« 上海でのデモと新幹線の写真と | Main | 2月3日・東京は雪 »

2008年1月30日星期三

台湾・ビザなし滞在期間延長

 今でも日本人は台湾にはビザなしで30日間滞在することができるが、今後90日までビザなしで滞在できるとのこと。西日本新聞による記事

台湾ビザなし滞在拡大 2月から90日間に

【台北28日小山田昌生】台湾外交部(外務省)は28日、日本人が観光目的で台湾を訪れる際に査証(ビザ)なしで滞在できる日数を現在の30日間から延長し、2月1日以降は90日間とする、と発表した。日本政府は2005年から台湾からの観光客に対して90日間のビザなし滞在を認めており、今回の措置は平等互恵の原則に基づくもの。

 台湾交通部(交通省)観光局によると、昨年1年間に台湾を訪れた日本人は過去最多の約116万6000人で、外国人訪問者の31%を占める。台湾側は今回の措置により、滞在・交流型の日本人観光客がさらに増えることを期待している。

 私が初めて台湾を訪れたのは1993年のことである。そのときは韓国-中国-香港・マカオ-台湾と東アジア一周の旅だったのだが、そのときは台湾への入国に際してはビザが必要であり、香港にある旅行会社に依頼したのか関係機関に出向いたのか忘れたが香港でビザを取得した。その時はパスポートにスタンプで押されたり貼られたりするビザではなく、氏名・国籍・滞在許可内容などが書かれた紙でビザを発給してもらった。そのビザは台湾出国時に空港で回された。
 調べてみるとその後1994年に日本人はビザなしで台湾への渡航が可能になり、滞在可能日数も当初は5日だったのが14日→30日になり、さらに今回90日までの滞在が可能になった次第である。
 30日でも台湾のあちこちを探訪することができそうだが、90日滞在可能となるとそれこそ金門・馬祖も含めて台湾をすみからすみまで見てまわることができるのではないだろうか。 もっとも、90日続けて休暇を取れないであろう私には無縁の話であるし、これで期待通り台湾への観光客が増えるかは疑問であるが、これでじっくり台湾に滞在して台湾をよく知ろうとする日本人が出てくるのだろうか。ゲストハウスに泊まり続け、居座ってしまう人も出てくるのだろう(もっとも、そういう人は前述した私の初・台湾訪問当時もいたが)。
 日本を本拠地にしながら研究目的で台湾に滞在する人にはメリットがあるのかもしれない。

 日本も90日のノービザ滞在を認めているケースが多いが、日本に90日滞在するためにはそれなりのお金が必要だろう。台湾は台北だとドミトリーにNT$300/日程度で泊まることができるようだし、食費や交通費も日本よりは安かろうが、それでもいくばくかのお金がなければ90日ノービザ滞在のメリットは享受できなさそうな気がするのだが・・・

|

« 上海でのデモと新幹線の写真と | Main | 2月3日・東京は雪 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/17905737

Listed below are links to weblogs that reference 台湾・ビザなし滞在期間延長:

« 上海でのデモと新幹線の写真と | Main | 2月3日・東京は雪 »