« 2009年春・台湾(番外編)玄関の外で靴を脱げ? | Main | 清明節の桜 »

2009年4月5日星期日

『NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー 第1回 アジアの一等国』

 『NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー 第1回 アジアの一等国』という番組を観た。この「JAPANデビュー」というのがどのようなシリーズなのかよくわからないが、今回は「日本が一等国として世界に認められるための過程」として日本の台湾統治を取り上げていた。
 当初台湾住民の抵抗に遭い困難にあった台湾統治が、後藤新平の時代に一定の安定を確立しそれゆえに先に植民地を持っていた欧州諸国に日本が認められてゆくことになったこと、当初の「一定の距離をとるやり方と同化との折衷」である現地法に基づく統治から次第に「同化」=皇民化政策へと舵を切っていった日本のやり方について触れ、それにまつわるエピソード…台湾議会設置請願運動に参加した蒋渭水や日本の統治を円滑にするために協力した台湾の人などを紹介しつつその子孫や日本統治期を知る人たちへのインタビューで当時の台湾統治を説明する番組であった。
 番組の最後に日本統治期を生きた人が街でマイクを向けられたときに「(日本統治期の)台湾の若者が日本の民とともにお国のために尽くしたことを知って欲しい」と日本語で言ったこと、またフランスの学者(フランスも世界各地に植民地を持っていた)が「もっと他の国のことを知り、自分たちがスタンダードではないことを知るべきだ」と言っていたのが印象に残っている。前者の年配の方の話は「日本の80(歳)代の人に知って欲しい」と話していたが、我々の世代や若い世代も台湾や周りのことを知るべきであろう。時を経て今日でも台湾では日本の現代大衆文化が広く伝わり、新聞では日本のことをよく取り上げているし日本の番組に特化したテレビチャンネルもある。台湾の人たちが日本を見るように、我々ももっと台湾なり周りのことにもっと関心を持っていたいものである。

|

« 2009年春・台湾(番外編)玄関の外で靴を脱げ? | Main | 清明節の桜 »

Comments

コメントさせていただきます。


日本からの視点ではなく、台湾の人からみた視点で「日本が統治時代に行ってきたこと」を纏めた番組が台湾で作られており、それがYouTubeにアップされております。大変参考になると思いますので是非ご覧ください。以下にそのURLを示しておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=oXNPrxxuCXg&feature=related

Posted by: | 2009年4月7日星期二 at 上午12:23

コメントありがとうございます。リンク先は個人の方がテレビ番組をアップしたもののようですが、著作権は大丈夫なのでしょうか。
リンク先はさておき、『~アジアの一等国』では台湾統治を「欧州諸国が行っていた植民地支配を実践し以て『一等国』との印象を与えせしめる」ための過程として取り上げ、今となってはネガティブな部分を多く取り上げていました。台湾の近現代を語る際には統治期に台湾の生活水準や産業水準が向上したことや、その前の清朝下の時代や後の国民党政権時代にも触れないといけないのでしょうし、さらに「台湾アイデンティティ」を持ち得るようになった過程にも話は及ぶのでしょうが、『~アジアの一等国』ではそのあたりは切り捨てて「一等国」であることを早く見せ付けるために発動した強権的な面にスポットを当てた感があります。

Posted by: はぎお@貴ノ浪世代 | 2009年4月8日星期三 at 上午12:14

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/44579638

Listed below are links to weblogs that reference 『NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー 第1回 アジアの一等国』:

« 2009年春・台湾(番外編)玄関の外で靴を脱げ? | Main | 清明節の桜 »