« 七月 2006 | Main | 九月 2006 »

八月 2006

2006年8月29日星期二

海外で学ぶということ

 今般「ここ」の「こういう制度」を利用して、「学士(商学)」の学位を戴くことができた。
 だいたい学士というのは大学を卒業して戴くものなのだが、学校教育法改正により同法第68条の2を根拠に1991年に「ここ」が開設され、学位を授与することができるようになった。これにより、高専・短大・専門学校を卒業した人や大学で一定の学修を行った人がその後専攻科や大学等で学修を重ねることにより、「こういう制度」を利用して「ここ」から学士の学位を戴くことが可能になったのである。
 去年10月の「とある試験」は積み上げ単位の修得試験、今年3月に在留証明を取った「とある事情」はこの試験のため(海外在住なので日本には住民票がない)、6月に受けた「とある試験」はこの試験本番である。海外から取得にチャレンジする人は少ないと思うが、「ここ」のQ&Aに「外国からの申請」について質問が出ているから、私の他にもいることはいるのだろう。

 ところでこの「『ここ』の『こういう制度』」、繰り返すが日本の制度である。私はこれまで海外の学校で学んだことはない。比較的留学生が(行く人も来る人も)多いところに身を置いていたことがあるので留学自体は身近に存在していたが、そうした路を選ばずにここまで来ている。
 上海にいると中国に留学していた・いる人に多数お目にかかる。一旦日本で働いてその後一念発起して留学した人、日本の学校を休学して留学した人、進学先として中国の学校を選んだ人など、経緯は人それぞれである。日本人ばかりでなく留学経験のある欧州人にもお目にかかることがあるし、HSKの会場では日本人並みにあるいはそれ以上に韓国人留学生を見かける。中国語を中国語で学ぶ、経済なり歴史を中国語で学ぶ・・・母国語でない言葉で新しいことを学ぶというのは簡単ではないと思う。
 留学後母国に戻り学んだことを活かし、あるいは心の糧にしてキャリアを積む人、中国に残りキャリアを積む人、一旦母国へ戻りまた中国へやってくる人など、その後の生き方も様々である。留学しただけでその先が開けるということでは必ずしもないと思うが、「海外で学ぶ」という選択をしたということは多くの場合「自ら図り」「一歩踏み出す選択をした」といえるのではなかろうかと思う。それに、留学するということは独特の経験を積み、視野を広げる良い機会なのではとも思う。
 私自身は前述の通り海外で学舎に身を置いたことはないのだが、その代わりというわけではないが住む先々で楽しみを見つけ、経験を積み視野を広げ、ささやかながらもユニークな生き方をしたいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006年8月27日星期日

成都からのキャラバン

Img_2564 出張先の成都にて。
 ホテルの窓から下を見ると、数台のランドクルーザーに荷物を積み込んでいる人たちがいた。
 チベットを目指すのだろうか、あるいは雲南へ行くのか。一路平安。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006年8月23日星期三

中国で外国製アニメ放映制限

 題記の通り、中国では9月1日から外国製のアニメがゴールデンタイムにはテレビ放映禁止になるようである。
 毎日インタラクティブによる報道(共同通信の配信)はこちら

中国:ゴールデンタイムで海外アニメ放映禁止 9月から

 中国政府は13日までに、日本など海外のアニメ番組をゴールデンタイムに放映することを9月1日から禁止する方針を決定し、全国のテレビ局に通知した。中国紙、北京青年報が13日に報じた。
 中国では日本のアニメ番組が圧倒的に人気を集めており「日本文化に若者が感化されてしまう」(国内ウェブサイト書き込み)と警戒感を示す声が高まっている。今回の措置はこうした懸念に応えるとともに、自国の「貧弱」(同紙)なアニメ産業を保護育成する狙いがあるとみられる。
 禁止方針を決めたのは中国国内の映画や放送を管理する国家ラジオ・映画・テレビ総局。同局の「アニメ番組の放送基準に関する通知」は、午後5時から同8時までの間は、海外アニメ番組の紹介なども禁じている。
 しかし、国産アニメは最も視聴率の高い番組でも「『ドラえもん』の四分の一」(同紙)にすぎず、テレビ局関係者から不満の声が上がっている。(北京・共同)

