« メンデルの葡萄@東京・小石川 | Main | 『水煮三国志』 »

2007年11月25日星期日

「過去は変えられないけれど、未来は変えられる」

 少し前の話になるが、先々週の土曜日朝の『NHKニュースおはよう日本』で、教育テレビの『中国語会話』に出演中の前田知恵さんの特集が組まれ、彼女のインタビューも放映されていた。
 高校生の頃中国映画を見て深い興味を抱き卒業後単身中国へ渡り、北京電影学院演劇科に外国人初の本科生として入学・卒業し、中国の映画などで活躍したことが紹介されていた。今回彼女が主演した映画『北京の恋-四郎探母-』が日本で公開されており、その関連もあっての特集であろう。

 この『北京の恋』、日本から京劇を学びに北京に来た女性と受け入れ先の元花形女形との交流、さらにその息子とのラブストーリー、日中戦争時の両者の祖先の因縁-女性の祖父は元花形女形の父を処刑していた(映画中では「冤家」と表現されていた)し、戦場でも厳しい経験をしていた-を京劇の演目『四郎探母』に絡めて描いた作品である。NHKニュースの中でのあらすじ紹介で日中戦争中の両者の関係に触れていたのが気になったのだが、1時間半くらいだからまぁいいかと思い今週の平日に見に行ってみた。
 気になったのはクライマックスの京劇シーンでも戦場の場面がカットインされており、そこまでやるかという感じで水を差された感じがした。劇中のエピソードとして日本軍の様子を織り込むのはさておき、折角「ステレオタイプでない(元日本兵)を描いた」とされるのなら最後の場面ではその映像なしで「恨みを乗り越える」ことを描けなかっただろうか、と感じた。

 話をインタビューに戻すと、彼女がインタビューの中で発した言葉が耳に留まった。

「過去は変えられないけれど、未来は変えられる」

 2004~2005年頃の日中関係厳しい頃に中国で女優生活を送ったことに関するコメントなのだが、この言葉は日中関係だけでなく、生きていく上で全てのことに通じると思う。
 早起きして、いい言葉を聞いた。

|

« メンデルの葡萄@東京・小石川 | Main | 『水煮三国志』 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/17189770

Listed below are links to weblogs that reference 「過去は変えられないけれど、未来は変えられる」:

» 前田知恵 [気になるキーワードやニュースを書きなぐる!]
前田知恵とは、中国からの逆輸入女優として注目されている日本人女優です。前田知恵は、高校生時代に、中国映画「さらば、わが愛/覇王別姫」と「宋家の三姉妹」に出会い女優になりたいという想いで単身中国へ。陳凱歌、張芸謀監督らを輩出した北京電影学院に初の外国... [Read More]

Tracked on 2007年11月29日星期四 at 上午3:46

« メンデルの葡萄@東京・小石川 | Main | 『水煮三国志』 »