« 中国からココログへのアクセス制限?-その後- | Main | Tapas@上海 »

2007年4月28日星期六

おたく@中国時報

 少し前の話だが、4月10日付の『中国時報』に、『我很「宅」, 但很「優」』というタイトルの記事が載っていた。
 記事の内容は、まず「おたく」とされる人達の生活は引きこもりになりがちで幸せとは無縁だとされているが、本当にそうか?と疑問を呈し、「otaku學之父」(文中の表現より)とされ岡田斗司夫氏の名前を挙げつつ「おたく」は映像や情報が氾濫している21世紀の世界に適応できる人達であるのだが世間のイメージは『電車男』や『ケロロ軍曹』であるとし、他人を「おたく」呼ばわりする人も実は「おたく」なのでは?と結んでいる。
 記事の下には、台湾で働いている女性が職場では気付かれていないが漫画やコスプレにはまっているのを隠れた「御宅」の例だとして示している。
 しかし、この文中の表現、例えば「おたく」の人の一般的イメージとして「胖到滴汗」だの「走出封閉的生活」だのと表現してみたり、ずいぶんな表現である。ちなみにこの記事によると、「一般的御宅族」の定義は「御宅族指得是在秋葉原一帶出沒, 對於動畫漫畫電腦遊戲等次文化熱中而且鑽研很深的人」なのだそうだ。「秋葉原」という単語が「在日本的」の枕詞なしで出てくるのが興味深い。

 さらに、この語源である2人称で相手を「おたく」と呼ぶときの中国語訳は、「貴府」なのだそうだ。なるほど。

 という訳で、連戦の度重なる大陸訪問に対抗するわけではないが、この労働節休暇はまた台湾に行ってきます。

|

« 中国からココログへのアクセス制限?-その後- | Main | Tapas@上海 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/14869640

Listed below are links to weblogs that reference おたく@中国時報:

» 150の国と機関が上海万博参加を表明 [中国ニュースブログ、まるごと中国ニュース]
上海世界博覧会(上海万博)事務協調局は15日、記者会見を開き、このほどスイスが参加を表明したことで、2010年上海万博への参加を確約した国・国際機関は150に達したと述べた。これまでの総合的な万国博覧会に照らせば、この数字は出展誘致活動の大きな進展といえる。中国新聞社が伝えた。 出展予定国は133カ国(アフリカ42カ国、アジア34カ国、欧州33カ国、南北アメリカ15カ国、オセアニア9カ国)、出展予定の国際機関は17組織。 同局の周漢民副局長によると、アジア、アフリカ、オ...... [Read More]

Tracked on 2007年6月17日星期日 at 上午8:09

« 中国からココログへのアクセス制限?-その後- | Main | Tapas@上海 »