« ある日、硬座車に乗って | Main | またか!突然の正月休み変更 »

2006年12月19日星期二

「欧洲」

Img_3104 写真は、とあるビルに入っている航空会社の航空券売場にて。ヨーロッパ向けの航空運賃の宣伝(安い!まさか片道ではあるまい)であるが、ヨーロッパを「欧洲」と表記している。日本語だと「欧州」なのだが。
 『中日大辞典』(大修館書店)や『中日辞典』(小学館)には間違いなく「欧洲」と記されている。日本語と中国語で微妙に表記が違う例である。似たような例としては、日本語だと「珈琲」、中国語だと偏がくちへんに変わり「咖啡」になる、というのが挙げられる。
 最近ブルガリア生まれの大関が「琴欧州」から「琴欧洲」に改名したが、中国語由来ではあるまい。日本語の「おうしゅう」を「欧洲」と書き間違えて「だって『琴欧洲』じゃない?」という人が出てくるかもしれない。かつて「蔵玉錦」と書いて「ざおうにしき」と読ませる力士がいて、「違和感を受けた人達からの問い合わせが殺到したと伝わる」らしいが(リンク先は『大相撲 記録の玉手箱』より)。

(追記)「州」も「洲」も中国語の発音は「zhouの1声」なのだが、『中日大辞典』には
「州」-「①古代の行政区画名。(略)②現代自治行政区画の名。(略)③都市名に用いられる。(略)」
「洲」-「①大陸の区画の名称。(略)②江河の中洲。(略)」
とある。「大陸の区画の名称」が日本語だと「州」、中国語だと「洲」になる、ということか。

|

« ある日、硬座車に乗って | Main | またか!突然の正月休み変更 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/13132263

Listed below are links to weblogs that reference 「欧洲」:

« ある日、硬座車に乗って | Main | またか!突然の正月休み変更 »