« 内藤大助の防衛戦・上海開催は中止 | Main | あれから20年 »

2009年5月26日星期二

続々・中国の携帯電話

 長らく第2世代のGSM方式が主流であった中国の携帯電話だが、今年に入ってより高速な通信が可能な第3世代(3G)の通信方式の免許が各キャリアに交付され、今年を「3G元年」と位置付けて主に都市部で売り込んでいくようである。
 その3Gの通信方式であるが、中国移動(China Mobile)が中国独自規格といえるTD-SCDMA、中国聯通(China Unicom)がW-CDMA、中国電信(China Telecom)がCDMA2000である。中国聯通のW-CDMAは日本のNTTドコモ・ソフトバンクと、CDMA2000はAUと同規格なので、周波数帯があえばローミングが可能である。今後暫くすると、中国で日本の携帯電話のスイッチを入れると中国聯通や中国電信の3Gにローミングされるのだろうか。もっとも、日本と同様にウェブサイトを見たりすると高額なローミング料の請求が来そうだが…

 気になるのは中国移動がTD-SCDMAを使っていることである。中国最大手の中国移動が中国独自規格であるTD-SCDMAを使っていることで、各メーカーに「中国で売りたければ中国独自規格のTD-SCDMAを携帯電話に組み込みなさい」と言っているように取れる。今までは各メーカーが他国で売っている携帯電話を中国で売ろうとするときには3Gの通信を組み込まないものに改めて中国市場に投入しないといけなかったが、今後は3GをTD-SCDMAに差し替えて投入しないといけないのだろうか。また、発展途上国への影響力を利用してこの規格を普及させて主導権を握ろう、という計画があるようにも取れる。

Img_0037  かつて上海にいた頃に日本に一時帰国すると、日本の携帯電話がとても大きく見えたことがあった(その時の記事はこちら)。中国にいた頃は略通話オンリーだったので機能がシンプルな携帯電話で事足りていて、余分な機能はついていない小さな携帯電話を使っていた。GSM方式で通信速度に期待できない頃にあっては大きな画面は不要で、携帯電話にカメラ機能や音楽機能やスマートフォンを期待するのでなければ小さな携帯電話で事足りたのだと思う。
 写真は私が中国で使っていた携帯電話(但し写真はフランスでローミング中)。MOTOROLAのMOTO C168という、電話とメールとFMラジオというシンプルなもので、写真だと大きさがわかりにくいが78グラムと軽量であった。
 が、3Gになるとより高速な通信が可能になり、料金を別にすれば細やかなウェブサイトを見ることができたり音楽ダウンロードがスムーズになるなど今までとは違った通信環境になる。日本だと携帯電話を「電話」として使っている人よりは電車の中などでウェブサイトを見たりと「電話以外の用途で携帯電話を使っている」人をよく見る。くどいようだが料金を別にすれば同じことが中国でも可能になる。
 前述したように日本の携帯電話が大きいのは大画面を備えてウェブサイトやメールの閲覧など「電話以外の用途」を充実させた結果である。中国でも日本と同様になると見込んで日本同様に大画面&大きな携帯電話を中国市場に投入していけるのか、都市部など一部だけにそうした利用者がいてもペイするのか、あるいはやはり電話とメール中心の利用者が引き続き大多数を占めるので今までとあまり変わらないのか、中国側がどう仕向けるかも含めて日本や各国のメーカーの関心毎であろう。

 日本の「ケータイ文化」、前述のような3Gを用いた電話以外の用途の売込みを日本側が図っているのだとか。フジサンケイビジネスアイ記事より(配信は共同通信)。

日中、携帯電話協力で合意 「3G元年」の中国に売り込み

 鳩山邦夫総務相は5日、北京で中国の李毅中工業情報相と会談し、中国で今年免許が交付された第3世代携帯電話(3G)のコンテンツ分野で協力を進める覚書に署名した。
 光ファイバー回線並みの高速通信ができ、日本で来春以降に実用化が見込まれる次世代携帯電話の研究開発でも協力する。
 NTTドコモの山田隆持社長をはじめ、携帯電話各社のトップらが会談に同席、官民合同で6億人を超える利用者を抱える中国に日本の進んだ「ケータイ文化」の売り込みを図った。
 日本ではドコモの「FOMA」など3Gのサービスが普及しているが、中国政府は年初に3Gの免許を国内通信3社に交付、「3G元年」と位置付ける。最大手の中国移動通信が中国独自の「TD-SCDMA」、中国聯通がドコモやソフトバンクモバイルなどと同じ「W-CDMA」、中国電信がKDDIと同一の「CDMA2000」を採用している。(共同)

 

NIKKEI NET記事では、上述のソフト面のみならずハード面でも中国における第3世代やその後のインフラ整備で日中が相互協力していくことが伝えられている。

次世代携帯、日中が協力 端末やインフラ整備、首相会談で合意へ

 麻生太郎首相と中国の温家宝首相は29日に北京で会談し、次世代携帯電話の開発に向けた技術協力の枠組みづくりで合意する。中国で主流となる通信規格が、日本と同じ第三世代携帯電話(3G)や、第3.9世代(3.9G)に移行するのを見据え、両政府が新たな端末開発やインフラ整備で連携する官民協力を主導。動画などコンテンツの共同研究も促す。技術協力をテコに約6億5000万件とされる世界最大の携帯電話市場への日本企業の進出を後押しする。
 麻生首相は29日から中国を訪問。両首相の会談では、戦略的互恵関係の強化の一環として、次世代携帯電話を柱とする情報通信技術分野の協力で合意する見通しだ。

 フジサンケイビジネスアイの記事ではNTTドコモの名前が出ているが、日本のキャリアのみならず日本のメーカーにしても、かつて中国市場で成功したとはいえなかったが今回の3G導入で巻き返しを図り、大画面など3G対応で売り込みたいというところもあるだろう。

 もう1つ、3Gの下では「接続制限」などはあるのだろうかが気になるところである。PCからの閲覧同様にウェブサイトの閲覧制限は3Gの下でコントロールされるのだろうか。されそうな気がするが。

|

« 内藤大助の防衛戦・上海開催は中止 | Main | あれから20年 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/45131756

Listed below are links to weblogs that reference 続々・中国の携帯電話:

« 内藤大助の防衛戦・上海開催は中止 | Main | あれから20年 »