« ハンガリー・チェコ旅行(9)-プラハとドレスデン- | Main | 羽田-虹橋便就航 »

2007年9月25日星期二

おすもう

 ヨーロッパの話題から一転、相撲の話題に。先日、20年以上振りに大相撲を見に行った。

Img_3651  思い出してみれば昔見に行ったときは蔵前国技館だったので、両国国技館に入るのは初めてである。日本武道館には何度も足を運んだのだが(あそこは「武道」館なので)、両国国技館には意外にもこれまで入ったことがなかったのである。

Img_3704  この日は晴天。青空の下、幟が美しくたなびいている。




Img_3705  幟の中には話題の東国原英夫知事から式守伊之助に贈ったものもある。現・式守伊之助は宮崎県出身。



Img_3671  国技館内には相撲教習所がある。普段はここで新弟子が相撲の基礎や歴史・書道などを一定期間学ぶのだが、本場所中はここでちゃんこを振舞っている。1日2回、先着順でのサービスである。


Img_3675  この日は塩ちゃんこ。1杯200円である。




 ちゃんこを戴いた相撲教習所は前述の通り相撲に関する教育施設であり、所内には土俵があったり(入れないが)、「力士修業心得」が貼られたりしている。それとともに相撲協会に属する全親方の写真が並んでいて私もそれを見ていたのだが、前にいた女性が角界の松平健(または「角界の暴れん坊将軍」)の写真を見て「うわぁ~、やっぱりかっこいい~」と連れの男性に言っていたり、佐ノ山親方と西岩親方の写真が(要は闘牙隆の鶴の写真が)隣あわせに並んでいるのを見て「引退しても一緒でよかったね」と言ったりしたのには思わずウケてしまった。

Img_3757 Img_3758  ちゃんこだけでは足りず、弁当を買うことに。「高見盛弁当」「栃東弁当」(もう引退しているが)など力士の名前がついた「力士弁当」7種類があるのだが、今回は休場中ながら「魁皇弁当」を選択。高菜ごはんや焼き明太子、明太子ポテトサラダなど魁皇の出身地である福岡県にちなんだものだとか。カド番を乗り越えてこの弁当が長い間供されることを願いたい。
 この「力士弁当」、「白鵬弁当」や「琴欧州弁当」もあるのだが、モンゴル料理やブルガリア料理というわけではなく普通の?弁当のようだ。。あと「朝青龍弁当」がなくおしながきにもなかったが、もともとなかったのかあるいは今回の一件でなくなってしまったのか。

 土俵の写真はアップして良いのかわからないので(できれば「写真は真実を伝えるか?」のようなネタをやってみたかったのだが)アップせず。三段目・幕下では知っている力士の取組があまりなく、幕内でも北桜や普天王や栃煌山や千代大海や琴欧州は負けてしまったのだが、取組を見て以下気付いたことを。

・三段目の取組。250キロあるといわれる大露羅の取組を見たが、立ち合いというよりただ立ち上がるだけで踏み込みが全くなし。小錦はもっと前に出ていたと思う。
・同じく三段目。勝った力士がその瞬間「うしっ!!」と声を上げてガッツポーズ。勝ち越しだったのだろうかよほど嬉しかったようで3度「うしっ!!」と言っていた。
・幕下以下の取的でも、部屋のブログを書いていたりして名が知れている力士には割と大きな声援が飛んでいた。(追記:この力士、東桜山はこの一番を最後に引退したのだとか)
・十両の力士が国技館入りするときに周りでファンが声を掛けたりするのだが、関取が通る度に「あいつは北桜の弟」「あいつは欧州勢で一番若い」と親切に解説してくれるおじさんがいた。
・この日は高見盛は「しょんぼり」の日。その後出てきた豊真将の勝ちっぷりに高見盛並みの声援。やはり勝利で声援を掴まないと。

 館内にいた親方のほうにもかつてテレビで見た顔が多く、「うゎ、有名人多いな~」という気になる(本場所だから当たり前か)。前述の「角界の松平健」こと立浪親方や音羽山親方(元貴ノ浪)を館内で見たし、審判委員の名前にもかつて活躍した親方が見え、土俵の外にむしろ馴染みを感じてしまう。現役力士は皆若いからなぁ(当たり前か)。
 この日は皇太子殿下ご一家もご来場。もっとも、幕内後半だけのご観戦だった。愛子さまのお目にとまるためには幕内後半で取れるように頑張らないと。

 今場所は白鵬が優勝し、隆乃若が引退。そんな場所のある1日。

|

« ハンガリー・チェコ旅行(9)-プラハとドレスデン- | Main | 羽田-虹橋便就航 »

Comments

こんにちは。今場所は、私もその気になれば平日に1回、国技館に行くことができたのですが、魁皇が休場してしまったのでとりやめました。それにしても、「魁皇弁当」は非常に美味そう(明太子が好き)。モンゴル出身力士も増えたことですし、モンゴル風の弁当もあったら面白そうですね。
隆乃若の引退はとても残念です、何しろ「美男力士」ですので。やっぱり今場所、最後の雄姿を見に行けばよかったかな、と。ではでは。

Posted by: rongrong | 2007年9月26日星期三 at 上午6:07

rongrongさん、こんにちは。
隆乃若、美男だし相撲も強かったので引退は残念です。協会に残らないとのことで上記親方衆と違って今後国技館でも見ることができなくなるのも残念です。
魁皇弁当、もうすぐ食べられなくなるかも、と失礼なことを考えてしまいましたが、少しでも長く魁皇弁当が並ぶ日が続いて欲しいですね。

それにしても大相撲はまた不祥事勃発のようで、しかも今度のは報道されている通りなら一大事です。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2007年9月26日星期三 at 下午10:52

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/16576284

Listed below are links to weblogs that reference おすもう:

« ハンガリー・チェコ旅行(9)-プラハとドレスデン- | Main | 羽田-虹橋便就航 »