« 『中国・庶民の改革開放30年 第3回 失意からの出発~上海~』 | Main | 2009年・元旦 »

2008年12月25日星期四

「台南担仔麺」でランチ

P1000104  所用があり、休暇を取って新宿界隈をうろうろしたが、その際に先日紹介した職安通りの「台南担仔麺」で昼食をとろうと思い立ち、また行ってみた。






P1000096 おかず一皿とサラダ、それに加えて食べ放題のスープ・ご飯・炒麺・デザート。これで750円はお値打ちといえよう。
 「食べ放題」と聞くとついつい食べ過ぎてしまうのが悪い癖である。





P1000111  所用を済ませ、新宿西口を歩くと変わった形をした新しいビルが目に留まる。中央部が出っ張った曲線形である。
 このビル、モード学園コクーンタワーの地下にはブックファーストが入っている。「新宿西口最大級の書店」との触れ込みだが、行き慣れていない本屋ではどこにどんな本があるのか、ありそうなのかなかなかわからない。このあたりは昔からある書店のほうが本を探しやすい。
 並べてある本の多さに、本との出会いも「一期一会」なのではないかと思った。目に留まったときに手にして買うか買わないか決めないと、次いつ出会えるかわからない。

|

« 『中国・庶民の改革開放30年 第3回 失意からの出発~上海~』 | Main | 2009年・元旦 »

Comments

こんにちは、西新宿ネタなので出てきたアラフォーです。さて「新宿西口最大級の書店」ですが、もともと新宿西口にはあまり大きな書店がないので、「最大級」はそりゃそうだけどなんだかなあ、と。で、この書店、私も「どこに何があるのか」わかりにくく感じました。本を探しに3度くらい行きましたが、やっぱりうろうろと迷ってしまう・・・。頭の造りが硬直化してきたのかなあ。特定の目的で本を探すというより、うろうろと歩いて意外な本に出会う楽しみに向いている本屋かもしれません。ではでは。

Posted by: rongrong | 2009年1月7日星期三 at 上午4:24

rongrongさん、こんにちは。
「新宿西口最大級の書店」、どこに何があるのかなかなかわからない上に、同じ階でも何部屋かに仕切られていてさらにそれが地下2階と地下1階に分かれているので、別のジャンルの本の売り場に行くのがえらく遠く感じました。「激安の殿堂」のように店内をうろうろさせていろいろ手に取ってもらおうということなのでしょうか。では。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2009年1月7日星期三 at 下午10:28

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/43531622

Listed below are links to weblogs that reference 「台南担仔麺」でランチ:

« 『中国・庶民の改革開放30年 第3回 失意からの出発~上海~』 | Main | 2009年・元旦 »