« 中国語の電子辞書 | Main | 聖火その後 »

2008年4月24日星期四

3年前は日本、そして今フランス

 3年前の今頃は日本がターゲットになっていたのですが、今年は法国がターゲットですか。
 最近帰りが遅いことが多くインターネットに接続する時間がなかったのでまた話題に乗り遅れた感があるが、幕張にもある法国系のスーパーマーケットが中国でデモのターゲットになっていると報道されている。NIKKEI NETによる記事

仏カルフールへのデモ、中国10都市に拡大

 【北京=尾崎実】中国各地で起きたフランスへの抗議行動で、国営の新華社は20日、仏小売り大手カルフールに対するデモが、新たに陝西省西安市と黒竜江省ハルビン市、山東省済南市で起きたと報じた。同様のデモは内陸部の重慶市でも発生。北京五輪聖火リレーへの妨害などに反発した抗議は中国の計10都市にまで広がった。

 新華社によると西安、ハルビン、済南の各都市で同日朝、カルフールの店舗前に多数の人々が集まり、「チベット独立反対」などとシュプレヒコールを繰り返した。西安では横断幕や拡声機を持った学生や市民ら約1000人が参加。米CNNテレビのコメンテーターによる対中批判発言に対して「CNNを非難する」などと抗議したという。
 日本の商社によると重慶のカルフールでは、若者ら数百人が「北京五輪を支持する」などと書かれたプラカードを持って抗議。店舗前で通行人らに「地場のスーパーに行こう」と呼びかけた。
 中国では19日までに、カルフールを標的にしたデモが北京のほか、雲南省昆明市や海南省海口市など計6都市で相次いでいた。20日付の中国共産党機関紙、人民日報は1面で「愛国主義は理性的に表現すべき」と論評。同趣旨の論文掲載は2日連続で、繰り返し過激な行動を戒めた。(19:39)

 企業名や国名が記事の中に書かれていては伏せ字にならないですね。
 北京五輪の聖火リレーがフランスで妨害されたので、中国ではその仕返しとばかりにフランス系スーパーマーケットのカルフールがデモの対象になっているのだとか。
 五輪開催が国威発揚や愛国心喚起に結び付くだろうし結びつける開催国と、やはり五輪に政治的なものを結びつける人達との衝突か。こうしたことは五輪を介在させずにして欲しいものである。特に開催国、アウェーでやられたから自国で仕返しとは感心しない。しかも国名でひとくくりにするという単純な発想で。
 それにしても今回の五輪、世界各国を「聖火が無事通過した」ことが話題になるというのもいかがなものか。どうせなら開催国の特権で聖火を独占し、国内のみで聖火リレーをしてもよさそうなものであるが。更に、自国の尊厳を維持するために他国に対して聖火警備のための人員派遣を求めるとは、かつて自国が19世紀に各国にされた治外法権の仕返し、と穿った見方もしてしまう。
 そうは言ってもいろいろなスポーツで五輪を目指す人達が今しのぎを削っているわけだし、本大会では金メダルの名誉をかけて戦うわけである。もっと言うと、クーベルタン男爵の精神で世界各地から選手が集まるわけである。もっとも最近では予選で絞られることもあり、「参加することに意義がある」の意味は変わりつつあるが。
 アウェーで戦う日本選手や各国の選手の活躍を期待したいし、それを迎え撃つ開催国選手の力量やいかに。世界的スポーツ大会での各選手の活躍を願いたいものである。

 冒頭で触れた家乐福=カルフール(家を楽しくし福をもたらす、とは考えた当て字ですね)、上海では日本人が多く住む古北地区にも店がある。このあたりは3年前にやはりこのあたりに多い日本飯屋がデモのターゲットになったのだが、今回は無事なのだろうか。

|

« 中国語の電子辞書 | Main | 聖火その後 »

Comments

こんばんは。
上海ではデモというより不買運動のようですね。
金橋カルフールは3分の1くらいしかお客さんがいないらしいです(浦東在住の友人情報)。

Posted by: aizi | 2008年4月28日星期一 at 下午8:01

aiziさん、こんばんは。
なるほど、不買運動ですか。この店で買うなというのは、報道やネットを見ていると自然とそう思わされてしまうのでしょうか、あるいは煽られるのか…ダノンとワハハの一件もそうですが、中国とフランスはうまくいかないことが目に付きます。
情報ありがとうございます。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2008年4月28日星期一 at 下午9:28

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/40985607

Listed below are links to weblogs that reference 3年前は日本、そして今フランス:

« 中国語の電子辞書 | Main | 聖火その後 »