« 理論と実践 | Main | 中国西南部-久々に中国のインターネット環境が気になった- »

2008年3月16日星期日

幕張で台湾の新聞を読む

 台湾の総統選挙まであと1週間となったこともあり台湾の新聞を読もうと思い、他に調べたいこともあったので千葉・幕張にあるアジア経済研究所図書館(アジ研)を訪ねた。上海だと台湾の新聞を置いてある喫茶店が何件かありそこに行けばここ数日の台湾の新聞を読むことができたのだが、東京近辺で土日に台湾の新聞を読むことができるところというのはここ以外には思い浮かばない。どなたかご存知の方いらっしゃいませんか?
03152008236  東京駅から電車に乗って30分、海浜幕張駅へ降り立つと、新しいビルが建っていて飲食店の広告が目に入ってきた。海浜幕張にはある時期に頻繁に行っていたのだが、当時は土曜日に訪れると昼食を食べられるところが少なく、どこで昼食を食べようか悩むことが常であった。近日オープンのようだが、飲食店の看板にはタイ料理からファミリーレストランまでいろいろとあったので、今後が楽しみである。古くからある街並みのそばに住むのもいいが、伸びつつある街に住んでその環境の変化を楽しむ、というのも良いかもしれない。
03152008241  アジア経済研究所。以前は東京・市ヶ谷にあったが、1999年にこの地に移転。平日以外にも第1・第3土曜日は図書館が開いている。



03152008238  私が訪れたとき、「満鉄関係資料展」というものをやっており、当時の写真や電報の原文が展示されていた。よく「アジ研は第2次大戦前にあった満鉄調査部がその前身」と言われるが、アジ研と満鉄調査部との直接の関係はなく(アジ研は1958年設立)、この展示の史料も後年古本屋から購入したり他の財団法人から借りてきたものである。アジ研の設立に関わった人の流れや、アジ研が第2次大戦前の近代中国・台湾・朝鮮に関する研究を行っていたこと、アジ研自身が満鉄調査部に関する研究をしたり本を出していることからそう言われるのだろう。
 訪問者が少ない図書館であるが、興味のある本や雑誌が多数ある図書館で半日過ごすのは良いものである。本人が使いこなせるかが問題だが・・・

 アジ研には『中國時報』と『經濟日報』が置いてあった。『聯合報』、置いてなかったかな?
 『中國時報』の今月分をめくってみる。台湾の新聞は総合・地域・経済・芸能&スポーツ・生活というように分けて綴じられており、全部合わせると1日の紙面が60ページくらいになる。ついつい芸能欄をめくって知っているタレントや日本の芸能人の記事を読んだり、生活面でパソコンや旅行の記事を読んでしまう。図書館に行ってこれではいけませんね。
 総合面でも、総統選挙間近なのだが野球の台湾ナショナルチームの五輪出場がかかった最終予選の時期でもあり、総統選挙を押しのけて最終予選の話題が紙面を飾る日もあった。五輪出場権を獲得したとのことで、本戦での活躍と日本との対戦が楽しみである。

 その総統選挙であるが、3月12日以降は世論調査の発表が禁じられているとかで、その前日の『中國時報』に載っていた世論調査では野党・国民党の馬英九陣営が44%、与党・民進党の謝長廷陣営が29%の支持率ということであった。先の立法院選挙で大敗を喫した民進党にとっては態度を決めかねている人のほとんどを取り込み、さらに現在馬英九を支持している人にも食い込まなければ勝利はなく、厳しい選挙戦と感じた。しかしながら日本の新聞では謝長廷陣営の追い上げがここにきて目立つとの報道もあり、まだフタを開けてみないとわからない、という域にはあるようだ。
 選挙の時には各陣営が大きな新聞広告を出し、時には相手候補の中傷も載っていたりする。謝陣営の宣伝はあまり見られなかったが、馬陣営が中国との経済関係を発展させようとする一方で農産品は輸入しないなど是々非々で対応するとして不安を和らげようとしている印象があった。
 この週末、台湾の人たちの選択や如何に。

 このほか、台鉄(台湾の鉄道)の近郊列車に自転車で乗れる列車が試験的に運行されたとか、「台大人有『台大病』?」というタイトルで台湾大学の学生がプライドが高く挫折を恐れているというコラムが載ったかと思うと数日後に「誰が『台大病』だって?」と反論する読者の投稿があったりして、台湾の新聞を読むというのは楽しいものがある。
 台湾の新聞が手に入り時間があるのであれば、台湾の新聞の見出しにツッコミを入れるというブログをやるのも面白いし誰か日本語でやってないかな、と思った。

|

« 理論と実践 | Main | 中国西南部-久々に中国のインターネット環境が気になった- »

Comments

こんにちは。
路線が限られてるようですが、市内を走るMRTで土日の自転車乗り入れ可車両(先頭だったか最後尾だったか)ありました。実際乗り込んでる家族連れも見かけましたよ。
値段はいくらくらいだったかな~。

Posted by: aizi | 2008年3月17日星期一 at 下午2:08

aiziさん、こんにちは。
実物をご覧になられましたか。新聞記事ではまだ臨時運行の段階だそうで、運賃は自転車1台につき大人1人分だったような気がします。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2008年3月18日星期二 at 上午12:05

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/40528564

Listed below are links to weblogs that reference 幕張で台湾の新聞を読む:

« 理論と実践 | Main | 中国西南部-久々に中国のインターネット環境が気になった- »