« 海南鶏飯食堂@麻布 | Main | 労働節の日に『赤壁-決戦天下』を観る »

2009年4月30日星期四

2009年春・台湾(番外編)列車の写真

Imgp4313 先月の台湾旅行の写真の中から、「鉄分の濃い方に捧げる」写真を時系列を問わずいくつか。まずは宜蘭駅に入ってきた「太魯閣号」。振り子式を採用しており高速で走ることができ、所謂台湾新幹線=台湾高鐡が走っていない台湾東岸の主要都市間の足を便利にしてくれる。
 今年初めに放映された『世界の車窓から』では一ヶ月前から予約で一杯だということを言っていて本当かと思ったが、実際に窓口に行って台北行きの切符を買おうとしたら満席で断られた。他の自強号とは違い立席特急券(無座)は売ってくれないので、残念ながら乗ることは出来なかった。
Imgp4314  結局宜蘭から台北への足に使ったのは「区間快車」。日本語で言うと快速列車か。宜蘭から台北までの所要時間は、上述の「太魯閣号」による自強号が格段に短いが他の自強号・莒光號と区間快車ではそう差がなく、駅のベンチのような座席で我慢できるのであればこれで移動するのもいいだろう。
 以前は「区間車」というと下写真の電車がおなじみであったが、最近は「区間快車」にはこの写真のような新造車輌が使われているようだ。この新型車輌は一部が日本の日本車輌製で、あとは台湾との合弁企業で作られているのだとか。

Imgp4052  こちらは台湾で以前からよく見かける「区間車」(各駅停車)の電車。






Imgp4134  こちらは武塔駅にて、待ち時間の間に通過してきた太魯閣号を写真に撮ろうとしたのだが、咄嗟のことだったので車輌の後ろ側にピントが合ってしまった。他の自強号などに比べると格段に速い。




Imgp4047 Imgp4124  台湾では機関車に牽かれた貨物列車も頻繁に見ることができ、このあたりも少し前の日本の景色と重なるところがあるのだろう。



Imgp4099  武塔社区にて。自強号は小さな社区など関係ないかのようにすれ違っていくが、この社区の人たちはそれを毎日見て過ごす。






Imgp4338  台湾東岸とは違い、台湾西岸では台湾高鐡がすっかりお馴染みである。左営駅にて。

|

« 海南鶏飯食堂@麻布 | Main | 労働節の日に『赤壁-決戦天下』を観る »

Comments

こんにちは!「鉄分濃いめ」なのに、見落としてました(*^.^*)
高速系の車両、かっこいいですね。日本で走っていても違和感がなさそう。ぜひ乗ってみたいものです。では。

Posted by: rongrong | 2009年6月3日星期三 at 上午5:32

こんにちは。
台湾高鐡の車輌は日本の新幹線が原型なので日本でも馴染むでしょうが、太魯閣号のデザインはヨーロッパの鉄道に近いイメージがあります。日本だと九州で見られる車輌に近いでしょうか。それでは。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2009年6月4日星期四 at 上午5:53

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/44851089

Listed below are links to weblogs that reference 2009年春・台湾(番外編)列車の写真:

« 海南鶏飯食堂@麻布 | Main | 労働節の日に『赤壁-決戦天下』を観る »