 この措置であるが、実質日本のアニメをターゲットにしたものと言われている。日本のアニメ・漫画で中国でも知られているのは、『机器猫 多拉A梦』(ドラえもん)・『名侦探柯南』(名探偵コナン)・『网球王子』(テニスの王子様)・『灌篮高手』(スラムダンク)・『斗文字D』(イニシャルD)といったところか。大陸で流行っているかは不明なるも『樱桃小丸子』(ちびまる子ちゃん)もある。「日本に毒される」という趣旨のものはなさそうだが・・・『名探偵コナン』を見て「あんなに事件の多いアニメはけしからん」とでも言うのだろうか。中国のテレビでよくやっているサスペンスもの?のドラマも変わらないと思うし、そうした視点からだとこちらのほうが余計けしからんと思うのだが。
 翻って中国のアニメ、以前NHK-BSで中国製アニメに取り組んでいる人の姿を捉えたドキュメンタリーがあり、番組内で切り絵のような画像のアニメを紹介していたような記憶がある。当地のテレビ番組やコマーシャルでもアニメのものがあるのだが、奥行きを感じない紙っぺらのようなものだったり動きが不自然なものも少なからずあり、脚本的のみならず技術的にもこれから、というところであろうか。
 しかし、保護された産業は競争力に欠ける、というのは歴史的によくあることで、例えば日本の保護市場で育った携帯電話メーカーは中国では今ひとつだったりする。中国製アニメも競争相手を意識してこそ向上するのであり、小手先の保護策では・・・と思う。

Img_2562 写真はとある中国系便利店(コンビニエンスストア)にて。これはあまりにも極端な例だと思うが、『机器猫 多拉A梦』・『名侦探柯南』・『网球王子』がズラリと書籍売り場を占めている。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

上海から無錫へ

 前回の続き。
Img_2527Img_2528 今回乗車した列車は全席軟座の上海発南京行き列車。私は最初の停車駅である無錫までの1時間の乗車である。


Img_2529 引っ張るディーゼル機関車は、2両連結の強力型のようだ。




Img_2532 側面に見える、「KUAYUE」(跨越)の文字。




Img_2534 赤帽さん、中国語でも「红帽子」なんですね。




Img_2536 車内の様子。新しい車輌なのか、中はきれいであった。座席は向きが固定されていて、背もたれは動かないがお尻の部分が動くようになっていて、体の角度を調整するようになっている。冷暖房完備である。
 無錫までの1時間は、ずっと寝ていた。
Img_2542_1 無錫駅ですれ違った、緑色の旧型客車。冷房も効いていなさそうな雰囲気である。側面には「成都-上海」の文字が見えたが、成都からではないにせよこの硬座で長いこと乗っているのは大変そうである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

上海駅にて

 先週日曜日(8月20日)の結婚披露宴へは、上海から火車(列車)での旅であった。
 普段であれば上海駅の無料切符予約サービス電話(電話番号:8008207890)を使うところである。この予約サービス、切符の配達もしてくれるし、手数料を払えば上海近郊からの復路の切符も購入することができる。
 ところが今回は前述の通り前日まで上海出張だったので、部屋に戻って出発前日の15時頃に電話して「明日の切符が買いたいのだけど」と言ったところ、「間に合わないから駅に来て買うか、明日買ってください」とのこと。このデリバリーサービス、当日から7日前の切符を売ってくれて、かつ24時間サービスのはずなのだが・・・

Img_2497 というわけで、市内にある切符売り場に買いに行くのも面倒に感じたので、今回は出発当日朝に駅で切符を購入せざるを得なかった。朝7時過ぎに、上海駅東側(駅に向かって右側)の切符売り場へ。


