« 現代の下放?-『激流中国 上海から先生がやってきた~貧困の村で~』- | Main | 理論と実践 »

2008年3月6日星期四

台湾物産館@笹塚

Img_4172 京王線の笹塚駅で電車を降り、甲州街道に出たところに台湾物産館がある。上海在住時に一時帰国した際に笹塚駅に広告を出していたのが気になっていたので、今回足を運んでみた。
 この台湾物産館、台湾産の果物・お菓子・お茶・調味料・お酒・飲料・冷凍食品やインスタント食品などを売っている。例えば大久保界隈にある韓国食材店だと韓国料理の食材のほかに(韓国とは関係なく)野菜なども幅広く売っておりさしずめスーパーという感じで、その店で今日のおかずの材料を揃えることもできるのだが、この台湾物産館は乾物中心の品揃えで、台湾産食品の展示販売場という感じである。正直なところ、例えば「康師傅」のインスタントラーメンを買いにわざわざ笹塚まで足を運ぶかなぁ・・・というところではあるが、それでも地元の方々が買い物に来ており、お茶やお菓子などを買っていた。
Img_4176  折角なので、「冬粉」を購入。要は春雨のことで、水につけて戻した後で調理するのは普通のスーパーで手に入る春雨と一緒なのであるが、対台湾の屋台で見られる「冬粉」の雰囲気を楽しみたい。
 台湾物産館にはちょっとした食事スペースもあり、麺やデザートが食べられるようだ。ウェブサイトに載っているマンゴーかき氷はおいしそうなので、機会があれば試してみたい。魯肉飯や担仔麺などお手頃価格で出してくれないかな。

|

« 現代の下放?-『激流中国 上海から先生がやってきた~貧困の村で~』- | Main | 理論と実践 »

Comments

こんばんは~
日本であの店は第一軒台湾の食料品を売る店ですか。あそこに魯肉飯も担仔麺もあります!?でも、台湾で食べたほうがいいです。統一のインスタントラーメンはおいしいです。台湾のコンビニに日本の食料品やチョコがあります。時々私はキャンディーを買います。

看來這家店的裝潢不錯,裡面有很多客人嗎?
這家店好像在巷子裡,不過有做廣告慢慢就會有知名度了,
希望越來越多人知道"台灣物產館"!

Posted by: Gill | 2008年3月8日星期六 at 下午6:35

Gillさん、こんにちは。
この店では鍋焼鶏糸糸麺と米粉湯を食べることができますが、魯肉飯と担仔麺はありません。おっしゃるとおり、魯肉飯や担仔麺は台湾で食べるのが良いですね。

這家店在面對車道的公寓的一樓. 訪問的時候裡面人不算多, 但我也希望越來越多人喜好台灣菜和台灣食品.
下下個星期我要到台灣去, 期待享受好吃的魯肉飯和担仔麺!

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2008年3月8日星期六 at 下午10:10

こんばんは~
私は日本へ行ったことがないです。夏休みに日本へ行きたいです。でも、やっぱり日本語がもっと上手なって行きます。

はぎお@貴ノ浪世代さん的中文很好,也來台灣好幾次,用中文溝通應該沒問題,所以是自助旅行!?不論如何祝您旅途愉快,盡情享受台灣的美食!

Posted by: Gill | 2008年3月9日星期日 at 下午10:22

Gillさん、こんにちは。
台湾の新聞を読むと、日本旅行の広告がたくさん載っていますね。そのうち是非日本にお越しください。

逛街也好, 吃飯也好, 訪問台灣是很有意思的. 我期待經過這次旅遊遇到很多事物, 而更認識台灣.

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2008年3月10日星期一 at 下午10:59

またまたこんばんは。
週末から台湾に遊びに行っていて、今夜帰ってきました。

HPを見た感じ、池袋北口や新大久保などと違ってきれいな店舗のようですね、あのカキ氷はまた食べたいなー!!

Posted by: aizi | 2008年3月11日星期二 at 下午11:09

aiziさん、こんばんは。
台湾に行かれたとのこと、良いですね。私はスイーツ系では木瓜牛奶がお気に入りです。
台湾物産館は甲州街道沿いにあり、池袋や新大久保と違って台湾系・中国系・韓国系の雰囲気はないのですが、池袋などとは違う雰囲気の街で頑張って欲しいですね。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2008年3月12日星期三 at 下午9:36

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/40403479

Listed below are links to weblogs that reference 台湾物産館@笹塚:

« 現代の下放?-『激流中国 上海から先生がやってきた~貧困の村で~』- | Main | 理論と実践 »