« 十二月 2006 | Main | 二月 2007 »

一月 2007

2007年1月26日星期五

兌換券

20070118002 先週の日本滞在時に、成田空港内の銀行で見かけた両替の表示。人民元の両替も可能であることを示す黄色い看板の下に「元以外の紙幣(角・分・兌換券)・コインは取り扱っておりません」との記載がある。兌換券については以前書いたことがあったが今一度。
 今中国におられる方でも兌換券と聞いても何のことかと思われる方もおられることだろう。1990年代中盤より前の中国では外貨管理を徹底しており、中国国内で流通している人民元と外貨との両替を認めていなかった。他方、外国人が中国に来て中国でお金を使うべく両替しようとすると、「兌換券」という人民元とは異なる紙幣を渡されていた。この兌換券のみが外貨への再両替が可能とされていた。両替した兌換券は中国で消費される一方だから、外国人は出国時には両替した以上の外貨を再度手にすることはなく、外貨は中国に蓄積されることになる。つまり中国は外貨を獲得した、ということである。私も90年代前半に中国を旅行した際に、両替して手に入れられるのは兌換券であった。
 従って外国人は兌換券を持ち、中国人は人民元をもっているのが本来の姿である。しかしながら、外国人が人民元を持ったり、中国人が兌換券を持ったりすることにもメリットがあるのである。まず外国人にとってであるが、当時は鉄道料金・航空運賃・観光地の入場料などが外国人料金と中国人料金の二本立てになっており、外国人は高い料金を払わされていた。これら支払いは兌換券で支払うとまず外国人であると見られて外国人料金が適用になるのだが、旅費を安くあげるべく中国人料金が適用されるよう求める人たちもおり、彼らが人民元を欲しがっていたのである。人民元で払って中国人料金にしよう、ということである。
 他方、中国人にとっては兌換券でしか買い物ができない外貨ショップ-当時は中国各地の「友諠商店」と名のつくところがそうであったが-にも兌換券を持つことで買い物をすることができ、他では手に入らない外国製品を入手することが出来たのである。
 このようにお互いにメリットがあるため、兌換券と人民元の闇両替は頻繁に行われていた。「闇」と書いている通りこれは当時違法であり、人民元から外貨への再両替はできないのみならず人民元と兌換券の両替自体が摘発の対象であった。
 また、当時は地方へ行くと兌換券の存在やデザインを知らない人もいて、餃子屋など小さな食堂で兌換券を出すと「これは偽札だろう」といわれて突き返されるケースもあった。
 この兌換券であるが、次第に外貨管理手段として別の紙幣を持つ意味が薄れたのか、1995年に廃止され以後は人民元と外貨の直接交換が可能になり、外国人も両替時に人民元を手にすることになったのである。

 それから12年、いまだに兌換券を持っている人は昔の記念にもっている人くらいであろうから、写真の看板のように今更兌換券を両替したいという人は出てこないだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007年1月25日星期四

季節感

 先週の後半は、日本に行っていた。今回は仕事関係と健康診断、週末土曜日は法要で日曜日朝に上海戻りと予め決めておいたスケジュールが慌しかったこともあり、正直なところあまりゆっくりとはいかなかった。

 今回の滞在前半は暖かく、何でも3月並みの気温だったとか。翻って週末はとても寒かった気がする。
 以前書いたことがあるかもしれないが、上海は夏と冬が長く、1年の8割以上は夏か冬なのではと感じるくらいである。桜を見たことはあったが、綺麗な紅葉に出会うことは難しい。緑色の葉を茂らせていた街路樹は、いつの間にかその葉を落として寒々とした街並みを演出するが、その過程で秋を感じることはあまりない。他にも日本だとお盆などの行事やスポーツイベントに季節の訪れをかんじることもあるだろう。
 上海のほうが季節感を感じる場面があるとすれば、それは「新春」という言葉であろう。日本だと新暦の正月に「春」といわれてもこれからが冬本番であり、雪がこれから積もっていくくらいである。翻って上海では旧暦の正月を「春節」として祝う。新暦に換算すると毎年日は異なるが新暦の元旦より後、ひとしきり寒さに耐えた後「そろそろ暖かくならないか」と思った頃に春節はやってくる。今年の春節は新暦2月18日。去年(旧暦では今年だが)は閏7月があり、7月が2回あったので今回は春節が遅くなっており、その字の通り春の息吹を感じることができるかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007年1月17日星期三

