« 2009年春・台湾(1)台北・寧夏路夜市 | Main | 中国から見られない動画サイトと、見られない中国の動画サイト »

2009年3月24日星期二

2009年春・台湾(2)花蓮・吉安慶修院

 前回の続き。翌日、目的地に向かうには一旦花蓮へ行ってから東部幹線を折り返したほうが便利なので、まず列車で花蓮に向かった。4年前に太魯閣を訪れたことがあるが今回は花蓮は素通りと思いつつも折り返しの列車まで2時間以上あるのでさてどうしようかとバス停のあたりをうろうろしていたら、こちらが日本人だと気付いた年配のタクシーの運転手が「日本時代の『農業移民村』がある」と教えてくれたので、その運転手に紹介されるがままにタクシーに乗ってそこを目指すことにした。
Imgp3987  メーターでNT$200くらい走って着いたのは、日本の様式のお寺、「吉安慶修院」というところであった。日本統治期にこのあたりに四国出身者が多く移住し農業に従事したとかで、運転手が言った「農業移民村」(日本語です)はその頃の農業に従事した移住者の集落のことを指していっているのだろう。この吉安慶修院は、そうした移住者のために建てられた寺院であり、弘法大師が祀られていた。

Imgp3981  四国からの移住者が多い地域のお寺らしく、境内には四国八十八箇所の御本尊が置かれ、このお寺に詣でることで四国八十八箇所を巡る遍路をしたのと同じご利益が得られるとされているのだとか。




Imgp3977  その簡略な「八十八箇所参拝」について触れた説明書き。






Imgp3982  やはり境内にある百度石。願掛けをするときはこの周りを100周して祈願し、成就したらお礼参りとして1000回この百度石の周りを回るのだとか。




 もっとも、これらは1990年代に入ってからの復元が殆どである。第2次大戦後にここに建てられた、観音を祭る寺院が1980年代に焼失したが、その後ここが1997年に花蓮県の旧跡に指定されたのを機に日本統治期の様子がここに復元され、当時の建物を復元したり弘法大師像や仏像を日本から呼び戻したり新たに建てたりしてかつての姿を取り戻したのだそうである。
 運転手が言っていた「農業移民村」の名残だろうか、境内でキャベツが売られており地元の人が買っていた。日本にゆかりがあるとは言え、日本に持ち帰るのは植物検疫の絡みもあり難しいでしょうね。
 日本式の寺院や弘法大師像、四国八十八箇所に関連する御本尊や遍路の説明を花蓮で見ることができる。この運転手は花蓮駅への帰り道で「日本統治期があったおかげで、蒋介石は何もせずに台湾を発展させることができた」と言っていた。日本人相手のリップサービスもあるだろうし事はそう単純ではなく、更に日本統治期に当地の原住民が起こした反乱「七脚川事件」に関して触れた案内も境内にある。それでも、蒋介石・蒋経国時代を経て今日またかつての姿を花蓮に復元し、台湾の人たちが足を運ぶ場にしようとしているのが印象深い。太魯閣観光の拠点として前回訪れ、今回は2時間あまりの滞在であった花蓮であるが、まだまだ見るべきところがありそうである。

|

« 2009年春・台湾(1)台北・寧夏路夜市 | Main | 中国から見られない動画サイトと、見られない中国の動画サイト »

Comments

こんにちは。先日、四国八十八箇所を巡り終えたところなので、食いついてしまいました(笑)。「ミニ八十八箇所」は遍路の途中で何度か出会いましたが、台湾にもあるとは驚きです。ちょっとずんぐりした雰囲気の弘法大師像は、日本にあるのとそっくりですね。台湾では「遍路」がどのように紹介されているのか、興味深いです。ではでは。

Posted by: rongrong | 2009年3月25日星期三 at 下午2:02

rongrongさん、やはり!コメントを戴きありがとうございました。
境内には上述の「簡略な」八十八箇所のみならず、四国八十八箇所遍路についての地図つき説明もありました。記述は記録しませんでしたが…
当時花蓮に住んでいる人は本当に遍路をしたり遍路を身近に見るのは難しかったでしょうから、ミニ八十八箇所はご利益だけでなく遠くにありて故郷を思うという意味もあったのだと思います。では。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2009年3月25日星期三 at 下午9:55

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/44458913

Listed below are links to weblogs that reference 2009年春・台湾(2)花蓮・吉安慶修院:

« 2009年春・台湾(1)台北・寧夏路夜市 | Main | 中国から見られない動画サイトと、見られない中国の動画サイト »