« 3年前は日本、そして今フランス | Main | 『ソトコト』5月号 »

2008年4月26日星期六

聖火その後

 前回五輪の聖火のことを書いたが、記事を書いて寝て起きた朝、ヘリコプターが住んでいるマンションの頭上を通っていった。勤め先に向かうために部屋を出るときに、管理人さんが「今聖火を載せたヘリコプターが飛んでいきましたよ」と仰った。nikkansports.com記事によると聖火はバスで長野に向かったとのことなので、管理人さんが仰ったのは警備の為のヘリコプターのことだったのかもしれない。

聖火がバスで長野市内ホテルに到着

 北京五輪の聖火が25日朝、中国国際航空のチャーター機でオーストラリアから羽田空港に到着し、同日昼前、バスで長野市に入った。26日に18・7キロのルートを80人の手でリレーされる。5大陸を巡るリレーでは16カ国目。警視庁は空港周辺の警備に約200人を動員し、国際線ターミナルは物々しい雰囲気に包まれた。

 駐機場に入ったチャーター機にタラップが付き、北京五輪組織委員会の李炳華副会長が聖火がともる銀色のカンテラを手に現れ、地上で崔天凱駐日中国大使や猪谷千春国際オリンピック委員会副会長らが出迎えた。

 聖火はその後、入国手続きを終えた約130人の随行員らとバスに分乗し、高速道路を使って長野市のホテルに着いた。
(以下略)

 そして日付変わる前の26日に長野で聖火リレーがあったとのことで、ニュースでは星野監督や北島康介選手や卓球愛ちゃんが聖火リレーをした旨を報道していた。が、愛ちゃんこと福原愛選手がランナーを務めるときに男が乱入して取り押さえられたとのことである。夜のTBSのニュースではこれも含めて6人が逮捕されたとか。
 ここまで揉める聖火リレーというのもなぁ・・・市民から乖離する五輪にしてしまうのも残念なところである。
 相手を非道だと非難するのであれば自らが非道で応じてはいけないと思うし、説得力に欠けるのではないだろうか。あるいは、非道に頼るしかしかたがなかったのだ、と他の人達に納得させるだけのことを主張しなければならなかろう。
 五輪が国威発揚など政治的色彩を帯びている側面は否めない。が、繰り返しになるがそういうものは極力薄めて、世界中から来た選手がしのぎを削るスポーツ大会としての五輪を楽しみにしたい。

|

« 3年前は日本、そして今フランス | Main | 『ソトコト』5月号 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/41005078

Listed below are links to weblogs that reference 聖火その後:

« 3年前は日本、そして今フランス | Main | 『ソトコト』5月号 »