のアドレスはここらしいのだが、アクセスできない。プロキシ経由で接続しようとしても接続がリセットされ、その後どのウェブサイトにも飛ぶことができない。香港、中国に返還されたのに「一国二制度」とやらで大陸住民の香港マスコミへのコンタクトが制限されているのか。

|

« 外灘の夜景 | Main | 外灘のアイドル? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/11173010

Listed below are links to weblogs that reference 機内で決まりを守らないと・・・ :

« 外灘の夜景 | Main | 外灘のアイドル? »