« おたく@中国時報 | Main | 消えた「青天白日」 »

2007年5月1日星期二

Tapas@上海

 今日から労働節休みを利用して台湾に来ているのだが、その前に上海の話を。
 以前紹介した小南国湯河源の向かいに、「虹梅休閑街」という飲食店街がある。延安西路と並行して虹梅路と虹許路を結ぶこの通りはレストラン街になっている。日本料理や韓国料理、インド料理やカウンターバーなどと外国人向けの店が多く、ちょっと高めの感じである。
Img_0499  その虹梅休閑街の虹許路側に近いところに、「Las Tapas」という店が最近オープンした。「Tapas」というのはスペイン語で酒のつまみのことであり、その名の通りスペインのBar=パル同様に小皿のつまみを食べながらワインを戴くことのできる店である。この記事でGuinnessさんからコメント戴いた通り、スペインの夜はBarでTapasをつまみながらワイン=Vinoを飲むのが楽しみである。

Img_0501  店内の様子。店に入ると陽気なフィリピン人店員が出迎えてくれる。そういえばフィリピンは(今日の領土の全てということではないが)かつてはスペインの影響下にあったか。


Img_0509  TapasとVinoを戴く。スペインだとカウンターにTapasが並んでいて見て選ぶことができるのだが、ここではメニューから選ぶ。Tapasは一皿30元から、Vino=ワインはグラスで50元、ボトルで250元というところである。やはりそれなりの値段であるが、それでもスペインのBar(パル)を彷彿とさせるつまみの出方が良いものである。

|

« おたく@中国時報 | Main | 消えた「青天白日」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/14921985

Listed below are links to weblogs that reference Tapas@上海:

« おたく@中国時報 | Main | 消えた「青天白日」 »