バナナ売り

銅川路水産市場からの帰り、曹楊路のとある交差点にて。
Img_3291  バナナの露天売りをする人たちが交差点にずらりと並んでいる。
 なにも全員バナナでなくても、他の果物をメインに売る人がいてもよさそうなのだが、なぜか皆バナナである。この季節は他の出物が少ないのか。最近はいろいろな果物が季節を問わず出回っているが、ここはバナナばかりなのである。
 水産市場からの帰りに果物市場(水果市场)と書かれた建物を見つけたので、そこで仕入れていたり払い下げ品などそことの関係か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007年1月13日星期六

銅川路水産市場

 また上海のことに話を戻しましょうか。
 上海の中心部、延安西路x江蘇路を北へ走り、江蘇路~江蘇北路~曹楊路と走ると、途中に銅川路と十字に接するところがある。
Img_3251 Img_3271  その銅川路に海産物の卸売店が並んでおり、上海における一大海産市場になっている。



Img_3283 Img_3281 Img_3257 魚が並ぶ店・貝類が並ぶ店・クラゲの類が並ぶ店・・・店によって得意分野があるのだろう。こうした店がたくさん並び、海産市場を形成している。



Img_3253  上海といえば上海蟹。上海蟹の本場、陽澄湖産であることを水槽にもアピールして売られている。




Img_3263  今にも噛み付いてきそうである。





Img_3260  普段はなかなかお目にかからない姿である。





Img_3255  上海ではイシビラメ(多宝魚)から基準以上の残留農薬だか抗生物質だかが検出されて一時出荷停止になっていたが(参照:中国見聞録 上海駐在生活日記: 「上海で『多宝鱼(イシビラメ)』から残留薬品が検出される」)、安全な多宝魚が入荷したとのアピール。


Img_3272  市場の中には、市場で買ってきた魚介類を持ち込めば、若干の調理料で料理をしてくれる店がある。




Img_3279  屋外だけでなく、屋内にも海産物店が並んでいる。





Img_3289  写真のように、普通に自動車が行き来する銅川路の両側に店が並んでいる。何故ここが海鮮市場として発展したのだろうか。あと、こんなところにあって排気ガスとかは気にならないのだろうか。
 上述した料理店に以前夜行ったことがあるのだが、夜遅くになっても人通りが多く賑わっていた。
 ただこの銅川路水産市場、襄陽市場同様に再開発のため移転するとの話がある(上海Wheneverオンラインより。記事はこちら)。新しい市場は黄浦江沿いの、といっても上海の中心部からは北に上った軍工路にあるとのことであり、前述ウェブサイトには「地下鉄8号線の終着駅で交通は至便」とあるが、その地下鉄8号線はまだできていない。

 銅川路水産市場も長きに渡って上海人に魚介類を調達してきたのだろうが、本当に移転となればまた上海の景色が変わることになる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007年1月11日星期四

