« 孫中山故居-こちらが本家?- | Main | 思南路を歩く(1) »

2006年11月5日星期日

陳水扁と中田英寿と

 陳水扁・台湾総統の太太が、公金横領などの罪で起訴されたとのこと。毎日インタラクティブによる記事はこちら

台湾:公費流用、陳総統の主導認定 本人は免責、夫人起訴--検察

 【台北・庄司哲也】台湾の検察当局は3日、総統府の公費の不正流用があったとして、陳水扁総統の呉淑珍夫人ら4人を横領と文書偽造などの罪で起訴した。検察当局は、陳総統が事件で主導的な役割を果たしたと指摘したが、憲法の規定で現職総統には不起訴特権があるため免責とした。自身の積極的な関与が指摘されたことで、陳総統の辞任要求が高まることは必至で、陳総統はいっそう窮地に立たされた。
(以下略)

 総統本人の関与も検察は指摘している。まだ起訴段階ではあり今後の推移を見守る必要があるが、まさに陳水扁政権は窮地に立たされたようだ。陳水扁の太太といえば1985年にテロとされる自動車事故で下半身不随になり、その後車椅子で陳水扁とともに出てきたり、時には家を出るときに陳水扁が太太を抱きかかえて出てくる姿も報道されていたが・・・
 もし陳水扁政権が維持できたとしても、もはやレームダックでさほどの発言力を持たないだろう。もっとも、今でも少数与党で苦労してはいるが・・・韓国の盧武鉉大統領は政権運営が苦しくなるととかく「反日」に訴えていた。陳水扁も同様に2度目の当選後の立法委員選挙で企業名から「中国」の名をはずすべしなどと台湾アイデンティティに訴えたが、それは立法院の掌握をもたらさず前述の通り任期の大半を少数与党として過ごさざるを得ないことになった。民進党初の総統になった当初は国民党から行政院長を出すなど「全民政権」をアピールしていたが、あれこれうまくいかなくなるうちに台湾アイデンティティに訴えることが多くなり、前述の立法委員選挙時の発言やそれと同様の発言を繰り返すもそれが政権の安定には結びつかなかったようだ。
 今回の太太の起訴を受け、陳水扁は「一審有罪なら辞職」と言っているとのこと。毎日インタラクティブの記事より。

台湾:陳総統「有罪判決なら辞任」 会見で潔白主張

 【台北・庄司哲也】台湾総統府の公金流用事件で呉淑珍夫人が横領などの罪で起訴された陳水扁総統は5日夜、台湾住民向けに会見し、「1審で有罪判決が出たならば辞任する」と述べ、当面は辞任しない意向を表明した。公判開始の見通しは不明。陳総統は「問題の公費は極秘事項の外交工作に使われたもので、私的流用はない」として潔白を主張した。陳総統が続投の意思を示したことで辞任を求めていた国民党など野党との対立が激化するのは必至で、台湾政局は混乱が続きそうだ。
(以下略)

 ところで、上海でも台湾の新聞『聯合報』や『中国時報』は喫茶店やレストランで読むことができる。11月4日付の台湾の新聞はまさにこの件でもちきりだった。
 この一件を伝える4日付『聯合報』を喫茶店で読んでいたら、芸能面に中田英寿が3日に台北のハイアットでタレント(新聞では「芸人」と書かれていた)ら19人と豪華な食事をしたと書かれていた。何でも台湾には友人が多いとかわざわざ日本からやってきた友人もいたとかで、一緒に食事をした中にはMakiyoこと川島茉樹代とその友人も含まれていたが、川島茉樹代って台湾で流行った後「やっぱり日本で」と日本デビューした?と記憶しているが、また台湾にいるのかな。
 ウェブサイトのニュースで「Nakata.net.久々の更新」というのを見たことがあるが、日本では報道されない?目だった報道がされていない?ところでもあちこち旅を続けているようである。中田英寿の消息を台湾の新聞で見るとは思わなかった。

|

« 孫中山故居-こちらが本家?- | Main | 思南路を歩く(1) »

Comments

昨日(11月5日)のお昼の番組「アッコにおまかせ!」で中田英寿がスクープされてました。どうやら台湾には友人の結婚式に出席していたらしいのですが、その時の服装が
「浴衣に雪駄」だったので、かなり目立っていたそうです。しかし結婚式に
「浴衣に雪駄」とは・・・完全に「自由人」ですネ。

Posted by: @zuilong | 2006年11月6日星期一 at 下午1:09

@zuilongさん、こんにちは。
中田氏の動静は日本ではまだ結構話題になるのでしょうか?彼の「浴衣に雪駄」姿は意外ですが、浴衣や雪駄にもこだわりがあったりしたら面白いのですが、さて。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2006年11月6日星期一 at 下午9:58

中田英さんの話題は最近ではあまり浮上しませんネ。
世界中「流浪の旅」をしているようですが、
先日の「台湾スクープ」は、たまたまだったと思います。
ちなみに「浴衣に雪駄」に「ネックレス」をしていたので、
和田アキ子が「センスを疑う」と言っていました。(^ ^)
ですが僕としては「自由人」らしくて中田さんに似合ってましたネ。

Posted by: @zuilong | 2006年11月7日星期二 at 上午9:18

中田氏自身が動静をアピールすることはないのでしょうが、台湾や香港など芸能ネタが記事になりやすいところで芸能人と絡んでいたりすると、その土地のマスコミに取り上げられてしまうのでしょう。
その記事によるとあと1~2年旅を続けるとかで、私も貧乏旅行ならできそうですが彼のような自由人にはなれなさそうです。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2006年11月7日星期二 at 下午7:57

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/12573525

Listed below are links to weblogs that reference 陳水扁と中田英寿と:

« 孫中山故居-こちらが本家?- | Main | 思南路を歩く(1) »