« ひとり火鍋 | Main | 「上海からの雑文」 »

2007年6月21日星期四

水煮魚

 川菜=四川料理の1つ、「水煮魚」。たっぷりと唐辛子と山椒が入った水と油で川魚の切り身を茹でた料理である。
Img_2379_1  大きなボウルに入って登場。まさに茹で上がったばかり、という趣である。唐辛子がボウルを埋めるように浮かんでおり、その間に山椒がやはりたくさん浮かんでいる。別に唐辛子を食べるわけではないので見た目は辛さの尺度にならない…のだが、食べるとやはり頭のてっぺんから汗が出るような料理である。

Img_2380 魚片が油につかっているのだが、食べてみるとさほど油っこさは感じない。唐辛子の直線的な辛さではなく、山椒の味が感じられる水煮魚が美味しいと思う。この店ではボウルの底にもやしが敷き詰められているのだが、それをやはり汗を流しながら、ご飯にのせながら食べるのも良い。
 この水煮魚、別に高級な店だけにあるわけではなく、通りの小さな食堂で水煮魚を売りにしているところも多い。今回食べたのも、襄陽路のそんな小さな店にてである。
 これは「おひとりさま」だとちょっと厳しい。

Img_2279  こちらは上海の別の店での水煮魚。唐辛子は取り除かれているがやはり辛い。



Img_0777  これは今年5月に台北で食べた水煮魚。上海のそれが唐辛子の姿をとどめているのに対し、こちらは唐辛子や辛味が溶け込んでいるのかドロドロとした感じである。

|

« ひとり火鍋 | Main | 「上海からの雑文」 »

Comments

おいしそうです。
もやしは確か、黄色の豆の部分がついたもやし(豆もやし)ですよね?
私は通常のもやしのほうが好きですが、「水煮魚」では豆もやしのほうが合うと思います。
中国でも「おとり様」が増えてくれると、旅行者にとっては助かります。いつも「一品料理+ごはん」でしのぐことになるので。

Posted by: 奈藤 | 2007年6月22日星期五 at 上午11:11

申し訳ありません。
「おとり様」→「おひとり様」でした。
何を捕獲するのか!お恥ずかしいです。

Posted by: 奈藤 | 2007年6月23日星期六 at 下午12:11

奈藤さん、こんにちは。
仰る通り、水煮魚の底のもやしは豆もやしが多いですね。茹でても豆の部分は歯応えが残るのでその食感がいいと思います。下から2番目の写真「上海の別の店」では底の野菜に木耳などを追加するオプションがありましたが、普通の店ではあまり奇をてらわずにもやしとご飯というのがいいと思います。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2007年6月24日星期日 at 上午12:48

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/15505945

Listed below are links to weblogs that reference 水煮魚:

« ひとり火鍋 | Main | 「上海からの雑文」 »