« 北京五輪・折り返しに想う | Main | 北京五輪・最終日に想う »

2008年8月19日星期二

ひかりTV

 先日、私の部屋にひかりTVを導入した。ひかりTV、要はインターネット経由で見るテレビである。
 スカパー!に入ろうかと思ったのだが、部屋に勝手に穴を開けてアンテナをつけたり線を引くことはできない。スカパー!にはやはりインターネット経由で見ることができるスカパー!光というのがあるのだが、これは光回線を独り占めしていなければならず、マンションで回線を共有している私は入ることができない。そこで、似たサービスであるひかりTVに申し込んだ次第である。
 テレビの基本料金で見ることができるチャンネルが40チャンネルもある。こんなにたくさんの番組は見ることができないし、番組表を見ると同じ番組を繰り返し放送している場合もありコンテンツの少なさが否めない場合が少なからずあり、見ることがあるのかと思った。しかし実際に加入してみると、旅チャンネルを見て日本中や世界中を旅した気分になったり、『機動戦士ガンダム』や『キン肉マン』を見て懐かしい気分になったりと結構見てしまうものだ。今後ヨーロッパのサッカーを見たりできそうだし、なかなか楽しめそうである。

 ひかりTVが開通してすぐ、有料のオプションサービスである鳳凰衛視CCTV大富そしてTVB大富に申し込んだ。それぞれ中国語の番組のチャンネルであり、日本語の字幕はここまで見たことがない。コマーシャルも現地のそれである。部屋でも台湾・中国気分をというのもあるし、放送時間は少なそうだが台湾や香港の歌のプロモーションビデオを視るのに憧れていたのである。中国語のヒアリング能力向上のため、というのもある。
 五輪期間中ということもあり、CCTV大富では姚明とその彼女(結婚相手)のストーリーを特集したりと五輪関係の番組が多い。他のチャンネルも含め、それぞれぼちぼちと見ようと思う。

 もっとも、これらのチャンネルを見て中国や台湾と同じだと思うわけにはいかない。CCTV大富は中国のCCTV(中国中央电视台)の番組を放映しているが、当の中国ではCCTVだけで10チャンネル以上あり、さらに各地の放送局を衛星放送やケーブルテレビへの配信で見ることができる。台湾では、地上波ベースの放送局のほかにそれこそスカパー!やひかりTV同様に様々なジャンルの番組を見ることができ、台湾でホテルに泊まってテレビをつけると、100くらいのチャンネルがある。他方TVB大富は香港のテレビ局「TVB」のダイジェストであり、台湾で見ることができる番組のごく一部ということになる。
 そのあたりを勘違いしないようにしつつ、それぞれのチャンネルで放送される番組を見て楽しんだり中国語能力の向上に役立てたりしたいものである。

|

« 北京五輪・折り返しに想う | Main | 北京五輪・最終日に想う »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/42217204

Listed below are links to weblogs that reference ひかりTV:

« 北京五輪・折り返しに想う | Main | 北京五輪・最終日に想う »