« 2009年・ポルトガル旅行(5)FC Porto VS CD Nacional | Main | 2009年・ポルトガル旅行(7)ポルト・サンタ・カタリーナ通り »

2009年9月12日星期六

2009年・ポルトガル旅行(6)ポルト・ドン・ルイス1世橋を渡ってワイナリーへ

Imgp6785  前回の続き。サッカー観戦まで慌しく動き回ったあとはポルトを基点にまわりの街を訪ねていたのだが、ポルトに戻ってまだ時間があった日にドウロ川岸のワイナリーを訪ねた。
Imgp6750  ワイナリーがあるのはドウロ川の対岸であり、ドン・ルイス1世橋を渡らないといけないのだが、サン・ベント駅から橋に向かうその手前にも趣のある通りがある。写真はRua das Flores。





Imgp6753  カテドラル。








Imgp6754  カテドラルの近くに古い城壁があり、そこを抜けるような狭い道は城壁の向こうへと続き、その先にはポルトの人たちの暮らしが広がっている。






Imgp6755  親子連れが歩くその向こうに、ドン・ルイス1世橋が見える。







Imgp6759  ドン・ルイス1世橋。上段にはメトロ(路面電車)も通っている。








Imgp6774  橋の上から旧市街を振り返る。








Imgp6768  やはり橋の上から見た旧市街。








Imgp6771  今度は上流へと目を向けてみる。








Imgp6772  橋の上からワイナリーが並ぶヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアを望む。2段になっている橋の上を渡ったのだが、水面近くにある通りへ行くには渡った後で対岸を下らないといけない。あるいは、最初から橋の下段を渡るか、である。





Imgp6801  橋を渡り、ワイナリーの並ぶRua Diogo Leite。








Imgp6787  川岸に並ぶワイナリーでは、昼間であれば見学を受け入れており、ポートワインの試飲もすることが出来る。その中から、マント姿のシルエットをあちこちで見たこともありSANDEMANのワイナリーを見学することにした。





P1010273 P1010280  ワイナリーの内部。大きな樽は1つ1つ大きさが違うのでそれぞれの樽の外に容量が記されている。






P1010285  ポートワインの試飲。これに先立ちSANDEMANの紹介のビデオを見るのだが、冒頭に「Responsible Drinking Guideline」とともに飲みすぎるな、自らの酒量を知ろうといった警告が出される。EUのマークがついていたので、EUで義務付けられているのだろうか。
 ポートワインにはシロップのような甘味が感じられ、私は普通のワインのほうが好みではあるが…



Imgp6799 Imgp6797  ワイナリーが並ぶRua Diogo Leiteから一歩裏に入ると、静かな通りを見ることができる。
 ここにもワインの店があり、ポートワインのみならずこのあたりで作られるワインが店頭を飾っている。

Imgp6780  こちらの通りには車止めがあり、車で入ろうとするには手前で機械にカードをかざすか何かしないと街を走ることができない。






Imgp6803 Imgp6804  帰りはドン・ルイス1世橋の下段を通って旧市街方面へ戻る。橋の見え方も当然違うが、端から見る景色の見え方も、どこを見るかも上を通ったときとは違ってくる。
 記事の冒頭にある写真はワイナリーが並ぶRua Diogo Leiteからドン・ルイス1世橋を望んだところ。以前の記事で述べたとおり、かつては写真にあるような小舟にワイン樽を積んでドウロ川を行き来したらしいが今あるそれらは観光用の展示のようである。それでもかつてのこの地でのワインの交易がどんなものであったかを偲ばせてくれる。

|

« 2009年・ポルトガル旅行(5)FC Porto VS CD Nacional | Main | 2009年・ポルトガル旅行(7)ポルト・サンタ・カタリーナ通り »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/46195570

Listed below are links to weblogs that reference 2009年・ポルトガル旅行(6)ポルト・ドン・ルイス1世橋を渡ってワイナリーへ:

« 2009年・ポルトガル旅行(5)FC Porto VS CD Nacional | Main | 2009年・ポルトガル旅行(7)ポルト・サンタ・カタリーナ通り »