« 書き忘れたこと | Main | 2008年春・台湾(2)-食べたいわん- »

2008年3月24日星期一

2008年春・台湾(1)-集集線-

 総統選挙の話を続けたので、選挙の話より重い?「鉄」の話を…今回の訪台では、台北の空港に降り立ってから高鐵(いわゆる「台湾新幹線」)に乗り、台湾中部を走るローカル線・集集線を目指した。
 台北空港から連絡バスで高鐵の桃園駅に行き、そこから高鉄に乗って台中駅へ。

Img_4205  但し、高鐵の台中駅は在来線の台中駅とは異なる位置にある。さらに、高鐵の台中駅は在来線の「台中」駅ではなく「新烏日」駅と接続しているので注意。写真は高鐵・台中駅。
 ここから近郊列車(区間車)に乗り、約1時間で集集線の始発駅である二水駅に着く。二水駅では数分の違いで集集線の列車に接続できなかったので、駅前をしばし散策。先に選挙関係のポスターを二水で撮ったのはこうした事情による。
Img_4207Img_4212  二水駅前の様子。午後5時頃なのだが人通りが少なく、些か寂しい。




Img_4220 Img_4227  駅前の商店街には結構古い建物がある。




Imgp0683  集集線の列車は18時発。集集方面から来て台中を目指す列車と、その後に集集方面に向かうべく入ってきた列車が同じホームに並ぶ。


Imgp0685  集集線を目指す列車。




Img_4245 Img_4246  出発して1駅目を過ぎたあたりだっただろうか、歪んだ鉄塔が目に入ってくる。1999年9月21日に台湾を大きな地震が襲い、とりわけこの地域を始めとした台湾中部に甚大な被害をもたらした。集集線沿線にある集集駅は日本統治期から残った建物であったがこの地震で倒壊してしまった。下記の通り駅舎は復興したが、いまだ他の場所で震災の傷跡を見ることになる。

Img_4248  この日は既に遅い時間になったので、水里駅で下車し駅前のホテルに泊まった。



Imgp0700 Imgp0706  翌朝8時過ぎに水里駅を出発し、1駅隣の終点、車程駅を目指す。


Imgp0708 Imgp0709 Imgp0711  車程駅で列車は折り返す。駅は芝生に覆われており、さながら線路が緑の絨毯に覆われているようであった。駅前には遊戯施設があったが、朝早いせいかまだ開業しておらず。短い停車時間を過ごした後で折り返しの列車に乗った。

Imgp0718 Imgp0720 Imgp0726  折り返しの列車を集集駅で下車。先述の通り、歴史ある駅舎は9・21大地震で倒壊してしまったが、資金・技術両方面で各方面からの尽力で再建されている。

Imgp0725  駅前には土産物屋がある。集集線はこの駅舎に代表されるように旅情のある観光路線になっているようで、平日の午前中にもかかわらず観光に訪れる人が目立っていた。


Imgp0732 Imgp0729  駅前には戦車とともに、日本統治期に使われた蒸気機関車が展示されていた。


Img_4266  始発の二水駅から集集線に沿って、また集集駅付近を一周するサイクリングロードが設けられている。



Img_4261 Img_4263  サイクリングロードに沿って路面に線路が敷いてあり、先を見ると蒸気機関車と客車が保存してあった。線路は埋もれているが、走ることはできるのだろうか。


Img_4267  線路沿いの喫茶店。




Img_4278 Img_4282  集集老街。日本統治期に栄えていたがその後衰えていた通りを近年再開発したとのことで、午前中ということもあり人通りは少なかったが、店開きの準備をしている人の姿が目に入った。

Img_4297  子どもたちの遠足か。懐かしいですね。

|

« 書き忘れたこと | Main | 2008年春・台湾(2)-食べたいわん- »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/40618480

Listed below are links to weblogs that reference 2008年春・台湾(1)-集集線-:

« 書き忘れたこと | Main | 2008年春・台湾(2)-食べたいわん- »