懐舊便當

 今回の帰途、台北市内から空港に向かうときには鉄道で台北から桃園へ、それからバスに乗り換えて空港へ、というルートを選んだ。

Img_3217 Img_3218  その際に台北駅で「懐舊便當」(懐旧弁当)を買って乗り込んだ。写真はその外装。布製の袋に弁当が入っている。この弁当、台北駅内にある鉄道グッズショップの隣で売られている。
 私が買った弁当の袋には、台湾中部を走るローカル線・集集線の途中にある集集駅の絵柄が描かれている。もともと集集駅は日本統治期の1930年代に建てられた歴史ある建物だったのだが、1999年の大地震で駅舎が倒壊してしまった。今は関係者の努力の末駅舎は昔の形をとどめるように復旧しており、路線自体も問題なく復旧している。
 袋に「丙戌年」と昨年の干支が書かれているが、それはご愛嬌ということで。中身は古くはあるまい。

Img_3219 Img_3220  袋を開けると、金属製の容器に入った弁当が出てくる。箱には上述の集集駅の姿が彫られている。写真を撮り損ねたが、箸も金属製である。


Img_3221 Img_3222 中は二段重ねになっており、上には排骨と漬物が、下には小エビの入った炒飯が入っている。持ったときに金属の容器であること以上に重く感じたが、結構な量である。
 この弁当、1970年代に高級弁当とされていた弁当の再現とかで、その名の通り「昔を懐かしむ」弁当である。中身が高級かどうかはともかく、値段もNT$300と台湾の食べ物にしてはいいお値段である。記念品的プレミアムがあるのだろう。魯肉飯なら10杯は食べられるか。ちなみに普通の弁当は似たような内容でNT$150くらいだったと思う。台北から桃園まではわずか30分だったので、もったいないが急いで食べた。
 容器ともどもアピールする、という点では日本の「峠の釜めし」に近いものがある。今回私も袋と容器を上海まで持ち帰ったのは言うまでもない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007年1月10日星期三

台湾でのお約束-魯肉飯・担仔麺・木瓜牛奶・蚵仔煎-

 台湾での飲み食いと言えば、魯肉飯・担仔麺・木瓜牛奶・蚵仔煎・・・この4つは欠かすことができない。

Img_3198Img_3200 Img_3202  今回台北滞在中の初日であるが、圓山駅付近を通る大龍街を鉄道模型の店と逆の方向に向かうと屋台が並んでいる一角があり、いろいろとおいしそうなものが並んでいた。
 その中に「台湾担仔面」という看板を見つけたので、その奥にある店で担仔拌麺(汁なし担仔麺)を食べることにした。メニューを見ると魯肉飯もあったので一緒にオーダー。
 大陸でも魯肉飯を出す店はあるが、大陸のそれは写真のように小振りではなく量が多い場合が多く、そぼろ肉も肉がぎっしりとという感じなのだが煮汁が少なく、個人的にはあまり「それらしさ」を感じないことが多い。やはり魯肉飯は写真のように小振りな器に煮汁とともにそぼろ肉が乗っているのが良いと思う。

Img_3209_1  翌日昼はチェーンの喫茶店での昼食だったのだが、それでもやはり私なりの「台湾らしさ」を求めて木瓜牛奶(パパイヤミルク)を購入。




Img_3211 Img_3212  夜は台北の中心部にあるデパート・微風広場の地下にあるフードコートにて。日本のラーメン・定食店や韓国料理・アジア各地の料理もあるのだが、ここはやはり蚵仔煎(牡蠣入りオムレツ)を戴く。牡蠣の味よりも甘辛いソースの味が強いのだが、それが蚵仔煎なのである。やはり時間の都合で屋台やローカル店で堪能とはならなかったが、フードコートで食べた蚵仔煎もなかなかであった。

Img_3245  3日目にはもう上海へ。写真は台北から乗継地のマカオに向かうマカオ航空の機内食で出た魯肉飯。これが「肉がぎっしり」の魯肉飯であり、味はさておき個人的には「それらしさ」を感じないのである。やはり魯肉飯は上の写真のようでなければ。
 それでも、機内食で魯肉飯が出ただけでもよしとしなければ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007年1月7日星期日

