« 買ってしまった!!-台湾編- | Main | 台湾でのお約束-魯肉飯・担仔麺・木瓜牛奶・蚵仔煎- »

2007年1月7日星期日

令人討厭的松子的一生

Img_3187 台北・中山駅付近の映画館で見つけた映画の宣伝。『嫌われ松子の一生』が『令人討厭的松子的一生』と訳されている。
 文字だけ追うと日本語のタイトルの直訳とも思われる。所詮は外国人なので「討厭」の「嫌われ方」の程度がどのくらいなのかは勉強の域を出ないが、「討厭」、前に「最」を加えると「いやらしい」「嫌いだ」が強調されると思うが、以前の講読の授業で、小説の一場面に子どもが親に向かって「我討厭討厭討厭你!!」と言っている場面があったのを思い出した。訳すれば「ママ嫌い嫌い嫌い!!」というところであり、小説の中では一般的な「嫌い」という意味でも使われているが実際はどうだろうか。台湾と大陸でのニュアンスに差異はあるのだろうか。

 どうでもいい話だが、私の知人に「この映画の主役を演じている女優」の大ファンがいる。

|

« 買ってしまった!!-台湾編- | Main | 台湾でのお約束-魯肉飯・担仔麺・木瓜牛奶・蚵仔煎- »

Comments

こんにちは。さて、映画は観ていませんが、小説とテレビ版の『嫌われ松子』の印象からすると、私も「討厭」はちょっと違うんじゃないかなあ、という気がします。もっとも、それなら適訳は?といわれると困るわけで、私の中国語力もあんまりあてにはならんのですが。
どうでもいい話ですが、私はその昔、「このドラマ版の主役を演じている女優と交際していると伝えられた男性タレント(私と同い年だ!)」の大ファンでした。それでは今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: rongrong | 2007年1月8日星期一 at 上午4:50

rongrongさん、こんにちは。
『嫌われ松子』、映画もテレビも観ておらず小説も読んでないのですが、映画の公式サイトのあらすじを見ると「運命に嫌われた」ということのようなので、やはり「討厭」は違うような気がしますね。
後段の件ですが、「ドラマ版の」を見落としてあれこれ検索したら「劇団ひとり」が出てきました。でも、この人もあまりよく知らないのですよ。
それでは、今年もよろしくお願いいたします。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2007年1月9日星期二 at 上午12:58

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/13363896

Listed below are links to weblogs that reference 令人討厭的松子的一生:

« 買ってしまった!!-台湾編- | Main | 台湾でのお約束-魯肉飯・担仔麺・木瓜牛奶・蚵仔煎- »