« 虹梅食堂 | Main | 崇明島(2)-東平国家森林公園- »

2007年6月3日星期日

崇明島(1)-崇明島への船旅-

 先週末のことであるが、長江河口にある崇明島へ行ってきた。

Chongmingdao



















 崇明島は上海の北、長江の河口に位置する島で面積は1,000平方キロメートル余り(タヒチ島や沖縄本島と略同じ)、中国では海南島に次いで2番目に大きい島である(なお、中国側の主張では「台湾島・海南島に次いで3番目に大きい島」とのことである。何だかなぁ)。長江を流れる泥が長い時間をかけて堆積してできた島である。
 行政上は上海市に所属し上海市崇明県となっているが、上海側からは今のところ連絡船のみが崇明島へのアクセスとなっている。

Img_1800

 崇明島へ行くための船着場は上海側に3ヶ所ある。吴淞码头(呉淞碼頭、地下鉄3号線江湾鎮駅付近)・ 宝杨路(宝楊路、地下鉄3号線宝楊路駅付近)・石侗口の3ヶ所である(呉淞碼頭と宝楊路へは、上海体育館から遊5線のバスで行くことができる)。崇明島側も3ヶ所あり、西側(上流)から南門・新河・堡鎮の3ヶ所である。南門と堡鎮の間はタクシーで1時間くらいかかるので、予定を立ててまわる場合はどこからどちら行きのフェリーに乗るか考えるべきなのだろうが、今回は崇明島に対する予備知識もなく帰りの時間さえ間違えなければいいかと考え、呉淞碼頭へ向かった。後で気がついたのだが、宝楊路からのほうが便数は多いようだ。写真は呉淞碼頭の待合室。
Img_1801Img_1799 その右側にある切符売場で切符を買う。高速船が23元、一般の船が14元から。崇明島の他に、その手前にある横沙島や長興島への便もある。


Img_1797  出発まで時間があったので付近を散策。写真は船着場付近のデパートだが、店の雰囲気など上海市街のそれとは全く違い、まだ垢抜けていない感を受ける。


Img_1803 Img_1805  今回は呉淞碼頭から堡鎮行きの船に乗船。待合室が上写真の建物から離れた古い建物にあり、清潔感がいまひとつである。

 

Img_1809  いよいよ乗船。座席番号が250まであったのでそれくらい乗れるのだろうか。結構な大きさである。船尾に洗濯物が干してあるのはご愛嬌。


Img_1817  出港してしばらくは長江の支流、黄浦江を走るのだがそのうち長江の本流へ。まるで海の上を走っているかのようである。


Img_1818  船内の様子。下船時に撮影したのであまり人が写っていないが、80%くらいの埋まり具合であった。
 船内ではテレビ放映をやっていた。売店もあり、飲み物やアイスクリームなどを購入することができる。

 約70分で崇明島・堡鎮に到着。続きは後程。

|

« 虹梅食堂 | Main | 崇明島(2)-東平国家森林公園- »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/15299558

Listed below are links to weblogs that reference 崇明島(1)-崇明島への船旅-:

« 虹梅食堂 | Main | 崇明島(2)-東平国家森林公園- »