« 2008年・中国の祝日-7連休は2回 | Main | 久しぶりに日本の正月 »

2007年12月31日星期一

日中国交回復35周年だった2007年・そして台湾総統選挙がある2008年

 2007年もあと数時間で終わり、もうすぐ新しい年がやってくる。
 今年2007年は「日中国交回復35周年」とかで、「日中文化・スポーツ交流年」と題したイベントがあちこちであったようだ。そのスタートのイベントは、私は上海にいながらテレビで見た

 5年前、つまり2002年は日中国交回復30周年だったのだが、その頃「30周年だから無理に仲良くする必要はないし、31年目だから仲違いする必要もない」と仰ったのは私の師匠に当たる方である。
 日中関係に関する見方や中国観・日本観は人それぞれであるが、日本は今の場所から逃げるわけにはいかないのだから、前述の言葉の通り何周年などの節目にはあまりとらわれずに(来年、2008年は日中平和友好条約締結30周年である)、中国の姿を追っていくことにしたい。

 あと、節目といえば来年は台湾の総統選挙の年である。前回は接戦、しかも直前に陳水扁を狙ったとされる銃撃事件があった。今回は直接選挙4回目でそれ自体は目新しくなくなったが、台湾の人達がどういう選択をするのか、この選挙がどういう意味を持ち得るのか注目したい。

|

« 2008年・中国の祝日-7連休は2回 | Main | 久しぶりに日本の正月 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/17536549

Listed below are links to weblogs that reference 日中国交回復35周年だった2007年・そして台湾総統選挙がある2008年:

« 2008年・中国の祝日-7連休は2回 | Main | 久しぶりに日本の正月 »