令人討厭的松子的一生

Img_3187 台北・中山駅付近の映画館で見つけた映画の宣伝。『嫌われ松子の一生』が『令人討厭的松子的一生』と訳されている。
 文字だけ追うと日本語のタイトルの直訳とも思われる。所詮は外国人なので「討厭」の「嫌われ方」の程度がどのくらいなのかは勉強の域を出ないが、「討厭」、前に「最」を加えると「いやらしい」「嫌いだ」が強調されると思うが、以前の講読の授業で、小説の一場面に子どもが親に向かって「我討厭討厭討厭你!!」と言っている場面があったのを思い出した。訳すれば「ママ嫌い嫌い嫌い!!」というところであり、小説の中では一般的な「嫌い」という意味でも使われているが実際はどうだろうか。台湾と大陸でのニュアンスに差異はあるのだろうか。

 どうでもいい話だが、私の知人に「この映画の主役を演じている女優」の大ファンがいる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007年1月6日星期六

買ってしまった!!-台湾編-

 台北の中心部からMRTに乗り圓山駅で降り、保安宮と孔廟という2つの廟の間を大龍街に沿って歩くと・・・

Img_3192  「台湾百万城」という、鉄道模型の店がある。店内には台湾の鉄道模型のほか、日本やアメリカの鉄道模型も売られていた。
 そもそも台湾の鉄道の鉄道模型は作っているところが少なく、この店のオリジナルブランドとあと数社に限られているようだ。店の半分は上述した他所の鉄道模型だった。



Img_3247  で、ついついこんなものを買ってしまった。台湾のディーゼル機関車の模型と、普通列車用の客車の模型。



Img_3229  ちなみに本物はこんな感じである。桃園駅にて。




 以前上海で中国のディーゼル機関車の模型を買ったと書いたことがある。上海で買ったのはHOゲージ(実物の約1/80)だったが、今回はNゲージ(約1/150)である。機関車はモーターがついていて、やはりレールと電源を買えば走らせることができる。
 上海の店の名前も「百万城」なので、関係があるのだろうか。

*台湾百万城のウェブサイト。店への地図はこちら
*台湾百万城を紹介した、『旅々台湾.com』の記事はこちら。記事ではオーストラリア人の店長が紹介されているが、店にいたのは店番の女性だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007年1月5日星期五

台北にも、日本でおなじみの名前が

 今回の台北滞在中にはここはというところに観光に出たわけではなく、ただ街中をぶらぶらとしただけである。その中で、街中で見つけた日本にまつわるモノをアップ。
Img_3183  日本でおなじみの焼肉チェーン店。この会社のウェブサイトの沿革のページに、このチェーン店が台湾に進出していることが書かれている。


Img_3189 Img_3190  やはり日本でおなじみの看板。日本だと100円ショップなのだが、台湾だと50元(NT$50)ショップとか。150円程度なので、日本の100円とはちょっと感覚が違うが、手の届く値段であることには違いなかろう。店頭のウィンドーには台湾ではおなじみの「キティちゃん」を始めとしたキャラクターグッズばかりが並んでいるが、店内には 日本同様に生活商品も並んでおり、NT$50未満の商品も売っている。
 この会社店舗紹介のページには、世界各地に進出しているショップが紹介されている。結構世界各地にあるのですね。台湾での進出状況はこのような感じ。台北には「台北板橋原宿店」というのがあるようで、「台北」の文字を外して店名だけ見るとどこにあるのかと思ってしまう。「板橋」は台北郊外の地名だが、英文名は「Taipei Banqiao Harajuku Store」とのことで「原宿」は日本にあやかったのだろう。

Img_3205 写真左下にはやはり日本でおなじみの定食チェーン店が。やはりこの会社のウェブサイトの沿革のページに、台湾に進出している旨が書かれている。
 台北の中心地とはいえ、日本でおなじみの店をこれだけあれこれと見つけることができる。台湾の人たち、とりわけ都市部に住んでいる人が日本の会社、日本でおなじみの看板を身近に感じる所以である。

