« 2007年春節@西班牙(8)-サグラダ・ファミリアとサン・パウ病院- | Main | 2007年春節@西班牙(10)-続・バレンシア- »

2007年3月10日星期六

2007年春節@西班牙(9)-バレンシア-

前回の続き。
 2月22日(木)。バルセロナを朝9時の特急列車で発ち、バレンシアへ。約3時間の列車旅であった。
Imgp0320 Imgp0326  正午前にバレンシア・ノルテ駅に降り立つ。駅の隣に闘牛場がある。





Imgp0338  駅を背にして、市役所に面したAvda.Marques de Soteloを歩く。



Imgp0339 Imgp0367 Imgp0347  上写真正面のY字路を左に曲がると、正面にバレンシア州旗をたなびかせた建物が見える。ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ、かつての商品交易所である。現在でも展示場などとして使われているようだが、他方世界遺産としても指定されている。写真右は交易所の中庭にて。

Imgp0342 Imgp0344 ラ・ロンハ・デ・ラ・セラの向かいに建つ建物。左は何か忘れたが、右はサントス・ファネス教会。

Imgp0350 Imgp0362  この2つの建物の奥に、バレンシアの市場がある。
 スペイン料理として知られるパエリアはバレンシア地方に由来するらしいが、そのパエリア用の鍋を含めた調理用具や鍋類が市場の横で売られていた。
 近づいてみると、パエリアを模したマグネットを発見。冷蔵庫などにメモを貼り付けるあれであるが、普通のパエリヤやエビの大きいパエリアなど様々なものが精巧に作られている。

Imgp0357 Imgp0358 Imgp0359  市場の中の様子。今回はサラゴサでも市場を訪れたが、ここバレンシアの市場はやはり海産物が豊富である。エビを得意としているところ、魚を得意としているところ、などいろいろあるようである。
Imgp0370 Imgp0366  この辺りを見終えたあと、カテドラルのあるレイナ広場を目指す。時間は14時頃、午前(?)の営業を終えた商店が一旦店じまいをする頃である。

Imgp0371 Imgp0373

Imgp0374  レイナ広場に到着。写真中央はレイナ広場から西側に広がるCalle Sombrereriaという通りの奥に見えるサンタ・カタリナ教会の塔、写真右は東側に広がるCalle Paz。
Imgp0376  ちょうど昼食時なので、観光客や地元の人たちがレイナ広場の屋外でカテドラルの塔をバックに昼食を食べている。






Imgp0381  レイナ広場を、観光用の馬車が走る。




Imgp0382  カテドラル内部の様子。このカテドラルは14世紀に完成したもののその後手が加えられているため、各礼拝堂が作られた時代によって様式が異なっている。日本語でのヘッドホン説明もある。

 写真が多くなったので、続きは別途。

|

« 2007年春節@西班牙(8)-サグラダ・ファミリアとサン・パウ病院- | Main | 2007年春節@西班牙(10)-続・バレンシア- »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/14219076

Listed below are links to weblogs that reference 2007年春節@西班牙(9)-バレンシア-:

« 2007年春節@西班牙(8)-サグラダ・ファミリアとサン・パウ病院- | Main | 2007年春節@西班牙(10)-続・バレンシア- »