« 哈根達斯 | Main | ある日、硬座車に乗って »

2006年12月10日星期日

続・銀聯カード

 以前中国のキャッシュカード『銀聯カード』について記事を書いたところ、「銀聯カードのマークは『某大手旅行会社と勘違いされることもあるアルファベット3文字のクレジットカード会社』のマークに似ている」とご指摘をいただいた

Img_3098  そのときコメントした通り、「『某大手旅行会社と勘違いされることもあるアルファベット3文字の会社』と提携した銀聯カード」がある(写真にしてしまったら伏せ字の必要はないか)。使っている色も並びの違いこそあれ一緒だし、いいのだろうか。もっとも、見たらすぐ「どちらが銀聯カードでどちらが『某大手旅行会社と勘違いされることもあるアルファベット3文字の会社』(くどい?)を表しているか」はすぐわかるが。

 中国銀聯のウェブサイトには銀聯カードのマークの由来は紹介されていないようだが、由来を聞いてみたいものである。

|

« 哈根達斯 | Main | ある日、硬座車に乗って »

Comments

こんにちは。
さて、『某大手旅行会社と勘違いされることもあるアルファベット3文字のクレジットカード会社』ですが、「中国現地企業と初の提携カード」という記事を見かけました。
http://www.nikkei.co.jp/china/news/20061212d2c1203412.html
大中電器って、ヨ○バシカメラとかビッ○カメラみたいな感じなんでしょうか。
ともあれ、『某大手旅行会社と勘違いされることもあるアルファベット3文字のクレジットカード会社』(くどい?)には、「日本の国際ブランド」として頑張って欲しいもんだと思っております。ではでは。

Posted by: rongrong | 2006年12月16日星期六 at 上午11:14

rongrongさん、こんにちは。
大中電器との提携が初めてとの報道ですが、では記事にしたこのカードについている「某大手旅行会社と勘違いされることもあるアルファベット3文字のクレジットカード会社」のマークは何なんでしょうか、と突っ込んでみましょう。「提携」といえる程ではない、ということなのでしょうか。
その「大中電器」、上海ではあまり聞かないですね。
http://www.dzelec.com/index.asp
ここの「全国分公司」を見ると上海の店は出てこず、北京を中心に展開しているようですね。
上海では永楽家電・国美電器や蘇寧電器といった家電ショップが幅を利かせてますが、店構えはむしろかつての「いいものをいいサービスで 第一○電」に近いような気がします。
ではでは。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2006年12月17日星期日 at 上午12:05

こんにちは。さて「提携」ですが、私もまったく同じ点に突っ込みを入れたくなりました。おそらく、金融/クレジット以外の「企業」との提携、といったニュアンスなのでしょう。
どちらにしても、現地在住の日本人を狙っているのか、日本へ旅行に来そうな中国人をターゲットにしているのか、びみょーな気がしますねえ。
第一○電は懐かしいですね。「懐かしい」といえば、週末にアキバで、以前台北駅近くにも出店していたT-Zo○eでお買い物をしました。
ではこの辺で。まとまりがなくて失礼しました。

Posted by: rongrong | 2006年12月18日星期一 at 上午6:58

こんにちは。「某大手旅行会社と勘違いされることもあるアルファベット3文字の会社」のプレスリリースによると、大中電器との提携カードは「中国国内に在住の一般消費者」が発行対象のようです。
http://www.jcbcorporate.com/news/dr-616.html
いずれにせよ写真のカードも百貨店と提携したクレジットカードですし、大中電器カードとのステータスの違いは不明ですね。
こちらも余談ですが私が初めてPCを買ったのは新宿のT-Zo○eでなのです。T-Zo○eといい第一○電といい浮き沈みが激しいですね。ではでは。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2006年12月19日星期二 at 上午12:00

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/13022063

Listed below are links to weblogs that reference 続・銀聯カード:

« 哈根達斯 | Main | ある日、硬座車に乗って »