Img_2496 内部の様子。朝早いせいか長蛇の列ということはなく、10分足らずの待ち時間で1時間後の、8時30分発の無錫行き軟座の切符を買うことができた。ただ、割り込んで窓口にへばりつこうという人がいて係員に追い払われていたのには相変わらずだな、と思ってしまった。
 係員の愛想は良くなかったが、不快ということはなく粛々と切符を購入することができた。
 今から15年前に初めて上海に来たときは、次の目的地への列車の切符を買おうとしても外国人用の窓口へ行って買わなければならず、切符を入手するのに何日も待たなければならない時代であった。当時は兌換券という制度があり、外貨から両替したときには中国人が使う人民元とは別の兌換券なる紙幣を渡されていた。この兌換券を持っていると外国人専用ショップで買い物ができる一方、当時は列車や飛行機の切符、さらには観光地の入場券やホテルも外国人と中国人で2重価格になっていて、兌換券で支払うと外国人料金が適用になっていた(当然外国人料金のほうが高い)。中国人用の窓口に並んで中国人料金で切符を買おうとしたら、あちこちで釣り銭の人民元を貯めるか闇両替(チェンジマネー?とよく声をかけられた。勿論違法)をしなければならなかった。
 今でも外国人用とかで駅近くの龍門飯店なるところに切符売り場があるらしい。もはや兌換券もないのだが、パスポートチェックをするのだろうか、あるいは軟座専用売り場くらいの意味合いなのだろうか。
Img_2500 朝の上海駅。




Img_2501 軟座の切符を持っていれば、駅の西側(右側)にある軟座専用待合室を使うことができる。



Img_2505Img_2507 出発時刻を表示する駅の電光掲示板。中国語・英語・日本語で表示される。



Img_2511 1階の軟座待合室。コーヒーショップがあるが、それ以外は大したものはない。飲み物などは予め外で買っておいたほうが良いだろう。


Img_2517 2階の軟座待合室。「この列車の客は2階の待合室へ」との案内がなかったので、がらがらであった。切符は買ったけど列車の出発時間にはまだ時間がある、というときにはこういう待合室がいいかもしれない。

Img_2522 3階の軟座待合室。これから乗る列車の待合室として案内されていたせいか、混雑していた。それでも2階へ行こうという人がいないのは不思議である。出発の案内を逃すまい、ということなのか、ただ駅の案内に従順なだけなのか。
 出発30分前に改札のアナウンスがあり、改札を通って列車に乗り込んだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006年8月22日星期二

結婚披露宴@無錫

Img_2546_2 日付では一昨日の話になるが、友人が無錫で結婚披露宴を行うというので、日曜日(8月20日)に無錫に行ってきた。
 前日に無錫入りして観光し、翌日ゆっくり起きて披露宴に参加をと思ったのだが、前日まで大連に出張になってしまった。大連から浦東空港に戻り、その足で空港から無錫にバスで直行というのも考えたのだが、荷物が多かったし暑くてあまり歩き回れないだろうと思い、一旦部屋に戻り当日改めて無錫に向かうことにした。もっとも、前日は暑いのは確かだが酷暑というほどではなかったので、無錫に直行してもよかったかもしれないと思った。

 当日早起きし、上海駅から列車に乗って無錫へ。目指すはとある度假村(リゾートホテル)である。無錫へ向かうときの様子は別途。
 前回披露宴に参加したときは「時間通り始まらない」「服装がラフである」「閉会時間が決まっていない」という感じだったのだが、今回はこのうち「時間通り始まらない」「服装がラフである」が当てはまった。
 前回のこともあるので時間ぎりぎりに行けば言いかと思い、開始予定時刻の11時に度假村へ。入り口で新郎新婦が出迎えてくれ、しばし歓談していたら11時を過ぎてしまった。宴会場に向かい、指定されたテーブルに座って同席の知人と雑談しながら開始を待っていたが、一向に始まる気配がない。もっとも、今回は自制して開始まで酒を飲まなかったので、開会前に出来上がってしまう、ということはなかった。
 服装については、今回は夏場ということもあり男性であればポロシャツなどラフな格好の人が多かった。背広にネクタイという人は少なく、私も上着なし・ネクタイなしで参加した。度假村の中にはサッカー・アルゼンチン代表ユニフォーム姿の人や「山下清スタイル」(「たまの石川浩司スタイル」とも言う)の人がいてまさかと思ったが、彼らは他の宴席に参加する人たちのようだった。
 12時頃になり、ようやく披露宴開始。新郎新婦の入場を各テーブルの花火で出迎え、その後新郎新婦の紹介・立会人?の挨拶・双方のご両親の挨拶・二人の挨拶・誓いの言葉・指輪交換・ケーキカット・シャンパン注ぎと続き、最後に乾杯で二人の前途を祝した。その後新郎新婦はお色直し(というか新婦のお色直し)のため退場、しばし歓談となる。実は今回の新郎はフランス人なので、「白組代表」は我々を含めて数が少ないはず(後日フランスでも式を挙げるらしいが)なのだが、結構な数のテーブルがあった。新婦側の親戚・遠戚・友人、さらには近所の人も混じっているのだろうか?それにしても大規模な披露宴である。
 時間の件だが、今回は前述の通りフランス人が新郎なので時間通り始まるかと思ったが、そうではなかった。同じテーブルに座っていたフランス人の知人に「フランスでもこんなに時間にルーズなのが許されるのか?」と聞いてみたら、「待ち合わせに30分や1時間遅れても大丈夫さ」との答え。本当か?
 そうこうしているうちに新郎新婦がお色直しを済ませて再び入場。もっとも、司会者が「新郎新婦の入場です!」と高らかに告げることはなく、スルスルと入ってきた後に各テーブルを回って歓談。
 結婚披露宴ではあるが、結婚を祝いつつそれを肴に親戚・遠戚・友人が集まり飲み食いして歓談する席、という雰囲気であり、これはこれで楽しいものではある。