Img_3184  とはいえ、これはさすがに便乗商法だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007年1月3日星期三

台湾新幹線開業まであと2日

 今日台北から戻ってきた。

 さて、台湾高速鉄道、いわゆる台湾新幹線が明後日1月5日に開業する。当初は一昨年開通予定だったが工事の遅れなど様々な要因が重なったようで、度重なる延期の末ようやく明後日開業となった。開業当初は台北近郊の板橋駅と高雄近郊の左営駅間での営業となる。台北~板橋間・高雄~左営間は「大阪から新大阪へ行く」という感じか。

Img_3215 Img_3216_1  台湾新幹線は当初は台北駅発ではないが、台北駅にも切符売り場がある。1月5日~14日まではソフトオープンとかで運賃が半額とのことである。既に開通後の切符を求める人が自動券売機を利用している。
 半額にする前、つまり通常の板橋~左営間の普通車運賃はNT$1,460。台北~高雄間の格安航空券だったらこのくらいで手に入るのだろうか、あるいは飛行機よりは安いのだろうか。いずれにせよ4時間強かかる特急(自強号)や5~6時間かかるバスよりは格段にImg_3224 高いのである。
 台湾新幹線の開通で、在来線のダイヤがどうなるか気になるところである。日本だと東北・上越新幹線の開通とともに在来線の特急が激減したが、台湾の交通部鉄道管理局のウェブサイトから時刻表をみると当面は本数を減らさないようであるも将来的にはどうであろうか。写真は桃園駅にて、今回桃園空港には列車+バスで向かったがその時の【廾+呂】光号の写真。

Img_2147

 台湾新幹線のことについて書いておいて写真がないのも何なので、昨年5月に高雄へ向かう車窓から見えた台湾新幹線の車輌の写真。日本の新幹線の車輌を応用しているので、日本人にもなじみが深いだろう。

*台湾高速鉄道のウェブサイト(日本語)(中国語)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007年1月1日星期一

2007年1月1日 台北から

 今年もよろしくお願い致します。

 今年の元旦は台北に来ている。遠出をするわけではなく台北市内をぶらぶらとする予定であり、1月3日に帰る予定である。年越しを台湾で過ごせれば台北市政府前での大規模な年越しコンサートを見ることができたであろうし、1月5日までいれば台湾新幹線開通の様子を目にすることもできるのだが、何分仕事の都合もあり仕方がない。
 今回もマカオ航空を利用し、マカオ乗継で台北にやって来た。朝の浦東空港の酷さは相変わらずで、今回も「管制の都合」とかで機内に1時間閉じ込められた。マカオ航空を利用するとマカオ空港で1時間足らずの乗継時間で乗り継ぐことができるのだが、乗り継ぎ時間の短さは逆に遅れたときに乗継をミスすることにつながる。今回1時間遅れで浦東を飛び立ったためマカオ着も1時間遅れ、予定の便に乗り継ぐことはできなかった。もっとも、機内で予め到着後に乗継カウンターに行くように言われていたので、スムーズに代替便に乗り継ぐことができた。
 しかし台湾、台北にせよ高雄にせよ上海からの直行便は春節など期日限定でしかも香港の上空経由、さらに外国人は利用不可なので、我々が台湾に行こうとするとどうしても乗り継ぎになる。機内食を2度食べるほどの距離ではないと思う。
Img_3159 Img_3163  写真は浦東空港にて、元旦になっても飾られているクリスマスツリー。日本だと新暦正月が盛大なイベントなので鏡餅やらしめ縄やら正月に相応しい飾りつけにすぐ取り替えられるのだが、当地ではこのように元旦になっても引き続き飾られている。



Img_3164 Img_3165 少なからぬ人たちが、このツリーの前で記念撮影をしていく。


 台北の様子は、またそのうち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 十二月 2006 | Main | 二月 2007 »