« 雁湯路でカレーを食す | Main | 孫中山故居-こちらが本家?- »

2006年10月26日星期四

銀聯カード

Img_2764 殆どの中国のキャッシュカードにはこの「銀聯」マークがついている。2002年に「中国銀聯」が銀行間の決済を担う会社として政府主導で設立され、今では中国・香港・マカオの銀行がこの中国銀聯のネットワークに加盟しており、中国で発行されるキャッシュカードの殆どにこの銀聯ブランドが付与されている。これら銀聯マークが付いたキャッシュカードはまとめて「銀聯カード」と呼ばれている。
Img_2765 中国のATM。やはり銀聯マークがついており、銀聯カードが使える、つまりたいていの銀行のカードが使えることがわかる。但し、他行のATMで現金を下ろすときは日本同様に手数料を取られる。





 この銀聯カードであるが、最近は日本でも使える場所が増えてきている。まず「お金を引き出す」キャッシュカードとして、日本の金融機関のATMで銀聯カードを使って日本円の現金を引き出せるところが増えてきている。郵便局・シティバンク銀行・東京三菱UFJ銀行(まだ旧UFJ銀行のATMのみらしいが)などで使うことができる。
Img_2654Img_2655 写真はシティバンク銀行のATM。郵貯や都銀・地銀ネットワーク、PLUSに加えて銀聯カードのマークがしっかり入っている。
 先日の一時帰国時にここで3万5千円(千円札が欲しかったのだ)を引き出したが、後日上海に戻ってから記帳したら、1元=14.74円で換算されていた。現金で両替すると(そもそも日本では人民元を両替できるところは少ないのだが)もっとスプレッドを取られることを考えると銀聯カードで日本円を引き出せるというのはお得でもある。
 次にデビットカードとしてであるが、家電量販店などいろいろなところで使えるようだ。検索サイトで「銀聯カード」と入れて検索すると使える店の名前がぞろぞろと出てくる。以前の帰国時に、ヨドバシカメラで銀聯カード使用可の表示を見つけたことがある。日本人がおもむろに銀聯カードを出したら不思議がられるかもしれないが、機会があれば試してみたい。
 このように、銀聯カードは日本でも使えるようになっている。先述の通り両替するよりはお得だろうし、中国で働いて人民元をがっつり貯め込んだ人もこれで帰国時・帰国後に困ることもなく、日本円で引き出したりデビットカードとして使ったりして人民元を使うことができる。
 10数年前まで兌換券が流通し、つい最近までは旅行ガイド本に「人民元は日本では両替できないので中国の空港で両替しましょう」と書かれ、両替できても多額のスプレッドを求められていたことから考えると、人民元も随分メジャーになったものである。

|

« 雁湯路でカレーを食す | Main | 孫中山故居-こちらが本家?- »

Comments

こんにちは。前職は某クレジットカード会社関連の仕事でしたので、「銀聯」絡みの話題はよく耳にしました。私自身はかかわりがなかったのですが、ここ2年くらいの間に急速に日本で使えるところが増えたみたいですね。
「銀聯」のマークは一瞬「某クレジットカード会社」のマークに似ているが特殊な意図があるのか?なんていう話題もありました。
クレジットカードの外貨キャッシングはレート的にお得というのも、某クレジットカード会社の人から聞いたことがあります。本当だったんですねー。(^^) では。

Posted by: rongrong | 2006年10月27日星期五 at 上午5:17

rongrongさん、こんにちは。前職はこの関係だったのですね。
「銀聯」と「某クレジットカード会社」のマーク、言われてみれば並び方は違うけれど同じ色を使って似た格好をしていますね。漢字が入るかアルファベット3文字が入るか、の違いだと思いますが(でいいのですよね?)、やはりこのマークを作るときに参考にされたのではないでしょうか。
日本の銀行で人民元の換算レートを見るとスプレッドが大きいのがとても目立つので、やはりそのまま仲値近くでおろせるのは良いですね。キャッシングと違って利息も付かないので、そこも良いところです。
では。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2006年10月27日星期五 at 下午9:59

そーですそーです、某大手旅行会社と勘違いされることもあるアルファベット3文字の会社です。
銀聯カードは発行枚数がとても多いそうですね(そりゃそうか)。日本でもあちらこちらで利用できるようにすれば相当なお金が落ちるはず、ということなのでしょうね。ではでは。

Posted by: rongrong | 2006年10月28日星期六 at 上午10:24

今日、「某大手旅行会社と勘違いされることもあるアルファベット3文字の会社」と提携した銀聯カードの宣伝を見つけました。この2つのマークが同じカード上にあるのですが、なるほど・・・
銀聯カード、発行枚数は8億枚とも言われています。その持ち主のうち海外に出られる人はまだ少ないでしょうが、将来性は大きいと思います。
ではでは。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2006年10月28日星期六 at 下午9:16

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/12444763

Listed below are links to weblogs that reference 銀聯カード:

« 雁湯路でカレーを食す | Main | 孫中山故居-こちらが本家?- »