 開始から2時間、午後2時頃になると帰る人が出始める。今回も中締めなしか、と思ったが、今回は新郎新婦が先の入り口で参加者と歓談し、見送ってくれた。二人は当分フランスに住むとかで、上海に住む我々とはしばしの別れとなる。二人の前途に幸多からんことを願うばかりである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006年8月19日星期六

大連

 今週の後半は、大連出張に出ていた。
 仕事で行くわけなのであちこち見られるわけではないのだが、今回は土曜日朝のフライトで上海に戻ることになっていたので、土曜日の朝に宿泊先の周りを1時間ばかり散歩してみた。
Img_2460 大連市街中心部東側、港に程近い港湾広場にある古い建物。




Img_2459 やはり港湾広場にて。大連の中心部にはこうしたロータリーがたくさんある。船の向こうのビルにかかっている垂れ幕の中に、大連のキャッチフレーズである「浪漫之都」の文字が見える。大連の他にも他の都市が「浪漫之都」を宣伝文句に使っているので、これに対抗すべく大連の当局がこの言葉を商標登録したのだとか、しようとしているのだとか。
Img_2474 魯迅路にある、旧満鉄の建物。




Img_2464 土曜日なので、街のあちこちのホテルで結婚披露宴の飾り付けを見ることができる。



Img_2465 やはり魯迅路にて、象棋(中国将棋)に興じる人たち。




Img_2461 「青瓦台」という名前のマッサージ店。すごい名前だ。大連には朝鮮族関係からか韓国との通商からか、ハングル表記の店が多い。



Img_2462 「你の弁当」というネーミングの弁当屋か。言いたいことはわからないでもないが。



Img_2469 かつて「カーネルサンダースおじさんもどき」を紹介したが、大連にも別の「カーネルサンダースおじさんもどき」が。但しこちらは「李先生」と名乗りを上げている。上海のそれ同様に快餐店(ファーストフードの店)のようで、牛肉麺の看板を掲げつつ冷麺も売り出し中のようだ。
Img_2481_1 大連市内には市電が走っている。市電は3路線走っているのだが、そのうち大連火車站と市東部を結ぶ203路は写真のようなレトロな市電が走っている。そのほかの2路線は新型路面電車のようである。これ以外にも大連の市街地と郊外を結ぶ高架鉄道も走っているのだが、新しい交通網の中で古い路面電車も頑張っている。
Img_2484 前述の電車は青色だったが、こちらは緑色の路面電車。民主広場にて。



Img_2494 再び青い路面電車。レトロな車輌に病院の宣伝がなされている。やはり民生広場駅にて。



Img_2487 民生広場に面して建っている派出所。




Img_2488_1 線路上で何やらゲームに興ずる人たち。市電は普段この線路は通らないようだが・・・



Img_2495 民生広場には、市電の会社と思しき建物が、やはりいい雰囲気で建っている。



 出張の移動時の記憶をもとにあちこち歩いたのだが、民生広場からちょっと離れた中山広場にはさしずめ上海の外灘のように民国期の建物があるようである。予め地図を見てから散歩すればよかったとも思ったが、それはまたの楽しみに。
 大連は写真の通りよい天気であり、滞在中もずっとそうであった。日差しが強いのは確かだが、温度は昼に30度くらいまでといったところか。大連で会った人たちは口々に「暑い」と言っていたが、上海に比べれば快適であり、充分街歩きが可能な気候である。他方、こんなにいい天気が続くことは少ないのだとか。
 上海以外の大都市に行くのは往々にして仕事で行くことが多いのだが、大連は気候のいい時期にプライベートで再訪したいものである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006年8月14日星期一

