« 『北京三里屯第三小学校』 | Main | 現代の下放?-『激流中国 上海から先生がやってきた~貧困の村で~』- »

2008年2月29日星期五

ステレオタイプな考え方

 中国製冷凍餃子の中毒事件から1ヶ月が経った。
 まず事件そのものについては、当たり前だが再発防止のため原因究明が求められる。今のところ日本側・中国側がそれぞれ自国での混入可能性は低いと主張しているが、原因は科学的に解明されるべきであり、対策も構築されるべきである。

 と同時に気になるのは、この事件により本件に限らず「中国製の食品から薬物検出=中国に原因」とのステレオタイプが確立されてしまったことである。他の同様な中毒事件があったときに原因の有力候補として可能性を指摘するのであればまだ良いが、「薬物混入=中国(での発生)」と決め付けて他の可能性を一考だにしないのは考え方として拙いと思う。先日徳島県で中国製食品から薬品が検出され、後に店で防虫作業にこの薬品を使っておりこれが付着した可能性が強いとされているが、これもニュースとしては「中国製食品の問題」で括られてしまうし、報道を見た人は何も考えずに「また中国製か」という感想を持つだろう。

 中国製品の安全性に対する疑問が高まったのは、玩具に鉛など有害物質を含んでいた事件が多数報じられたことが寄与していると思う。これにしてもそうした有害物質を含むことは厳しく戒められるべきであるのは当然だが、やはり「粗悪品=中国」のステレオタイプで括られがちである。
 数日前にNHKのニュースで、こうした事件を期に食の安全への関心が高まっている例として、都内の地下鉄駅構内にある農産物産直売店の様子を取り上げていた。この直売店では千葉県産で身元や生産履歴がしっかりした、農薬や化学肥料の使用を抑えた野菜やそうした大豆を使った味噌などを売っていて、食品の安全性を意識する人の増加で注目が高まっているとのことである。私も時々この直販店の前を通る。
 このうち野菜は農薬使用量が少ないためか、葉っぱに虫食いが見られるものもある。また、味噌は保存料が使われていないため一般の味噌に比べてカビが早く生える。野菜の大きさが不揃いであることも含めて苦情を言う人がいるとの話であったが、寄せられた苦情の中に「本当は中国産じゃないの?」というコメントを見つけた。典型的な「粗悪品=中国」のステレオタイプである。
 勿論これら野菜や味噌は粗悪品ではなく、虫食いは低農薬の証であるし味噌のカビは保存方法を工夫する(表面にラップを貼る)ことで防ぐことができる。販売店でも生産者から話を聞いて、お客に対応できるようにしているとのことであった。
 中国製食品の事故を機に「食の安全」を心配したにもかかわらず、「粗悪品=中国」のステレオタイプにはまって本質を見抜くことができないというのは、皮肉な話である。

|

« 『北京三里屯第三小学校』 | Main | 現代の下放?-『激流中国 上海から先生がやってきた~貧困の村で~』- »

Comments

「中国産品=粗悪品」からスタートして「中国、中国人いい加減、だから大嫌い」という風に感情も含めて、動いていっているのは良くないですね。一方、中国は中国で、その逆のことで「だから日本、日本人は嫌い」となっているのでしょうから。

感情論のぶつかり合いになり、何も産まないというのが困りますね。まずは冷静に何が原因なのか明確にしないと、このまま中国製は排除。。。では、アメリカ産品は大丈夫なのか?日本製はどうなのか?自分たちで汗水たらして作ったわけでないのに、文句ばかりはいっちょまえという評論家的態度では何も変わらない、進歩がないでしょうね。

Posted by: Guinness | 2008年3月1日星期六 at 上午5:29

Guinnessさん、こんにちは。
このような事件が起きた時に科学的に原因を求め、言うべきことは言い求めるべきものは求めさらに相手が応じなければきっちりとカウンターを返し、しかし感情的な対応は避ける(相手から望む回答を引き出すために計算づくでやるのはアリですが)というのが「大人の付き合い」なのではないかと思います。
仰る通り、深く考えずに攻撃材料を求め、本質に迫らないのは拙いですね。自らの成長なり学習につなげないといけません。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2008年3月3日星期一 at 上午12:29

こんにちは。
またお邪魔してます。
実は私、点心甘栗の会社に勤めているもので、今回の件は他人事ではないというか当事者という感じです。

全ての中国製品に対して色眼鏡というんでしょうか、そういう風に見られてしまってる状況、当分改善されそうもありませんね。

今、日本への加工食品の輸出がストップされています。
(これって報道されてます?)
中国側の今後の動きが気になります。

Posted by: aizi | 2008年3月3日星期一 at 上午8:10

aiziさん、こんにちは。
食品関係にお勤めとのことで、今回の一件はまさに身近に感じておられるおられる訳ですね。日本ではこの件に関するステレオタイプが広がり、また中国製に限らず食品の加工・流通過程は消費者には見え難いところなので、仰るとおりその解消には時間がかかりそうです。
後段の日本への輸出ストップの件ですが、昨日朝のNHKニュースで日本から中国に輸出したコメの通関が滞っていることを取り上げ、その後でその件を取り上げて日中間の食品の輸出入が双方向で止まっているとした報道の仕方をしていました。「日本産コメに対する中国税関の対応」が主だった気がします。
それでは、失礼します。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2008年3月4日星期二 at 上午12:45

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/40318704

Listed below are links to weblogs that reference ステレオタイプな考え方:

« 『北京三里屯第三小学校』 | Main | 現代の下放?-『激流中国 上海から先生がやってきた~貧困の村で~』- »