在浦東機場見到同学

 日付では一昨日の話になるが、同学が上海乗継で海外旅行をされるとの話を聞き、乗継に時間があるので空港近くで昼飯をとお誘いをいただいてたので、土曜日に空港まで行ってきた。
 で、乗継に際して同学がいろいろと調べたところ、浦東空港では乗継でも一旦入国しなければならないことが判明した。中国東方航空のウェブサイトにある案内の通りで、乗継客も中国への入国者同様のイミグレーションで入国審査を受け、その後ターンテーブルの横にある乗継専用カウンターで第2便の搭乗手続きをして、3階の出国審査をこれまた一般の出国客同様に受ける、ということのようで、実際に同学もこのルートで入国してきた。「専用出口」は通常閉じていて、トランジット客が来ると開けてくれるとのことであった。「専用出口」の外は一般の到着客同様の到着ロビーである。
 乗継に際して一般客同様に入国審査と出国審査を求め、到着客同様のエリアに入らなければならないというのは珍しい。ただ、これでは乗継に時間がかかるという難点があり、短時間での乗継設定は難しいだろう。ヨーロッパの各空港や香港・シンガポールのように「乗継時にうろうろ」という楽しみはないだろう。浦東空港では時間により入国審査・出国審査に長蛇の列ということもあるので、ストレスが溜まる乗継になりかねないのではないだろうか。
 上海に住んでいると「浦東空港で乗り継ぐ」ということはないので、こんなことは初めて知った。
 で、無事出てきた同学と一緒に空港近くのラマダホテルへ行き、中の中華レストランで昼食。空港近くで人と昼食を食べるときは、いつもここに行っている。ただ、上海にはラマダホテルが2件(ラマダエアポートホテル=上海浦東機場華美達大酒店とラマダプラザ上海=上海南新雅華美達大酒店)がありしかもどちらも浦東側にあるので、ただ「浦東の華美達大酒店」とタクシーの運転手に告げただけだと「どっちの華美達か?」と問い返されればいいがそのまま違うラマダホテルに連れて行かれる、ということにもなりかねないので注意。
 同学からはお土産までいただき、謝謝同学。

(追記)中国国家旅遊局のウェブサイトでの案内では空港中央に「乗継専用入国審査」というのがあるのだが・・・本当にこんなのがあり、時間がないときはこれが使えるのだろうか?次回海外に行ったときに確かめてみたい。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006年8月12日星期六

混ざらないシロップ

 今年の上海の夏は、去年に比べて過ごしやすい気がする。去年の夏は街を歩くだけで自分の顔に熱風が浴びせられるような気がしたが、今年はそんな日が少ないような気がする。先日も書いたとおり青空の日が多く、視界良好の日が多い。
 もっとも暑いことには変わりないので、冷たいものが飲みたい、と感じることがよくある。とある喫茶店でアイスコーヒーを頼んだのだが・・・
Img_2456 シロップがどうしても混じらないのである。確かにアイスコーヒーにシロップを入れると底にたまりがちなのだが、理科の実験のようにここまではっきりと分かれ、いくら混ぜても混ざらないのは珍しいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006年8月6日星期日

外灘のアイドル?

 先週外灘の夜景を見てきたのだが、そこで見つけたこと。
 外灘には、「外灘観光隧道」というトンネル、というかアミューズメント施設がある。外灘の浦西側と浦東側を結ぶトンネルを作り、そこをカプセルカーで往来することができるらしい。トンネルには電飾が施されており、また水族館などの施設もあるとのことである。
Img_2454 で、その「外灘観光隧道」のイメージキャラクターがこちら。ちょっと怖い。集客に貢献しているのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 七月 2006 | Main | 九月 2006 »